DenDenDiary林歯科 旭川市で「インフルエンザ」と一致するもの

北海道ではそろそろ秋と言っていい季節です。

DSC04049.jpg
そこで、林歯科の受付に、こんな機械をおきました。

これは、手指の消毒用の「ウイルッシュ」という消毒液の噴霧器です。
手をかざすと自動で消毒されます。

そろそろインフルエンザが心配な季節も近くなっていますのでご来院の際の手指の消毒にお使いください。

先日、札幌の紀伊国屋書店の入っているSAPPORO55ビルのエレベータ前に、手の消毒薬のスプレーが置いてあるのに気が付きました。
新型インフルエンザ対策のようです。

早速林歯科医院も、玄関を入ってすぐのところに、消毒スプレーを設置しました。

林歯科のインフルエンザ対策については、こちらを→ごらんください。
オゾン、加湿器、マスク、うがい薬、と様々な対策を講じています。

090517.jpgウェルパスと言う手指消毒用の薬剤です。
下に、説明書きを転載します。
090517.jpg
↑クリックして拡大してご覧頂けます。


稀に刺激症状が出る場合がありますので、その場合は受付にお申し出下さい。


ゴールデンウィークが終わって、林歯科医院ではオゾン・紫外線ランプ式除菌・脱臭装置を購入しました。待合室の院内感染をできるだけ防ぐための対策です。

もちろん、インフルエンザ対策も意識しています。

DSC06668.jpg

私たちの購入した会社ではありませんが、こちらのホームページの紹介が詳しかったのでリンクを掲載します。→クリック


ozon_HP_090507.png


今月の林歯科医院は、ここが違います!
まず、
今年のスタッフの目標を掲げています。
皆さんには見えないところですが、一人一人、自分の目標を立てて仕事に取り組んでいます。

次に、
インフルエンザ対策ですが、マスク、うがい薬、加湿器の増設を行いました。

最後に、
院長インタビューは、林歯科の「ここが違う訳」をお伝えします。
クリックして拡大してご覧下さい。

whatsnew0902.jpg

先週末から準備した林歯科のインフルエンザ対策
1 マスクの配布
2 加湿器の増設
3 うがい薬の準備

が終了しました。

090122.jpg初めて来院される方にもすぐ分かるように、玄関にポスターをはりました。
皆様、インフルエンザには、どうぞお気をつけて

自分でできるインフルエンザ対策
(参考 中外製薬 インフルエンザ情報サービスホームページ
  1. 栄養と休養で体力を養う
  2. 人ごみをさける
  3. 加湿器等も使い適度な湿度と温度を保つ
  4. 外出後の手洗い、うがい
  5. マスクの着用
のうち、林歯科で何ができるかを考えた結果、
まず、マスクの配布加湿器の設置を行いました。

そして、第三弾として、うがい薬を準備いたしました。


DSC06090.JPGugai2.jpg

よく分かるように、シールも作って貼りました。

これまでも、治療前後の歯ブラシ、うがい用の紙コップをご用意していましたが、インフルエンザ対策として、来院時すぐにうがいができるように「うがい薬」を置いています。





帰宅後の手洗い・うがいと同じように、医院に到着されたときにご利用いただければと思います。



自分でできるインフルエンザ対策
(参考 中外製薬 インフルエンザ情報サービスホームページ
  1. 栄養と休養で体力を養う
  2. 人ごみをさける
  3. 加湿器等も使い適度な湿度と温度を保つ
  4. 外出後の手洗い、うがい
  5. マスクの着用

の中で、林歯科が来院される皆様に提供できる事はなんでしょう?

まず、受付にマスクのご用意をしました。
次は、これは、どこでもやっていることでしょうが、
加湿器を増設しました。

DSC06086.JPG一つ目は、これ。

チムニーという加湿器です。

煙突のように伸びた先っぽからミストが出てくる超音波式加湿器。





















DSC06088.JPGもう一つはこれ。
shizuku(しずく)

こちらは滴の形の半透明の器の先からミストがでます。
こちらも安全な超音波式。










どちらも、インターネットで私が探した加湿器の中から院長が選んだものです。
思った通りのデザインで満足です。

林歯科の受付に、新しいものが一つ。

これです。

090120.JPG

これは、インフルエンザ対策第一弾。
マスクをご用意しました。

先日、たまたま見ていたテレビで、コメンテーターの方が
「すこしぐらいの風邪だと、病院に行くとかえってインフルエンザがうつるのではないかと心配」
とおっしゃっていました。

これを聞いた院長は
『林歯科の患者さんも待合室で同じ不安を持っているのではないか?』と思い至ったそうです。
早速受付スタッフに頼んで、ご自由にお持ちいただけるようにとマスクをご用意しました。
こんなかわいいポップも付けてもらっています。

医院での待ち時間、『マスクを持ってくるのを忘れてちょっと心配』というようなときは、
どうぞご自由にお使い下さい。

参考 中外製薬 インフルエンザ情報サービスホームページ

web-tyugai.jpgこのホームページによると、
日常生活での治療法として

  1. 栄養と休養で体力を養う
  2. 人ごみをさける
  3. 加湿器等も使い適度な湿度と温度を保つ
  4. 外出後の手洗い、うがい
  5. マスクの着用
があげられています。

林歯科も、来院される方のインフルエンザ対策を講じて行こうと思っています。




テレビでは、そろそろインフルエンザのシーズンですとの報道が続いています。

旭川・林歯科では、帰り道にお使いいただけるよう、受付に「使いすてマスク」をご用意いたしました。歯科医院用の医療用高性能マスクですから、ドラッグストアなどでも入手できない貴重品です。

060117.jpg
受付カウンターにこのように置いていますので、お一人一枚まで、お帰りの際にお持ちください。

平成16年度北海道大学歯学部特別講演会
   日時:平成17年3月6日(日)10:00〜16:00
   会場:北海道大学学術交流会館
   講師:筒井昌秀先生(北九州市開業)
   演題:「包括歯科医療に対する私の考え方と実践」

石井・木村・広瀬先生の3名参加予定だった上記講演会ですが、インフルエンザのため石井先生が欠席、2名での受講となりました。

広瀬先生からは、当日夜には下記のような興奮したメールでの感想をいただき、受講してもらってよかったなあと思っています。

「筒井先生は
1;基本が大事
2;炎症と力のコントロール
3;BACK TO NATURE
を主題に話をされていました。ミニマムイズマキシマムも提唱しておりました。
実際私が臨床で応用できるものも中には幾つかあり早速明日からでも症例があれば実
践してみたいと思いました。岩淵氏の著書の中にも学んだことは72時間以内に実行しなければ生涯実行することは稀と記されていました。
実際院長からレクチャーされた豚を利用してのナートも実践する機会もありましたし
形成模型もいただき下手ながらも試しております。筒井先生を真似することから始めたいと思っております。」

インフルエンザ

|

先週の月曜日の朝の喉の痛みから始まって、インフルエンザに明け暮れた1週間でした。

火曜日、病院を受診したときにはインフルエンザの検査がマイナスだったので、いただいたお薬を飲んでおとなしくしていたのですが、朝方の悪寒発熱が続き、金曜日再受診。今度はしっかりプラスで、タミフルを頂いて3日間寝て暮らしました。今日は熱も下がって食欲も出てきました。

ここ数年で、インフルエンザはすぐ検査ができ、よく効く薬の出る病気になりましたが、治るまでは今でも大変でした。スタッフも数人発病して、医院も大忙しだったようです。皆に迷惑をかけてしまいました。来年からはきちんと予防接種を受けようと心を決めました。スタッフにも受けてもらわなくては。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja