2009: 2009年3月アーカイブ

DSC06379.JPGDSC06377.JPG


今日は、4月からの研修予定の方の、おそらく最後の見学を受けました。

遠方からいらして、昨日他院を見学後旭川に入り、今日の夜も旭川に宿泊され、明日朝の便で一旦帰宅して27日の発表を待つそうです。
忙しい中、林歯科にいらしていただき、ありがたく思います。

こうして、臨床研修を前にする歯学部の学生さんの見学を受けていて思うのは、何件かの歯科医院を見学して、それぞれの違いや、共通している事をよく知ってほしいという事です。一度、開業をしてしまうとそう簡単に他の歯科医院の中を見せてはもらえません。それぞれ秘伝のタレではありませんが、「企業秘密」のようなものもあるはずです。

それが、臨床研修前の学生さんと言う事で多くの歯科医院が門戸を開いて、何を考えて、どのような臨床を行っているかを教えてくれるのです。きっと、いつか何かの形で自分の財産になる事が隠れているでしょう。


今日、見学にいらした方が、最後に「一日で色々勉強になりました」とおっしゃって下さったので、本当に良かったと思います。



3月1日 日曜日。
あっという間に3月です。

昼から、北海道医療大学のサテライトキャンパスで研修委員会に参加してきました。
ここは、地下鉄札幌駅の10番出口から徒歩1分という、交通至便の地。
新しいきれいな大きなビルの5階にあります。

サテライトキャンパスでは、顎咬合学会の集まりが行われていました。
大先輩の北大の野谷先生を姿をお見かけしました。

研修委員会には、九州、静岡などからも研修受け入れ施設の責任者が参加していました。
多くは医療大出身の先生です。

医療大出身の先生方は、私の出た北大に比べて「愛校精神が強いなあ」と思う事があります。
また、事務職の方のホスピタリティが高いとも。

北大の職員の方々は公務員ですからね...。
お役所仕事的っていうか。
それでも、最近少し改善されて来ているかもしれません。
時代の流れでしょうか。
もっと改善の余地があるかもと思う事もありますね。

さて、研修委員会では、今年度の研修医の終了の判定の可否、来年度以降の研修に関する話し合いが行われました。最後に、議事が終わった後に「研修について思うところがあれば」という質問がありました。

これに対して「むしろ、研修を受けた側の感想などを知りたい」という意見があり、私もそこは聞かせていただきたいと思います。行った事のフィードバックを繰り返して、研修内容を充実させて行きたいと思います。

このアーカイブについて

このページには、2009年3月以降に書かれたブログ記事のうち2009カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは2009: 2009年2月です。

次のアーカイブは2009: 2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja