お知らせ: 2013年1月アーカイブ

毎日が新しい歯科医院を目指す林歯科医院では、先月と「ここが違う」情報をニュースレターでお届けすると同時に院内に掲示しています。昔のものもファイルして待合室に置いています。


今月のここが違うところは、ここです。
ここがちがう25-2--1.gif

是非ご覧下さい。
医療法人社団林歯科医院〜併設保険外専門木の実デンタルクリニックでは、今回シンプラント®を導入しました。

DSC05969.jpg
これまでは、和田精密から提供を受けた「ビオナ」というソフトを、試供品として何回か使ってきました。今後、難易度の高い症例、骨が薄い場合や骨の構造が複雑な場合の事前シミュレーションおよび準備にこのようなソフトが不可欠である事をふまえ、ソフトウェアの比較検討を行った上で、導入を決定しました。

 シンプラントを選んだのは、最も普及しており、導入のための様々なハードルが低く設定されていた事が大きかったと思います。

より精度の高いインプラント治療を行えるよう、これからも技術の向上、機材の導入を続けてまいります。
先日から工作していた新しいパンフレットのケースが完成したので、医院の入り口に設置しました。様々なパンフレットをご用意しているのですが、受付カウンターの下のパンフレットがこんなふうに
CIMG5352.jpg
多くなっていたので、整理するためです。

CIMG5354.jpg

カタログ雑誌を見たり、ネットで探したり、インテリア雑貨店を廻ったりしましたが、コレと言う者が見つからなかったため、

小さなリュックの形の小物入れを院長があちこちで買って来て、事務長に作成してもらいました。

かわいらしいケースが出来たと思います。

たくさんの配布物から毎月8種類を厳選し、時々種類を変えてお届けします。
1/20冬休みこども矯正セミナーの開催に際し、定員15名のところ、多数の方にご参加希望のご連絡をいただきました。キャンセル待ちの方がたくさんいらしたため、急遽、院長の休日である1/27日曜日に追加開催を決定しました。

現在、15名定員のところ、既に10名のご予約が埋まり、残り5名となっています。
ご希望の方は、林歯科受付にお電話にてご連絡ください。矯正セミナーはネットでのご予約はお受けいたしておりませんのでご了承ください。
林歯科受付
0166-57-6655


矯正セミナーでは、一般的な矯正治療の「相談・検査・診断・治療計画の提示・治療」のプロセスを説明すると同時に、出来るだけたくさんの症例の治療経過をご覧いただく事で、お子さんと「同じような症例」がどのようにして治るかを見つけていただけるように配慮しています。


また、個別相談では、「矯正治療が必要かどうか」「始めるとしたら何時がベストか」「具体的にどのような治療方法になる事が予測されるか」を、お子さんのお口の中の写真を保護者の方と見ながら説明しています。


成人の日に札幌のインテリア雑貨店などを廻って、買って来たモノを先週末医院に配置しました。小児歯科は、今年はKeith Haringの世界になりました。

キースへリングについては、こちらなどをご覧下さい。

DSC05950.jpg

DSC05941.jpg
小さな額

ビーズクッション

診療室の壁にはバンダナを。



時々雰囲気を変えながら、楽しい診療室にしていきます。

























北海道旭川市歯科医師会の年末年始急患対応は、金星町の道北口腔保健センターで行っています。


今年の急患対応は 12/29~1/3の6日間。
診療時間は9時から4時までです。
詳細は、上記リンクでご確認ください。


旭川市・林歯科医院の平成25年の診療は、1/4 午前9時よりスタートします。

130101.jpg


今日、一月三日までが年末年始のお休みとなっています。
皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご容赦ください。

北海道旭川市歯科医師会の年末年始急患対応は、本日まで金星町の道北口腔保健センターで行っています。診療時間が9時から4時までです。お困りの際は下記のリンクをご参照ください。

明けましておめでとうございます!
130101nenga.jpg


今年は平成25年。平成元年10月開業の林歯科医院は来年開業25年を迎えます。これからの1年半、しっかり頑張って素晴らしい25周年を迎えたいと思っています。

4月には、研修医、歯科衛生士、歯科助手、受付と新しいメンバーが増え、ぐっと若返った組織になります。若い人とのコミュニケーション、そして新人教育をしっかりがんばって、心と知識とスキルのある林歯科らしいスタッフになってもらいたいと思います。

これからの目標としては、
  • 矯正歯科部門を充実させて独立させる事
  • 管理型臨床研修施設として若い歯科医師を育成する事
  • 高齢化・過疎化する地方での歯科医療の提供に貢献する事
があります。

私と院長がリタイアするまで、この三つの目標を追い続けて行きたいとおもっていますので、ご指導のほどよろしくお願いいたします。

このアーカイブについて

このページには、2013年1月以降に書かれたブログ記事のうちお知らせカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはお知らせ: 2012年12月です。

次のアーカイブはお知らせ: 2013年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2013年2月: 月別アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja