2008: 2008年11月アーカイブ

先週の金曜日の夜、診療が終わった後に、また筋肉の勉強会を行いました。

DSC05445.jpg参加者は、研修医のO先生、そして筋肉班の4名とメンテナンスのSさん。

この6名が、今週の勉強会で、タケウチ歯科の姫野さんのご指導を受ける予定です。
院長からの質問にも鋭い答えが返って来て、皆の勉強の様子に感激したそうです。




遅番の仕事が終わった後参加してくれた人。
早番の仕事を終え帰宅してからもう一度出て来てくれた人。
皆の熱意がうれしいです。



昨日になってしまいましたが、診療終了後矯正の症例分析勉強会を行いました。
レントゲンのトレースとコンピューターでの分析シートは、全て研修医のO先生がやってくれました。トレースのチェックポイントもどんどん正確になってきているようです。

あいファミリー歯科の水野先生も参加され、先週末の横浜での日本歯科医学会の新しい知見をお話ししてくださいました。

今日の分析は、反対咬合の方が二人、歯並びのでこぼこのある方が一人。合計3名です。
日本人を含め、東洋系の人の不正咬合は、西洋系の人に比べて反対咬合が多い傾向にあります。
逆に西洋系の人は、上の歯が出ていてるタイプが多くなります。
一口に反対咬合と言っても、上顎が小さい人、下顎が大きい人、歯の傾きが原因になっている人と原因は様々です。当然原因によって治療計画も違ってきます。

今日は、皆で考えた治療計画が、院長のものにだいぶ近くなり、勉強の成果も上がって来ているような気がします。

来週の勉強会では、友人から相談を受けているケースを皆で分析する予定です。時間があるときはDVDでの勉強もやっていこうと思います。

今週も幸い?症例分析が無かったので、先週の続きのDVDを見て勉強です。

後半は、前半の理論に基づいて、トレーナーシステム(TM)の原理、治療例も入ってより臨床的な内容でした。

Significance of form, function and posture on malocclusion.
骨格・歯並びの形態=form、口腔周囲の神経・筋肉の軟組織の機能=function、全身の姿勢=postureの関連性について、あいファミリー歯科の水野先生もいらして、院長、私、米田先生、金城先生、研修医O先生の6名で夜食を食べながらの勉強会でした。

来週は、また症例分析を行います。水野先生もご都合が付くときは参加してくださるそうで、より深い勉強ができるようになるのではないかと楽しみです。
月曜日に
>そして、ある方へのサプライズプレゼントのつもりのDVDも昨日の夜焼いて、今日の午前中にプリントを済ませて受付スタッフに郵送をお願いしました。いつ頃届くでしょう?あさってくらいでしょうか。

081112.JPG

と書いたのですが、実は、研修医のO先生の診療風景のDVDをご家族にお送りしました。
日曜日の来年度研修医への説明会のために、11月現在O先生が歯科医師としてどのように臨床を行っているかを撮影したのですが、「これを、ご両親にもご覧いただきたい!」という院長の提案で、急遽DVDに焼いてお送りしたのです。

早速、今日の昼、O先生のお母様から「今見ているよ」というメールがO先生宛に届き、先ほどお父様からも「本当にサプライズでした」というメールをいただきました。
サプライズ、大成功!!


夏に、「岩見沢で築山雄次先生講演会ありますよ!」と教えていただき、今日は午後から、研修医のO先生と二人、みぞれまじりの旭川を出てJRで岩見沢に向いました。その後、旭川は大吹雪?になったとか。無事に岩見沢に着く事ができてラッキーでした。

DSC05408.jpg     DSC05410.jpg

築山雄次先生は、福岡市南区「つきやま歯科医院」の院長先生です。

わたしが2005年に受講した「歯科保健専門家養成コース」を主催しているNPO法人ウェルビーイング旧福岡予防歯科研究会のメンバーとしても有名です。CHPの諸井先生がヘルスプロモーションを知ったきっかけとなった先生でもあります。
今回の講習会は、岩見沢歯科医師会と北海道子供の歯を守る会の共同開催で開かれました。

今までにも、築山先生の講演はDVDで拝見していましたが、生でお話を聞くのは初めてです。直接近くでお話を聞くと、先生の暖かい人柄が伝わってくるようでした。私は、福岡育ちなので、九州弁まじりの先生のお話が何か懐かしいものにも思えました。

健康とは何か、人は何のために生きているのか?
予防ってナンだろう?
コミュニケーションって?
また、深く考え直す事ができました。

研修医のO先生も、築山先生のお話を楽しそうに聞いていました。また、大学でお世話になっている教授も受講されていて、ご挨拶ができたようです。

DSC05407.jpg

林歯科医院が、単に治療をする歯科医院から、治療後の良い状態を維持するお手伝いができる歯科医院への道を歩む中で、ヘルスケア研究会、北海道予防歯科懇話会、そしてウェルビーイング、CHPとたくさんの先達に出会ってきました。今回の講習会には、そのような集まりで

今日の講演が、また明日からの林歯科の進む道の目標になるように、よく先生のお話を消化したい、皆にも伝えたいと思います。


今日も、医療大の来年度研修医への説明の準備をしています。

今の研修医のO先生の毎日の研修の様子を見てもらおうと、ここ三日くらい、ムービーをとっていますが、この半年の間の成長が見て取れます。

081107.png
毎日の院内での臨床、訪問診療、タイポドント実習、勉強会、カルテの整理など、多忙な日常を見てもらえるように整理します。編集も頑張っています!

忙しそうでイヤだなーという人ではなく、やりがいがありそう!と思う人に来てもらいたいと楽しみにしています。

私が東京へ出かけている間に、

DSC05393.jpgDSC05390.jpg    DSC05389.jpg    DSC05388.jpg


林歯科の他の歯科医師、院長、米田先生、金城先生、研修医のO先生、O先生の大学の同級生、そして札幌に戻った研修医のW先生も参加していたのが

筒井塾 咬合療法研究会 北海道支部の 11月例会 

DSC05386.jpg






筒井照子先生の講演会です。



今まで学んで来た事、臨床で気をつけている事を再確認し、これから目指す方向を皆で共有する事ができたようです。
一緒に受講する事に、大切な意味があると思います。


DSC05395.jpg





帰りに立ち寄った札幌ファクトリーでは、もうすっかりクリスマスの飾り付けが終わっています。もう冬ですね。


このアーカイブについて

このページには、2008年11月以降に書かれたブログ記事のうち2008カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは2008: 2008年10月です。

次のアーカイブは2008: 2008年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja