矯正歯科の講座に在籍した当時の事を教えてください

北大矯正歯科には大学院に4年、医員として1年在籍し、その後医療大の助手を半年ほど勤めました。当時は、北大の大学院は、もちろん研究に重点を置いていましたが、講座全体の患者数が多く臨床経験を積む事も可能でした。担当の患者数は、大学院生でも40名にのぼりました。



 

研究については、工学部応用電気研究所と協力し、「歯の移動の三次元的解析」をテーマに、レーザーによる模型計測、コンピューターによる分析を行ないました。



 *参考文献:歯の形状認識と三次元移動量解析 



臨床については、助教授であった武内豊先生(現在市川市開業 たけうち矯正歯科クリニック)を師匠として、一年間、先生の厳しい指導の下に患者さんの治療を行ないました。



同時に、自由な時間も多かったので、自分でもいろいろな勉強をしました。ある本を手本に、その本に出てくる全ての治療装置を自分で作成して治療に応用したのもこのころです。一回の治療毎に、治療内容をカードの表に書き、次回治療経過を裏面に記入してストックしたりもしました。

この頃の深く掘り下げた勉強が、今でも臨床のベースになっていると思います。



 大学院、医局員、アルバイト、そして開業後を通じて、既に23年間で2000症例以上の矯正治療を行なってまいりましたが、この臨床体験が自分の治療の基準になっています。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 矯正歯科の講座に在籍した当時の事を教えてください

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://dendendental.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1362

コメントする

このブログ記事について

このページは、dendendentalが2007年7月31日 10:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今、診療の上で、何にこだわっていますか?」です。

次のブログ記事は「大学卒業後、矯正歯科の講座に残ったと言う事ですが、そのきっかけは?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。