お知らせ: 2008年6月アーカイブ

明日、明後日の二日間、院長は東京に講演会のため出張となります。
二日間の診療は、勤務医の米田先生、金城先生が担当いたします。
あらかじめ、ご承知置き下さい。

CIMG0740.jpg

写真は筒井先生と   04.1.30 セミナーのあとの懇親会で


今回の講演は、院長の敬愛する今は亡き筒井昌秀先生のメモリアル講演会です。

院長は、2003年発売の包括歯科臨床を読み、2004年秋からの包括歯科臨床第8期コースを受講して以来、筒井先生を師と仰いできました。先生は昨年亡くなられましたが、院長は今も咬合療法研究会に参加し、学び続けています。

今回も、しっかり勉強してきて、明日からの臨床に生かしていくつもりです。

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承下さい。


tutui-0806.jpg

■ 演者・講演内容
 Dr.Morton Amsterdam 
  ペンシルバニア大学 歯周病学・歯周補綴学 名誉教授
  ・歯周補綴・半世紀

 筒井照子 日本矯正歯科学会理事 筒井塾主宰・JACD主宰
        筒井塾咬合療法研究会会長
  ・咬合療法の到達点 ベストパートナー筒井昌秀を語る

 中条伸哉 包括歯科臨床九州コース チーフインストラクター
  ・ツツイイズム(包括歯科療法)を求め続けて

 上田秀朗 包括歯科臨床九州コース インストラクター
  ・包括歯科臨床における咬合再構成の留意点

 富田祐介 筒井包括歯科臨床東京コースインストラクター
        包括歯科臨床東京コース第3期卒業
  ・包括歯科臨床より「力」へのアプローチを学んで

 岡田隆夫 大阪インプラントセンター
        大阪大学歯学部臨床准教授
        包括歯科臨床東京コース第2期卒業
  ・審美領域のインプラント治療 −即時荷重とボーングラフトの勘どころ

 夏堀礼二 夏堀デンタルクリニック
        包括歯科臨床東京コース第2期卒業

  ・包括歯科臨床における歯周再生療法の有効性

「今月の林歯科医院はここが違う!」が完成しました。
去年は、半分くらいしか発行できなかったことを反省し、今年からは、第4週の月〜水のどこか、長めの昼休みが取れた日に院長と二人で、ミーティングと院長インタビューを行っています。
これで7ヶ月目。あと半分頑張ります!

さて、今月のここが違う!は、
・夏の林歯科の模様替えの様子
・6月の勉強会のご報告
・院長インタビューは「MFTについて」です。
2008.07whatnew.gif
MFTって何?と思ったあなた、どうぞ↑クリックして拡大してご覧下さい。

旭川市・林歯科医院ではこれまで訪問診療に伺う際、名札をつけていました。
小さな、名前だけが書いてある名札です。

先週木曜日の訪問診療・訪問口腔ケア・ミーティングで、これを写真入りのIDカードにしてはどうかとの提案がありました。

早速翌日の金曜日の朝、現在訪問診療関係の事務処理を一手に引き受けてくれているHさん(ボス)が、IDカードが必要な人のリストを持ってきてくれました。そのとき既にカードを入れるケースの発注は終わっていました。

DSC03532.jpgそれから関係者20名分の写真撮影を行い、IDカードのデザイン、写真を入れてプリント、用紙のカットが終わったのが金曜日の夜。

今朝出勤すると、カードを入れるケースが到着していて、これ、このように。

IDカードが完成です。ボスが関わると仕事が進むのが早い!確かです。

このアーカイブについて

このページには、2008年6月以降に書かれたブログ記事のうちお知らせカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはお知らせ: 2008年5月です。

次のアーカイブはお知らせ: 2008年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja