topics: 2014年6月アーカイブ

平成23年1月に移転して以来の懸案だった、矯正診療室の立ち上げを5月下旬より進めています。
国道から見て正面2階のガラス張りになっているスペースに、新たにユニット(診療台)を5台設置し矯正に特化た診療ブースが7月7日より診療開始予定です。

工事1-horz.jpg
院長は北海道大学歯学部を卒業し、同大学院矯正学教室で研究を重ね博士号を取得、今年で矯正治療歴30年になります。
おかげさまで矯正患者さんが非常に増え、今まで通りでは矯正も一般歯科も予約が入らない状況が続いていたのです。
以前より院長の出身である北海道大学矯正学教室より、非常勤で正満健斗先生に応援をいただいていましたが、5月から新たに田幡千尋先生にも診療に加わっていただいています。

田幡・正満-horz.jpg
            田幡 千尋先生                         正満 健斗先生

ここでの診療が開始されれば、1階の一般歯科予約混雑の解消も図れるのが狙いでもあります。

新ブースの内装は、豪華クルーザーのブリッジやキャビンをイメージして、院長と設計士さんで練りに練ったそれはスゴイ空間になります。

改装工事に伴い、2階ショーウインドから皆さんにご挨拶していた大きなトトロは、階段脇で工事の進捗状況を見守っています。
札幌以北では当院のみが導入しているりんご丸かじりできる義歯「カワラダデンチャーシステム」、その開発者である川原田幸三先生の診療室に5月末、米田副院長以下3名のスタッフが研修に伺いました。

カワラダ1-horz.jpg
米田副院長はすでに10数回教えを請いに伺っていますが、今回は特にスタッフのレベル向上のため、聖地での診療介助や技工の勘所を深く学ぶ機会を作っていただいたのです。

川原田幸三先生には、何度も当院に出向いて患者さんの診療や義歯の相談をいただいていますが、林歯科スタッフも先方スタッフさんの動きに触れ、「今後の課題をしっかり見つけられました」と朝礼で発表していました。
また、先生の医院は保険外治療の割合が高く、その技術と患者さんの接し方も大切な研修項目です。

カワラダ2-horz.jpg
今回は当院関連歯科技工所の技工士も同行し、幅広くご指導をいただきました。

DSC00734.JPG
短い時間でしたが異口同音、「充実した研修でした」と院長に報告がありました。

カワラダ歯科・口腔外科の皆様、どうもありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

このアーカイブについて

このページには、2014年6月以降に書かれたブログ記事のうちtopicsカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはtopics: 2014年5月です。

次のアーカイブはtopics: 2014年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja