林歯科の明日: 2009年9月アーカイブ

2010年の移転時には、CTを入れてデジタル化するのが林歯科医院の現在の目標です。
計画と言ってもいいかもしれません。
通常の診療用のレントゲン撮影、オルソパントモ、CT、矯正用の規格レントゲン。
現在、そしてこれからの林歯科の診療に必要な検査ができるものを用意しなければなりません。

DSC08276.jpg夏のデンタルショーから、いろいろCTのことを調べていますが、今日の昼休み、先輩に紹介していただいた近畿レントゲンさんがCTの説明にいらっしゃいました。今回の参加者は、院長、私、勤務医の米田先生と金城先生、そして研修医のH先生です。
昼休みの時間なので、簡単な昼食を手配して、食べながらお話をうかがいました。CTとオルソパントモが撮影でき、オプションの機能を追加するとセファロ規格レントゲンも取れるということです。


こうして、皆で一緒にこれからの計画を検討し、何が必要になるかよく考えて行く事は、林歯科医院が次のステップを踏み出す上でとても大切な事だと思います。
これから1年間、様々な面の検討をして、長期的に運用できるシステムを構築するつもりです。
来年の春からレセプトオンライン化が決定しています。
(が、民主党になった事で少しずれる可能性もあるようです?)

林歯科のレセプトコンピュータも随分古くなって、もう、サポートが行われなくなりました。
もちろんオンライン化にも非対応です。

  • できれば、新しいものを導入し、オンライン化に備えたい。
  • 移転後の拡張性も担保してほしい。
  • 社会保障カードが実行されるときにも対応してほしい。
  • 噂に聞いたオンライン化助成金はどうなったのか?
  • 介護保険への対応は??

などなど。
不安と希望と疑問がいっぱい。

という訳で、今年の8月のデンタルショーへはスタッフも数名出かけて、レセプトコンピュータのブースを廻って来てくれました。私も、興味を持ったメーカーがありました。

そこで、昨日。診療終了後、二つのレセコンメーカーに説明会に来てもらいました。
一つは今使っているメーカー、もう一つは新たにできたばかりのメーカーです。
休みのスタッフにも出て来てもらって、受付チーム、メンテナンスチーム、レセプト担当者の皆に、レセコンに期待している事がどの程度実現できるのか、チェックしてもらいました。

その結果は。
社会保障カード制は、今のところ健康組合などの負担が重くて実現に向けて進んではいないので、対応はまだ考えていない(という事は、実行されたらまた新しいレセコンが必要?)
補助金は50万くらい出ると言う噂だったけど、民主党になったから白紙?

介護保険については、片方が対応がいいけれど他の部分が弱い、もう一つは色々充実しているが訪問診療や介護保険への対応が弱い。
とあちらを立てれば、こちらが立たず。

とりあえず、
現在のシステムと移転ご予定しているシステムの状態を説明して見積もりを出してもらう予定です。
日曜日の午後に出て来てくれたスタッフの皆、
わざわざ旭川まで入らしていただいたレセコンメーカーの担当者さん、
どうもありがとうございました。


今日、新しいCO2レーザーが納品されました。

DSC08157.jpg林歯科医院では、2007年7月 現在使用しているCO2レーザーを導入しましたが、複数の歯科医師が診療しているとき、レーザーが空くのを待つ事が増えてきました。特に少し離れたオペ室で使いたい時には、時間がかかっていました。

そこで、来年の移転を考え、今回、新たに同じ機種のレーザーを導入しました。同じものにしたのは、使い勝手が良かった事が大きいです。皆もメンテナンスの方法に習熟していました。

現在は、インプラントオペ用の個室に設置しています。

これで、忙しい時間の診療が少しでもスムーズになるのではないかとおもいます。

今日は、札幌まで講習会を受講しに行ってきました。
神奈川県の大塚崇先生の「インプラント画像診断のいままでとこれから」というセミナーです。

090906.png


林歯科医院では、来年の移転に先立ち、医院の情報共有、カルテや検査項目のデジタル化、CTの導入などを考えています。

今回は、札幌でインプラント画像診断を中心に、CT、3D画像診断のセミナーがあると言う事で、出かけてきました。ちなみに昨日も経営の大学院のため朝からずっと札幌にいたのですが。

今回受講して、やはりこれからさき10年、20年のことを考えると、私たちの診療にCTの導入は必要ではないかと思う様になりました。

P9060102.JPG

写真はセミナーの風景です。

セミナーの後、友人、先輩とお茶をしながら、各社のCTについてのレクチャー、Macで使えるDICOM画像解析フリーソフト、初心者用の本など教えていただき、大変助かりました。

大変高価な機械ですから、これからいろいろ勉強して、ベストの選択をしたいと思います。

このアーカイブについて

このページには、2009年9月以降に書かれたブログ記事のうち林歯科の明日カテゴリに属しているものが含まれています。

次のアーカイブは林歯科の明日: 2009年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja