2016の最近のブログ記事

3月14日は、研修医症例発表プレゼンテーションの日。
何日も前から、理事長や指導医にチェックを受けながら、いよいよ本番です。

蒔田先生は多数のう蝕で、咬み合わせがかなり崩壊している患者さんを、長期に渡り担当した症例を取り上げました。


!cid_15acf3ac168b49169266.jpg
治療計画から根管治療を行い補綴まで、全ては治癒していませんが、ほぼ問題ない状態まで導きました。
採用当初は、歯牙模型の形成さえやり直しの連続だったことを思うと、進歩著しいですね。

!cid_15acf3a217ccdd32e231.jpg
浅川先生も、患者さんの長期治療経過を発表しました。
緊張したのか、汗をかきながらのプレゼンだったそうですよ。

両人とも、発表が終われば理事長以下、先輩歯科医師からダメ出しの嵐が吹きまくってもう大変。
何とか乗り切り、所定の研修は全てクリアしました。

次の赴任先引越しがあるので、3月23日が終了証書の授与日となります。

CIMG0455.JPG
CIMG0456.JPG














浅川先生、いい笑顔ですね。

CIMG0459.JPG
CIMG0461.JPG














蒔田先生、貫禄がついたのでは・・・。

4月からは各々の職場で、患者さんに愛される日本一の歯科医師を目指してくださいね。
どうもお疲れさまでした。

おっと、くれぐれも厚生労働省に終了報告書類を提出することをお忘れなく。
これからは「秘書のK」はいませんからね。
当院研修医と佐々木先生、普段一緒に症例検討会で勉強しているあいファミリー歯科の先生も加わり、とある土曜日の一日びっしり歯周外科の特訓をしていました。
参加している歯科医師は、土曜日は通常休日ですが、9月の1回目の実習に続き開催をリクエストする力の入りようです。
講師は今回も宮田先生が、快く引き受けてくれました。

CIMG0351.JPG
CIMG0343.JPG














まずは座学にて、前回の復習と今回行う術式の確認です。
2回目は難易度も増しているので、楽しそうに聞き入っていました。

CIMG0349.JPG
さあ、実習開始。
宮田先生がデモで勘所を教えます。
午前は復習も兼ねた基本を確認、まだみんなも余裕の笑顔です。
ブタの顎骨を使っているので、業界以外の方はちょっと不気味でしょうかね・・・。

CIMG0352.JPG
おやおや、北大より前半研修で来ていたI先生も参戦していますね。
前日から旭川に入っていたのだそうです。

午後からの新しいテクニックを習得する実習では、途中何度も宮田先生の手先を観察し確認しながら進めていました。

CIMG0348.JPG
画像右のスプレーは、ちょっとニオイが出るので消臭しながら行っているのですよ。
浅川先生も山崎先生もすぐそばで見入ってます。
昼食後でも、眠くなっている余裕はないのでしょう。

CIMG0350.JPG
CIMG0353.JPG














佐々木先生、調子はいかがでしょうか?、蒔田先生も1回目に比べたら姿勢がいいじゃないですか。
そんなこんなで夕方5時までの特訓風景でした。

宮田先生も別日に、メーカーさんが院内セミナーを開いてくれたイプラントの実習に、余念がありません。
4月からは、臨床研修指導医としてデビューします。

外科実習1.jpg

終了後は宮田先生の自宅にみんなを招いていただき、慰労会を開催してくれたのです。
小口先生(宮田先生の奥様で当院にて勤務医として活躍中、便宜上旧姓で呼び分けさせてもらっています)も、料理の準備大変だったでしょう。
診療が終わった理事長・春美先生・非常勤の正満先生も伺って、楽しい夜になったのは間違いありませんね。

みなさん、お疲れさまでした。


年が明けたとある火曜日の診療終了後、定例症例検討会を終えた当院研修医と、一緒に勉強されているあいファミリー歯科の中台先生が、矯正治療の肝であるワイヤーベンド(矯正線の屈曲)を特訓している様子をお届けしましょう。

!cid_ii_159aee2ca23ab706.jpg
!cid_ii_159aee2ca99bea0b.jpg














今日も講師は理事長が勤めます。
まずは基本に戻って座学で復習、その後みっちり屈曲の段取りとなっています。
                      
!cid_ii_159aee2ce30a9d36.jpg
!cid_ii_159aee2d1da8e7c4.jpg














いよいよ難関の屈曲トレーニングに突入です。
矯正治療はワイヤーの弾性を利用して歯を移動させるので、屈曲は大切なテクニックなのです。
しかし・・・・、これが一筋縄では曲がらない。
新人にとっては手強いトレーニングなのです。
理事長も横に張り付いて、根気よくアドバイスをしています。

!cid_ii_159aee2d216a7b0f.jpg
力技は全く使ってないのに、終了したころは、もうヘトヘト。
プライヤーは明日片付けましょう。
みなさん、どうもお疲れさまでした。

23日の診療終了後は、理事長と研修医の月に一度の食事会。
それを励みに、明日も頑張りましょう!。

診療室では、一年を通して林歯科で臨床研修をしている単独型2名と、北大から期間を区切って研修をしている協力型1名の研修医、合わせて3名が日々臨床に励んでいます。
本人たちは、毎日熱心に診療に取り組み、たくさんの技術と知識を吸収しています。

CIMG0068.JPG
CIMG0095.JPG














CIMG0071.JPG
今まで研修医として受け入れた大学は、北大・北海道医療大・九州歯科大・日本歯科大新潟・朝日大と、たくさんの大学からいらしていただいています。
来年の研修医枠は、まだ空きがありますので、ホームページよりメールまたは電話にて、興味のある方のご連絡お待ちしています。

CIMG0066.JPG
この画像、わかりますか?。

歯牙を特殊な薬液に漬け白い色を抜き、神経の空洞を墨汁で着色した標本です。
以前当院で臨床研修を行い、現在は北大に残り研究されている先生が、理事長が研究している案件のサポートをしていただいています。

研修が終了してもご縁をいただき、とても感謝している理事長です。

来年4月から歯科医師臨床研修を迎えるみなさん、夏休みも関係なく追い込み勉強中のことと思います。
もう進路は決定されましたか?。

林歯科単独型歯科医師臨床研修の試験日がこの28日(日曜日)と迫って来ました。

CIMG9871.JPG
願書も届き、試験の準備をしています。
まだ選抜人数に若干の枠がありますので、書類を速達で郵送いただければ間に合います。

CIMG9869.JPG
本年の試験内容も昨年同様、形成とワイヤー屈曲、ご自身がどのような歯科医師を目指しているのかをプレゼンテーションしていただきます。
一年間、一緒に勉強していく仲間を広くお待ちしています。

今日の研修医

| | コメント(0) | トラックバック(0)
4月から来年3月まで、一年を通して林歯科で研修を重ねている2名の単独型研修医。

今日はどんな一日だったか公開しましょう。

M先生は、初診から担当している患者さんの根管治療。
患者さんとのコミュニケーションもバッチリ取れて、脇で見ていて安心感さえありました。

CIMG9861.JPG
器具にも慣れ、術式もしっかり習得し、伸び伸び治療しているのがわかります。
4月のブログと比べても、診療時の姿勢が様になっていると思いませんか?。

もう1人のA先生。
今日は朝イチから、宮田先生のインプラントオペの助手を担当。

CIMG9847.JPG
こちらも何度もOPE助手に付いているので、吸引ひとつを取っても、術者の邪魔になるようなこともなく、宮田先生もストレスを感じていないようでしたよ。

二人とも火曜日のDr勉強会のみならず、シフト時間前に出勤し、黙々とトレーニングに励む姿をよく見かけます。
熱心に研修を重ねていることが、こうした飛躍となって表れるのでしょう。

まだ半年の折り返し前。
「来年3月の研修終了が楽しみだね」と、理事長の評価をしっかりもらっていますよ。

このあとのお盆休み、二人とも帰省するとのこと。
ゆっくり休んだ後は、研修にプライベートに充実した時間を医院みんなで共有しましょう。

今日の研修医

| | コメント(0) | トラックバック(0)
3名の研修医、2階研修室で行っている基礎実習はスピードが大幅にアップし、予定時間を繰り上げて終了しています。
その分診療室に出て、患者さんに接する機会が随分増えています。

蒔田先生は矯正に大いに興味があるようで、理事長を捕まえて質問攻めの声がよく聞かれます。
ちょうど担当患者さんのワイヤー調整をしていたところをパチリと1枚。
毎週火曜日診療終了後の勉強会で学んでいる効果ってところでしょうか。

CIMG9462.JPG
浅川先生と伊藤先生は臼歯を形成中。
印象を採って技工にチェックしてもらうのですが、このごろは一発OKが出ています。
3名とも研修を開始して、まだ3か月経っていないのに、立派なものですよ。

CIMG9508.JPG
CIMG9509.JPG














6月2日には、来年の臨床研修に向けて、3組目の見学依頼もいただいています。

見学依頼フォームがありますので、ご希望の方はこちらからご連絡いただくのが簡単便利です。


採用試験は例年8月に行っています。
日程が決まりましたら、改めてこのブログでお知らせいたします。
研修を開始して1ヵ月が過ぎました。
研修医は2階の専用研修室で、交代しながら基礎実習を行い、他方は診療室でアシストや歯石除去・形成印象等、精力的にプログラムを消化しています。

CIMG9336.JPG
CIMG9338.JPGCIMG9359.JPG
各々が課題を持って取り組み、その日の反省を診療終了後に研修室で、ほぼ毎日のように反復トレーニングをする姿が見られます。

CIMG9354.JPG
CIMG9351.JPG













今年も非常に熱心な3名で、診療だけでなく先輩歯科医師に座学を申し入れ、知識の吸収にも余念がありません。

IMG_2754.JPG
IMG_2827.JPG














先月は研修医である蒔田先生の後輩で、遠く岐阜の朝日大学から見学来訪。
理事長と同じセミナーで、一緒に勉強されている大阪で開業されている先生のご子息です。
土曜日で休日でしたが、先輩蒔田先生も出勤してくれ、研修について説明を行ってもらい、全く知らない歯科医院でしたが、ホッとできたことでしょう。

今月2日には、旭川と近郊出身の北大6年生の方3名が見学に来訪。
医院施設と職員宿舎を案内後、診療を見学していただき、昼は理事長と春美先生がプログラムなど説明しながら、ランチで息抜きをしていただきました。

DSC07719.JPG
今度の日曜日5月15日は、札幌の北海道歯科医師会館で、来春の研修施設合同説明セミナーが開催されます。
もちろん林歯科もブースを出し、理事長と春美先生がプレゼンテーションに参加します。
昨年同様、たくさんのご訪問をお待ちしています。

見学は随時受け付けています。
事務担当の川村までご連絡ください。
メール      kawamura@dendendental.com
電 話  0166-57-6655

公共交通機関で旭川まで来られる方は、送迎もいたしますのでご安心ください。


今日の研修医

| | コメント(0) | トラックバック(0)
一年を通して林歯科で臨床研修を行う単独型2名は4月1日から、北大病院からの前半研修医1名は4月18日から研修を開始しています。

曜日ごとに午前午後と交代で、研修室で基礎実習や診療室に出て臨床実習と忙しくしています。

CIMG9328.JPG
CIMG9338.JPG














蒔田先生はCR充填(削ったところに樹脂を詰める)をしています。
浅川先生は歯石を取っているところでしょうか・・・。
研修医ブースで模型を相手にしている時と違って、充実した面持ちで治療に従事していますね。
就業時間後も、研修医ブースでは毎夜遅くまで交代でトレーニングに励む姿が見られます。

CIMG9341.JPG

毎週、予定表に則り、効率よくプログラムが組み込まれていますので、メキメキ診療技術は向上するわけです。
研修を当院で行った3年目の佐々木先生も、矯正の症例分析を教えられるほどになっています。



CIMG9339.JPG
IMG_2827.JPG













少し遅れて研修を開始した伊藤先生は、本日佐々木先生のアシストをしながら、手順を確認しています。
診療終了後は、指導歯科医の長谷川先生から、形成のレクチャーを受けていました。

学生の時とは責任が大違い。
しっかり技術を磨き、患者さんから信頼される歯科医師を目指して、研修は始まったばかりです。


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち2016カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは2015です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja