2013: 2013年7月アーカイブ

口腔ケアでお手伝いをしているかたくりの郷さんの依頼で、入れ歯の方の清掃についての説明を研修医が行ってきました。

CIMG6228.jpg

代々の研修医が使っているイベント用のこのお口を使って、研修医とスタッフの3人で清掃の大切さをお話ししてきました。

事前に昔のDVDを見たり、原稿を作って練習したり、他の人に見てもらったり、準備も大変だったと思いますが、よく頑張ってくれました。


今年の歯科医師臨床研修の4ヶ月目が終わろうとしています。



DSC06575.jpg
現在研修医が取り組んでいる臨床での課題は 総義歯の患者さんの担当。
一人はセットまで終了し、もう一人も最初のステップに入りました。


写真は、研修医が型とりの準備「個人トレー」を作っているところです。


研修医が作る総義歯は 院長の指導のもと、阿部晴彦先生の手法、Shilla Systemを忠実に行っています。院長は以前阿部先生の長期間のセミナーに通ってこの手法を学びました。






DSC06607.jpg

実習課題は、矯正治療に用いるワイヤーの調整方法のトレーニング。

DSC06572.jpg

上の写真の院長が用意した課題のシートを用いて、所定サイズの太さや断面のワイヤーを曲げて行きます。

DSC06574.jpg
このシートについているワイヤー課題が全て終了したら、タイポドントという歯並びを治療するシミュレーションに入ります。

診療時間の合間を縫って、少しずつワイヤーを曲げて行きます。

20日 土曜日

IMG_1227.jpg
北大病院の臨床研修委員会と 引き続き協力型研修施設説明会に参加してきました。

北海道でもこの時期は歩くと汗ばむような気候です。懐かしい北12条駅から、大学前の西5丁目の通りを通って、13条銀杏並木へ向かいました。

卒業して間もなく30年。
銀杏並木はうっそうとして森の中のようです。















施設説明会では、5月にも説明をした方、既に見学にいらした方も含めて16名の方に林歯科の臨床研修について説明をしました。残念ながら私一人での説明でしたが、今日、日曜に院長が札幌の講習会に参加後お話する時間を取れる事を話したところ、一人の学生さんが会いたいと言ってくれました。

IMG_1228.jpg

一人で、会った事の無い院長に会いに行くと言うのは、施設説明会でブースに来るより、また、歯科医院に見学に行くよりも、ハードルが相当高い事ではないかと思うのですが、積極的で嬉しくなりました。

今年の臨床研修の最初の3ヶ月が終わりました。
基本手技の実習が終わり、現在は、診療室での臨床を主に行っています。


130708.jpg

これから半年は、院内で行う基本的な歯科治療の技術の習熟を目指します。
思ったより診療に時間がかかったり、やり直しが必要になったりして凹むことも多いようですが、二人で励まし合って頑張ってほしいと思います。

このアーカイブについて

このページには、2013年7月以降に書かれたブログ記事のうち2013カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは2013: 2013年6月です。

次のアーカイブは2013: 2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja