2009: 2009年11月アーカイブ

火曜日の夜。

来年から勤務予定のU先生、研修医のK先生、そして林歯科の勤務医の米田先生・金城先生の4人はDr.ルームで遅くまでブタの下顎を使った実習をしていました。

勤務医の二人は、今回林歯科で使用を決めたインプラントについてその術式を実習し、写真に記録してくれました。



DSC08668_1.jpg
DSC08672_1.jpg この記録は12/12の勉強会で皆に見てもらって、アシスタントの勉強をする予定です。













DSC08651_1.jpgU先生、K先生は、歯周外科の実習です。切開や縫合のやりかたを今一度復習してもらいました。









DSC08652_1.jpg二人の実習風景です DSC08653_1.jpg


今回は、唇がついているブタを用意し、口腔前提拡張術のトレーニングに利用する事ができました。

DSC08673_1.jpg

その間院長は、事務長と一緒に設計士の伊達さんと来年移転予定の設計図の検討を行っていました。それぞれ忙しい毎日です。





来春から勤務予定の歯科医師U先生のトレーニングの2回目です。
一回目は11月上旬に行いました→クリック

今回は、根の治療のやり方と入れ歯のための診査、自分を症例としてみて資料を元に分析すると言うトレーニングです。

DSC08641.jpgDSC08643.jpg


午前中は、まず、林歯科のやり方で根の治療をするためのトレーニングです。ビデオ学習の後、抜去歯牙を用いた実習をして院長のチェックを受けました。

昼休みは、院長、私、米田先生、研修医のK先生と一緒に5人で食事をしながら、前回の資料を元にU先生が行った分析結果を聞き、院長からのコメントをもらいました。これを元にもう少し深く考察をまとめてもらいます。これは、また次回までの宿題となります。

DSC08646.jpgDSC08648.jpg


午後は、実際に林歯科での根の治療がどのように行われているかを見てもらいました。
その後、総義歯症例の分析方法を学びます。

夜は、根の治療の最終段階、根管充填の実習。
そして、ブタ下顎を用いた外科のトレーニングに取り組みます。

明日も一日がんばって、また大学に戻って行きます。
ハードなトレーニングですが、頑張りましょう。
11/13金曜日
今日は、いつものように診療終了後、矯正の症例分析を行う勉強会です。
今週は久しぶりに林歯科の新しい患者さんの分析がなかったので、以前からやりたかった咬合が崩壊した患者さんについての症例分析を2例行いました。
矯正の分析は札幌の友人からの症例で、大人の歯が生えそろう寸前の方の歯並びのでこぼこについてでした。

DSC08558.jpgDSC08560.jpg


今回の参加者は、林歯科から院長、私、金城先生、研修医のK先生、札幌の友人がスカイプで。
水野先生は、北大歯学部同窓会旭川支部の勉強会に参加のためお休み、米田先生は風邪をひいて早退されて欠席でした。

症例分析の後は、久しぶりに抄読会。

DSC08562.jpgDSC08564.jpg


K先生が担当で11章を行いました。ようやく本の半分まで来る事ができました。


来週は再び金曜日、矯正分析が今のところ林歯科1症例、札幌の友人が1症例、既に決まっています。抄読会は、12章を行います。







11月12日木曜日
いつもの矯正や咬合をメインとする勉強会ではなく、今日は、インプラントについて学ぶために2本のDVDを見て勉強しました。参加者は、院長、米田先生、金城先生、研修医のK先生の4名です。

最近、歯科の診療に関する細かい手技を伝えるためにDVDを取り入れた書籍が増えています。今回の学習対象もそのような形態のものです。
特に最近出版されたものは術者の拡大鏡に撮影用のCCDカメラが取り付けられているため、治療中の歯科医師の目線で術野を見る事が可能になっています。しかも大きな画面で見るため、いつもの診療より分かりやすいほどです。

091111.jpg今回の対象は上の写真の2点です。

DVDジャーナル03/筒井昌秀 臨床DVD3
インプラント周囲軟組織のマネジメント

筒井昌秀・筒井照子
2008年09月10日
A4判&DVD-VIDEO
32頁&77分
13,650円(税込)
クインテッセンス出版

内容は
1.オーバーデンチャーの支台となるインプラント2次手術における口腔前庭の拡張 (臨床ビデオ)
2.軟組織増大のための逆ロール法 (臨床ビデオ)
3.遊離歯肉移植による角化歯肉の増大 (ブタ下顎によるデモ)
4.インプラント2次外科手術時の口腔前庭拡張術 (臨床ビデオ)
5.欠損部歯槽堤の増大とインプラントの植立 (臨床写真)
6.有茎弁移動術と遊離歯肉移植によるインプラント2次外科手術 (臨床ビデオ)

院長の敬愛する筒井先生のDVDです。


DVD 術者の視野で見るインプラント治療1
Step by Step 下顎遊離端欠損
武田孝之 編著 井上敬介 著
2009年07月01日
A4変型判 DVD-VIDEO
100頁 約50分
12,600円 (税込)
医歯薬出版

内容は
■書籍目次
第1章 手術に望む前の準備/手術の前に行っておくこと
第2章 インプラント体の植立手術
第3章 印象から装着まで

■DVD構成
1.インプラントの植立手術
2.上部構造の印象から装着まで
3.診断用テンプレートとサージカルガイドの作製法
4.CT画像診断

今回導入したインプラントシステムを使われている先生のオペの様子を見る事ができるDVDです。<br /></div>
来春から林歯科で勤務予定の先生が、事前に林歯科の診療システムをマスターしたいという意向で、昨日からトレーニングをスタートしました。

PB090047.jpgPB090051.jpg













林歯科では、他の歯科医院での研修・勤務を経て就職させる歯科医師のためのトレーニングプランを作っています。
特殊な診療技術や、矯正治療の考え方・手技をマスターした上で臨床に取組んでほしいと言う院長の意向です。申し訳ないのですが、トレーニング期間中の給与は、余りたくさんは出せません。
通常は、3ヶ月程度の期間でマスターしてもらう予定ですが、短期間でマスターしていただければ、トレーニング期間の短縮も考えるつもりです。

今回内定した方が、「事前にトレーニングを受けたい」と言ってくれたのは、とてもうれしいことでした。
現在籍を置いている大学病院をお休みしていらしていただいているので、実り多い研修にしたいと思っています。



このアーカイブについて

このページには、2009年11月以降に書かれたブログ記事のうち2009カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは2009: 2009年10月です。

次のアーカイブは2009: 2009年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja