2010: 2010年7月アーカイブ

旭川市・林歯科医院の土曜日は矯正診療の日です。

この日の勤務は、院長、米田先生、水柿先生の三人で、矯正診療を行います。
この写真では、水柿先生に、口腔内にセットするリンガルアーチの調整をしてもらっています。

DSC00126.jpg
また、歯を動かすのに使う「ブラケット」(ブリースという方もいます)、これを間接法という方法で装着するために使う「ジグ」を作るトレーニングをしてもらいました。歯の裏側につけるタイプ、舌側矯正では、直接法で正しい位置をつけるのが難しいため、この手法をとることが多くなります。

下の写真がジグの実例です。

DSC00115.jpg


すると、

DSC00127.jpg
お休みのはずの浦田先生が技工室に出てきていて、
こちらは外側からの矯正治療用ジグを作りに来ていました。









DSC00125.jpg北大からバイトに来るW先生も、休みの土曜日をつぶして、矯正治療のトレーニング中です。

みんな、自分の技術の向上に、余念がありません。








以前は院長が一人で取り組んでいた矯正治療ですが、現在は勤務医全員ができるようになるためのトレーニングシステムが整備されました。
研修にいらっしゃる大学研修医の先生方にも矯正のトレーニングを受けていただく研修システムができています。

一般的な歯の治療に加えて、矯正治療における考え方、基本的な手技を身につけたい方におすすめの研修施設だと思います。


7月10日、土曜日。

  私が小樽の大学で缶詰になっている頃。
  米田先生が埼玉の歯科医院で少人数の実習を受けている頃。

林歯科では、木曜日に続いて歯周外科実習が行われていました。

水柿先生が講師になって、自分もやりながら、研修医の二人の指導を行い


途中で、当日休みの浦田先生も参加しました。

その間、院長は一人で矯正歯科の診療をしていたようです。本当に、よくがんばる53歳です。


DSC09996.jpg
今年は、研修医向けの歯周外科実習を、昨日7月8日の夜行いました。

勤務医の先生方は、春の新規採用者も含めて、何回か体験してきた実習です。

今回は、勤務医にはアドバンスコースとして、金城先生が先月受講してきた歯周形成外科講習会での実習内容をレクチャーしてもらって、行いました。
(右の写真)




まず、金城先生がホワイトボードに説明を書いて、レクチャーからスタートです。

DSC09999.jpg
そして、実習開始。

金曜日、いつも北大からくるW先生が、前日の木曜日に旭川入りをしたので、飛び入り参加です。途中で、業者さんが、北見からの帰り道に立ち寄るというハプニングもありましたが、12時近くまで実習が続きました。

DSC00001.jpg DSC00018.jpg DSC00003.jpg
DSC00004.jpg DSC00017.jpg DSC00006.jpg

院長も拡大鏡をかけて、真剣に参加しています。

DSC00012.jpg


DSC00019.jpg

終わったときには、こんなに疲労困憊でした。

でも、今日も、朝からお仕事、がんばりましょう!

このアーカイブについて

このページには、2010年7月以降に書かれたブログ記事のうち2010カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは2010: 2010年6月です。

次のアーカイブは2010: 2010年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja