topics: 2006年6月アーカイブ

かみ合わせの異常「おしゃぶりが原因」 母親らがメーカー提訴

という記事がSankei Webに掲載されていました。 http://www.sankei.co.jp/news/060531/sha096.htm

*新聞記事のリンクは変更になる場合がありますので、記事の内容を引用します。

 おしゃぶりが原因でかみ合わせが悪くなったのはメーカーの責任として、横浜市の女児(6)と母親(40)が31日、ベビー用品販売会社「コンビ」(東京都)に約1000万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。

 訴えによると、女児は生後2カ月ごろから、おしゃぶりを使い始めたが、徐々にかみ合わせの異常が見られるようになり、16年2月に歯科医から「おしゃぶりが原因」と診断された。女児がおしゃぶりの使用をやめたところ、かみ合わせはほぼ改善されたが、現在も発音に影響があるという。

 おしゃぶりの使用をめぐっては、小児歯科などの学会で、かみ合わせに悪影響があるとする提言がされているという。原告側は「おしゃぶりがかみ合わせに悪影響を与えていることは明らかで、メーカーは製造物責任を負う」と主張している。

 コンビ社は「現在、事実確認中でコメントは控えたい」としている。

(05/31 18:02)

おしゃぶりと、歯並びや口腔の回りの筋肉の機能の発達との関係は、私が歯科医師になった20年前には既に常識だったと思うのですが、いつのまにか「欧米では長期間使用している」「かわいい」「こどもがおとなしくしている」等の理由で、すっかりポピュラーになっている様子です。

以前は、指シャブリによる歯並びの変形の方が多かったのですが、最近はおしゃぶりを使っていてと言う方が増えているような気がします。

以前、書いたエントリー:「おしゃぶり1歳過ぎたら注意」もご参照ください。

小児科と小児歯科の保健検討委員会」(代表=前川喜平・東京慈恵医大名誉教授)は 『歯並びなどに影響を与える恐れがあるとして、常用しない方がいいとする見解を公表した。』とのこと
とあります。

このアーカイブについて

このページには、2006年6月以降に書かれたブログ記事のうちtopicsカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはtopics: 2006年5月です。

次のアーカイブはtopics: 2006年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja