OBS アントレプレナーシップ: 2010年7月アーカイブ

大学院の授業で、2週間に1回小樽の本校に行きます。
その日は朝10:30から夕方5:40まで、一日、一つの授業に取り組みます。

5−6人のチームで課題を持って行う場合が多く、事前に皆が課題として取り組んできたものを元に数時間ディスカッションをして、発表内容をまとめます。
これを、全体の前で発表したり、他のチームとディスカッションしたりします。

昨日は、前回、6月下旬の講義でとりあげた「マクドナルド」のケースでチームで提案した事業案を元に、それを実行したときの効果を財務的に評価して、事業価値をプレゼンテーションするという課題でした。

前回と同じ7人のチームで朝から話し合い、14:30から発表。その後レクチャーを受けて、後期の授業の説明を聞いて、定時の17:40に終了しました。


それから、「焼き肉に行こう!」という提案を受けて、9人ほどで小樽の花園というところにある「金太の金太」という知る人ぞ知る有名焼肉店へ出かけ、食べまくってきました。
昨日は小樽のお祭りの日で、街はにぎわっていました。
焼き肉屋さんを出ると、空に大きな月が昇っていました。

朝6:20のJRで旭川を出てからの長い一日のおしまいです。

天気予報では、一時期降水確率70%までになり、どきどきしていましたが、
なんと、小雨には降られたものの、昼には快晴というラッキーなお天気の中
札幌市のさとらんどで、OBS(小樽商科大学ビジネススクール)6期のBBQパーティが
行われました。

100719.jpg

今回は、お昼の集まりということで、
奥様やお子さんたちも参加していただき、
いつもはクールでキレモノな同期生の子煩悩さにほのぼのしたり
3〜4歳の男の子のパワーに皆が圧倒されたり

とても楽しい一日でした。
でも、今日は、ぐったり。


昨日が最終講義だった「事業再生とリーダーシップ」の授業で、チームの発表成果、その他、様々な表彰を先生がしてくださいました。

100717-2.jpg

なんと、某コンビニ開発部長と二人で、一つの賞の盾をいただいたので、記念写真を照ってもらいました。先生の著作の副賞付き。サインもしていただきました。


事業が行き詰まったとき、どうやって再生するのか。
この半年いろんなことを学びました。



どこに原因があるのか?
外?内?ビジョンとの整合性は?
目標をどう数値化するのか?


どうやって利益を確保するのか?
top line=を上げるには?bottom lineを下げるには?

そして、戦略を立て、それに合わせて
何をやるのか、やらないのか。
組織の再構築=リストラクションを行う。
組織を改革し、マーケティングを行い、
財務体質を改善して利益を確保する方法を考え
期間を決めて、実行プランに落とし込む。
そのとき、リーダーとしてどのように振る舞うべきか。

最後に「ビジネスに恋をしない」こと。

これが、この授業で学んだ事でした。



小樽商科大学大学院アントレプレナーシップ専攻の二年目は、2週間に一度、小樽の本校で授業を受けます。朝10:30から、夕方17:40の長い授業で、ケーススタディかビジネスプランニングを行います。

旭川から札幌まではJRで1時間20分ですが、朝の札幌から小樽は普通列車で46分。乗り換えたりする時間も見て、だいたい家を出てから大学に着くまで3時間くらいです。結構時間がかかります。

このごろは遅れてぎりぎりになるのがいやで、朝6:20のJRで旭川を出て、札幌駅で朝食をとって、できれば普通列車の海側の席を取って、海を見ながら小樽へ向かいます。

JRは道路より海の側を走るので、湾の向こうに小樽の街が見えてくるのは、「遠くに来たなあ」という小旅行気分です。(そうでも思わなければ、持ちません。)

今日は、家を6時前に出てさきほど夜9時半に帰宅の長い一日でした。でも、これから課題です。さて、がんばりましょう。




ファカルティセミナーOBS2010.png
今年も、小樽商科大学、アントレプレナーシップ専攻の夏期セミナーの季節がやってきました。7月24日(土)の開催予定は、こちらに掲載されています。
今回のテーマは、今注目の「環境経営」のようです。

もし、経営の事で、何か悩んでいて、もっと勉強したいと思われていたら、一度受講なさってみてはいかがかと思います。私にとっては、人生を変えたセミナーです。


一昨年のちょうど今頃でしょうか。
小樽商科大学が札幌の紀伊国屋の上にサテライトキャンパスを置いていて
そこにMBAコースの社会人大学院があるという事を人づてに聞きました。


教えてくれたのは、今は、林歯科に勤務している水柿先生。
水柿先生がお世話になっていた先輩が
「こういう勉強をしろ、俺が若かったら行くのに」とおっしゃっていたそうです。

それに興味を持って調べてみたところ、一昨年は9月にサマーセミナーが行われる予定と分かり、早速予約をしました。そのときは、一回だけの講習会受講のつもりでした。
そこで、初めて「無印良品」をテーマにグループでのディスカッション、発表、質疑、さらに先生からの講評を受けるケーススタディを体験し、何か「これだ!」と思ってしまったのです。

そのころ、開業して20年近くになっていましたが、今ひとつ「経営ってなんだろうか」という疑問が頭から離れず、ビジネス書を読んだり、経営セミナーを受講したりしていましたが、隔靴掻痒というか、ピンと来なかったのです。

それから、お取引先の歯科産業の社長さんが、この大学院に通学中である事を知り、いきなりメールで連絡をとり、詳しい話を聞かせてもらいました。お話をうかがってみて、『もしかしたら、今まで自己流で勉強してきた事に「幹」のようなものができるかもしれない。』
そう思いました。

仕事をしながら、旭川から札幌まで週に数回通うのは大変です。
12月にオープンクラスに参加し、説明会で医師の方や函館から通われた方の体験を伺い、周囲に相談し、1月中旬に願書を出して試験を受ける事にしました。

思った以上の2倍近い倍率でどきどきしましたが、幸い合格し、娘と同じ年のスキップで大学を3年で卒業した優秀な学生さんたちに混じって、きっと人生最後の学生生活がスタートしました。

それから1年と3ヶ月。
ハードな毎日で、電車の中では記憶も無いほど爆睡していますが、相変わらず財務会計の分析はさっぱりですが、これ以外の方法では得る事ができなかったものをたくさん得ました。
あのときの決意を応援してくれている、周囲の皆に感謝します。

このアーカイブについて

このページには、2010年7月以降に書かれたブログ記事のうちOBS アントレプレナーシップカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはOBS アントレプレナーシップ: 2010年6月です。

次のアーカイブはOBS アントレプレナーシップ: 2010年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja