歯科医師臨床研修: 2008年6月アーカイブ

明日から、7月の臨床研修が始まります。

7月のスケジュールはこんな感じです。↓ クリックで拡大

ピクチャ 15.png
7月の臨床研修の目玉は、豚の下顎をつかった歯周外科の実習。それと、タイポドントという模型を使った矯正治療のトレーニング。
歯周外科実習の前に、今週土曜日に筒井先生のDVDを見ます。
矯正の実習は、ワイヤーベンディングの提出と院長のOKが出た人からスタート。これができていないと、歯を並べるためのテクニックが使えないからです。

今日は、研修ミーティングの日。
今回はじめてファミレスでやってみました。

ミーティングでは、いつも
 二人の研修医の先生のこの一週間のできごと、
 できたこと、できなかったこと、
 これからできるようになりたいことを聞きます。
二人の進路の予定についても、いろいろ話を聞き、アドバイスをしたりします。
ミーティングの結果は院長に報告して、翌日からの研修に反映するようこころがけています。

どちらも大学院に行くか、すぐ臨床に出るか、悩んでいるようです。
どちらのルートにも良い点がありますので、どちらがいいとは言えないのですが、それぞれにあった進路が見つかるとよいと思います。



木曜日は、院長が訪問診療に出かける日です。
いつもより1時間早くあがり、12時から口腔ケアスタッフ、チーフ、訪問診療統括事務のHさんとランチミーティングを行います。これは、今月から開始しました。

今月の12日からは、「院長希望」「院長でないと診られない」という患者さんの予約は、木曜日を避けてお受けしています。訪問診療が遅くなっても大丈夫にし、いずれは院長が木曜の夜、休むようにするつもりのシフトです。

DSC03559.jpgさて、今日の訪問診療は、院長、チーフのKさん、研修医のO先生、新人衛生士のHさんの4名で出かけました。O先生とHさんのOJTも兼ねています。

写真は、院長の監督下で訪問診療を行うO先生とHさんです。(患者さんの顔にはモザイクをかけました 。)

車いすに乗ったままの患者さんの口の中を拝見するだけでも大変です。中腰でライトを当てているHさん、膝をついて診療しているO先生。二人ともがんばっていますね。

今日は二人の研修医の先生に、新患の問診と口腔内診査を担当してもらいました。

DSC03547.jpg DSC03550.jpg


自分で審査した結果と、レントゲン、歯周検査を元に、それぞれ治療計画を立案して、レポートしてもらう予定です。カルテを書くつもりで書いてもらいます。



夜は、矯正の勉強会です。

先週に引き続き、テキストを読んでいます。
本の題名は、
COMMON SENCE MECHANICS T.F.Mulligan

邦題は「歯科矯正メカニクス」です。
今週は4〜6章。
現在は同じ題名の本が別の出版社で出ていますが、同じ内容かは不明です。
→シエン社ホームページへ

研修医の疑問に院長が答える形で勉強会を進めています。

来週は別の本をテキストにして、バイオプログレッシブについて勉強します。

DSC03552.jpg

テキストの勉強の後は、ワイヤーベンディングの進行状況のチェック。

W先生は、結構進んでいました。
来週中には提出してもらう予定ですが、「今週中に出そうね!」とO先生に言っていました。


さて、間に合うでしょうか!?


DSC03545.jpg今日は、O先生のあいファミリー歯科見学の日。


私と院長も朝一緒にあいファミリー歯科まで出かけ、ご挨拶をし、朝礼に参加してきました。






院長の水野先生は、私と院長の北大歯学部での同期生。
デンタルダイヤモンド社の「行列ができる歯科医院」シリーズに北海道でただ一つ取り上げられている歯科医院があいファミリー歯科です。
現在は、あちこちで講演活動にも忙しい日々を送っている様子です。

あいファミリー歯科ホームページ →http://aifamily.main.jp/
行列のできる歯科医院3 デンタルダイヤモンド社 →詳細
院長ブログ →Aifamily Dentalblog

DSC03539.jpg林歯科で臨床研修を行う人たちの見学をいつも引き受けてくれている面倒見のいい先生です。

当日も、朝礼の前に、待合室や診療室内の案内と説明をして下さいました。

いつも事前にレポートが出るので、O先生には昨日の夜、研修ミーティングのときに下書きをしてもらいました。随分緊張していましたが、ちゃんと渡せたでしょうか?


明日の報告が楽しみです。

なんと、火曜日17日にあいファミリー歯科の見学をお願いしていたのをすっかり失念すると言う失態をおかしてしまいました。水野先生ごめんなさい。

昨日から、研修は矯正の「ワイヤーベンディング」に入っています。

今日の研修内容は、午前中はみどり学園歯科検診、午後は診療。

そして夜の診療終了後、10時近くから勉強会です。去年と同じ本を読みながら、疑問点を院長が答え、矯正の治療に沿った話をしていきます。

今回は、ワイヤーベンディングをやってみせてほしいと言う研修医の先生方のリクエストに応えて、院長のデモンストレーション。その後、それぞれ院長の前でワイヤーを曲げてみせてもらいました。
明日からは、課題のワイヤーを曲げて、完成した人から提出、そして、タイポドント実習に入ります。

DSC03463.jpg







ワイヤーを曲げる院長


DSC03464.jpg







「こういう風にならないとね」と。


DSC03464_1.jpg






←クリック



DSC03466.jpg







ワイヤーを曲げるW先生


DSC03467.jpg







「そこは、こうやって...」


DSC03468.jpg







続けてO先生


二人とも夜遅くまでよくがんばりました。
今年の歯科検診は、中学校1 小学校2 それから今日行ったみどり学園で終了です。

今日は、私と研修医の先生2名、3人で検診用のミラーなどを持って出かけました。
みどり学園は、発達に遅れにある就学前の子どもたちが通園する施設です。→みどり学園ってどんなところ?より引用

歯の検診のときは、大抵のお子さんの保護者の方が一緒に付き添われます。
事前に、歯の事でご相談がないか、用紙に書いてもらっていますので、それを見ながら検診と保護者の方への直接の説明を行います。保護者の方が同行されていないときは先生に説明し、検診の用紙にメモをしています。

大抵のお子さんは、虫歯がないか、治療済み。小さな虫歯が数本ある程度。
お家の方のがんばりがわかります。

DSC03456.jpg前は、白衣を着て出かけていましたが、昨年から林歯科のポロシャツのユニフォームを着て出かけるようにしました。この方が、なんとなく怖がられないような気がするのですが、どうでしょう?


今日は、週に一度の研修ミーティングの日です。

DSC03451.jpg
先週の土曜日の二人の研修医の発表をDVDに焼いて、Dr.ルームのテレビで見ました。
発表内容の検証、プレゼンテーションの技術などについて、ディスカッションを行いました。

ミーティングは、先週までの研修内容についてできるようになったこと、難しかった事の確認、今一番学びたい事を聞かせてもらい、来週からの研修の目標を考えているところです。

O先生が学びたいのは、基本的な虫歯の治療「形成」
W先生が学びたいのは、抜歯について、それから入れ歯の型取り=印象
これを、院長に伝えて、研修プログラムに組み入れていきます。

実習は、先週予定していてプレゼンテーションの準備でできなかった「ワイヤーベンディング」を開始します。遅れている顕微鏡での治療の実習も行わないと。

水曜日の夜は、いよいよ矯正の勉強会。予習もちゃんとすませてくださいね!

今日は、年に二回の林歯科医院・院内研修会です。

DSC03381.jpg

プログラムは、講習とミーティング。
MFT講習会報告・体験実習、研修医症例報告(自分自身を症例として分析)、ビデオ研修(ヘルスプロモーション・包括歯科臨床の中での咬合療法・レジン修復)、院長講習(ニューロマスキュラーと咬合療法)。
ミーティングは、安全委員会と訪問診療における情報共有についてです。


DSC03336.jpg DSC03345.jpg
 
MFT (筋機能療法)のレッスン1を体験実習中。最後に皆の口唇力を測定しました。

DSC03368.jpg DSC03377.jpg


研修医のO先生・W先生の発表風景。
期待以上の深い考察をした、自分自身の症例分析になり、皆感動しました。

二人の発表は、2008年 研修発表 でご覧頂けます。


午前9:00~午後4:30までの充実した講習とミーティング。ミーティングにはケア班のスタッフも参加してくれました。


DSC03388.jpg


終了後、院長から、口唇力グランプリ・チャンピオンに金一封!(ちょっとだけ)を。
MFT班のチーフが優勝です!


先週の旭川市林歯科医院の臨床研修は、W先生は引き続き入れ歯の臨床、O先生は根の治療の臨床を課題にして行いました。
写真は、院長と入れ歯の治療を行うW先生、口腔内写真の撮影を行うO先生です。
DSC03253.jpg

実習としては、リテーナー製作を行いました。
二人の研修医の希望を聞いて、新たにカリキュラムに入れたプログラムです。

リテーナーというのは、歯並びの矯正治療の後の後戻りを防ぐための装置です。
様々な形のものがありますが、今回二人が作ったのは、ホーレータイプと言う合成樹脂と針金をつかった装置です。

まず、院長に設計のOKをもらったあと、ワイヤー部分から製作開始。
次に、林歯科の矯正装置を作ってくれている技工士のMさんのチェックが入りました。

DSC03276.JPG忙しいMさんの勤務時間の合間を縫ってワイヤーのチェックが終了し、いよいよ合成樹脂部分の作成に入ったのが、6/5木。完成は、6/6金曜日の夜になりました。

二人とも、リテーナーを入れてみて、どこが気になるのかをよく考え、再調整を行いました。
気持ちの悪いところ、発音しにくくなる原因、自分の感覚を頼りに合わせていきます。
このような体験が、きっと、患者さんの治療と説明に役立つ事でしょう。

DSC03299.jpgこれで完成!
最初に完成と思ったところから、形を少しずつ自分に合わせて調整しました。









今週からは、いよいよワイヤーベンディングの実習がスタート。
週末には林歯科勉強会で自分の口腔内の説明をするプレゼンテーション実習。
パワーポイントを使います。
先週末、臨床での実力不足な点をフォローするために、院長から出された根の治療の特訓プログラムも出されました。。
W先生は、 顕微鏡診療のトレーニングにはいります。

今日の研修ミーティングでは、
・ホワイトニング講習会のレポート提出
・先週末の歯科医師会のイベントについての感想
・週末のプレゼンテーションの仕上がりのチェック
を行い、できれば診療終了後、院長と米田先生にプレゼンテーションを見てもらいたいと思っています。

これから、ますます忙しくなっていきます。    




今日は歯科医師会主催の虫歯予防デーのイベントへ。


080607_taisetu.jpg


第35回歯の健康キャンペーン「ありがとう いつもはたらく 歯に感謝」


日時 平成20年6月7日(土) 午後2時〜午後4時30分
会場 旭川大雪アリーナ(旭川市神楽4条7丁目)


内容 フッ素塗布・矯正歯科相談・歯の健診・歯の健康相談とパネル展示

   (フッ素塗布の対象年令:平成18年4月2日〜平成19年4月1日までに生れた方です)


    



主催 旭川市・旭川歯科医師会



共催 旭川市教育委員会・北海道歯科衛生士会旭川支部・北海道歯科技工士会旭川支部

   北海道栄養士会旭川支部・旭川歯科学院専門学校


後援 上川中部地域歯科保健推進協議会・北海道子どもの歯を守る会旭川支部


今年は、私と、研修医の二人、スタッフの衛生士5名、計8名が林歯科医院から参加しました。だいたい1〜2歳までの小さなお子さん相手の歯の検診とフッ素塗布のお手伝いをしました。

たくさんの方が、旭川市大雪アリーナにいらしていました。ほとんどが赤ちゃんです。まだ虫歯は無い人がほとんどでした。小さなお子さんばかりで、たくさん泣かれてしまいました。皆さんお疲れさま!



昨日、今日、明日の三日間は、旭川護国神社のお祭りです。
診療が終わった後、研修医二人と金城先生と、旭川市の中心部にある常盤公園に出ているお祭りの屋台に出かけました。
この時期の旭川の夜店は寒いのですが、今日は、まだ暖かい方でした。
なんでか、お祭りの日に屋台で食べるものは美味しいですね。
11:00くらいに屋台がそろそろしまり始める時間まで、一時間ほど楽しんできました。
DSC03279.jpg DSC03289.jpg DSC03282.jpg DSC03291.jpg DSC03292.jpg

診療が終わってから、近くの焼き肉屋さんへ出かけました。
末広二条1丁目の大阪屋さん。

院長、私、金城先生、研修医2名の5人で、焼き肉をお腹いっぱい食べながら、研修の事診療の事、その他諸々、おしゃべりして、出てきたときには、1時間もたっていませんでした。
車を運転しない私と研修医2名は生ビールも飲んで幸せです。
DSC03261.jpgDSC03265.jpgDSC03264.jpg


2週間前に、研修医二人でやろうと決めたミラーテクニックのトレーニングをO先生が毎日続けていると言う話題が出て、W先生があせっていたのがおかしかったなあ。
Dr.ルームのお菓子の備蓄が増えて、冷凍庫にアイスキャンディが箱買いしてあるというのも笑いました。

明日は、朝9時から学校検診です。
早く寝ないと。



今日から、6月の臨床研修スタートです。

先週末、O先生の根の治療の実習が終了し、今日から二人そろって矯正の課題に挑戦です。

診療室では、院長の指示のもと、臨床にも携わっています。
O先生は、矯正治療に使う装置の上にワイヤーを一歯ずつとめていく「結紮」を、
W先生は、基本的な虫歯治療のひとつ、レジン充填をしています。

DSC03241.jpgDSC03240.jpg

W先生のレジン充填治療      O先生のワイヤー結紮


DSC03244.jpg




午後は、いよいよ6月のテーマの一つ、矯正治療後の保定装置=リテーナーという装置をつくる実習です。先月それぞれ型取りをした自分の模型に、装置のデザインをして、院長のチェックをうけました。




DSC03251.jpg



オーケーが出たところで、歯の後戻りを防ぎ、装置がはずれないようにもするワイヤー部分の制作に入ります。O先生が持ってきた大学の実習書をたよりに二人でスタート。




DSC03249.jpg




途中で、院長が来て、見本を見せていきました。

今週は、それぞれの診療の予定が入っていない時間にこの実習を行っていきます。



リテーナーが出来上がったら、ついに矯正のワイヤーベンディングの特訓です。

このアーカイブについて

このページには、2008年6月以降に書かれたブログ記事のうち歯科医師臨床研修カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは歯科医師臨床研修: 2008年5月です。

次のアーカイブは歯科医師臨床研修: 2008年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja