林歯科の明日: 2009年10月アーカイブ

旭川市・林歯科医院は、平成元年の10月に旭川市末広二条11丁目に開業しました。

9月の終わりに建築が終わり、札幌から転居し、それから2週間ほど開業の準備をしてスタートしました。
幸い開業直後から来院される方も多く、順調なスタートを切りました。

891001.jpg

あれから20年。

現在の林歯科医院は、
歯科医師  5名
歯科衛生士  21名
歯科助手  4名
受付  5名
事務その他の職員  5名
の40名

併設の技工所に
技工士4名

という大きな組織になりました。

来月にはついに事務長を採用し、来年秋には国道40号線に面したこれまでより広い建物に移転する予定です。来年4月には、歯科医師、衛生士、受付兼助手を合わせて数名の新規採用も予定しています。

これからも、旭川市末広の医療法人社団林歯科医院は、
『地域の人々が本当に求めている歯科医療の姿』
を探しながら、頑張って参ります。
これまでの応援、ありがとうございます。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。




今日は、株式会社ヨシダのファインキューブの担当者の方が来道され、林歯科まで説明をしにいらしてくださいました。

これまでにも
・CT説明会(1):近畿レントゲン
武蔵歯科クリニック訪問

とCTの説明を受けたり、医院を見学させていただいたりしてきましたが、今回はCTでできること、難しい事を大変分かりやすく説明していただけました。

診療終了後の遅い時間の指定になりましたが、北海道歯科産業の担当者の方、ヨシダの旭川支店の方にも同席していただき、ありがたいことでした。
そして、林歯科の勤務医、研修医も疲れていたと思いますが、しっかり話を聞いてくれていました。

DSC08517.jpg

写真は、院長が説明を受けているところです。
プロジェクターの画面にCTの画像がきれいにうつっていますね。






プロジェクターの画面を拡大してみると、こんな感じです。うーん、素晴らしい。

DSC08517_2.jpg

林歯科医院が、来年の移転に際してCT導入を考えていることを知って、北海道歯科産業さんが、お取引先でヨシダのファインキューブを導入された武蔵デンタルクリニックの見学を勧めてくれました。

夜8時。診療が終わった武蔵歯科クリニックに到着すると、受付の方が笑顔で迎えてくれました。待合室には大きな水槽があり、色鮮やかな海水魚が泳いでいました。これは院長先生の趣味で、水槽の手入れもご自分で全てなさるそうです。

武蔵先生は、北海道歯科産業の社長さんと高校の同級生とのことで、忙しい中、私と金城先生のために診療後の時間を割いて、ファインキューブの画像の素晴らしさ、使用方法について詳しく説明して下さいました。

開業までお勤めだった歯科医院で使用していた同じ機種が、インプラント治療にどうしても必要と考え、開業時に設備として整えられたと言う事です。


直に画像の素晴らしさや操作性の良さをみると、やはり「林歯科にもいいCTを導入したい」という気持ちが強くなりました。

これから移転までの1年。

しっかりいろんな事を勉強して、よく考えて、また新たな林歯科を作り出したいと思います。

このアーカイブについて

このページには、2009年10月以降に書かれたブログ記事のうち林歯科の明日カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは林歯科の明日: 2009年9月です。

次のアーカイブは林歯科の明日: 2009年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja