歯科医師臨床研修: 2010年1月アーカイブ

歯科医師臨床研修が本格始動してから4年目が終わろうとしています。
始動前の1年をいれて、これまでに11人の研修医を受け入れました。

研修協力施設になって、研修医を受け入れる様にしてから、時々友人に聞かれるのが
「どうして研修医を受け入れているの?」
「何もできない人に教えるのは大変じゃないの?」
という質問です。

研修医を受け入れると、月数万円のお金が補助金などの名目で支給されます。
しかし、正直金銭的にはそれではペイしません。
林歯科は、研修医の宿舎の手配も行うのでなおさらです。

また、診療スタッフ、技工士さん、その他林歯科に関わるたくさんの方のサポートをお願いしなければなりません。

では、なぜ、研修医を受け入れるのでしょうか?

今日の帰り道で院長とそんな事を話し合いました。


結局、その理由は、
「刺激が欲しい」
という事です。


若い人の新しい視点が欲しい!
私たちが疑問に感じなくなっているところを教えてほしい!
インスパイアされたい!

そういうことです。

ですから、私たちを退屈させないでほしい。どきどきわくわくさせて下さい。
日曜日に、医療大で研修中の歯科医師が見学にやってきました。12月で大学に戻ったK先生からの紹介で、林歯科の診療や研修システムについて知りたいとの事でした。

現在、秋の移転に備えて春から2名の歯科医師が新たに勤務する予定で様々な準備を行っており、歯科医師募集は一旦お休みしていますが、採用予定が無くても見学したいとの申し出ででした。

このような、熱意のある若い先生ととお会いして話をするのは、私たちにとっても刺激になる経験です。
見学は随時受け入れていますので、新卒予定の方、研修中の方を問わず、ご連絡下さい。

ご連絡は、こちらからメールでお願いします。→クリック



このアーカイブについて

このページには、2010年1月以降に書かれたブログ記事のうち歯科医師臨床研修カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは歯科医師臨床研修: 2009年12月です。

次のアーカイブは歯科医師臨床研修: 2010年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja