歯科医師臨床研修: 2008年5月アーカイブ

今日は、北海道歯科産業さんからご案内を頂いたホワイトニングの講習会へ。
研修医二人と一緒です。
講習の後、それぞれ、札幌と実家へ帰ると言うので車三台で旭川市末広の林歯科医院をスタート。しかし!なんと私が曲がり角を間違ったため、はぐれてしまい、、、カーナビのおかげでなんとか会場の大雪クリスタルホール駐車場で落ち合う事ができました。
ほっと、一息。
気を取り直して、会場へ。

DSC03196.jpg

今日は、ウルトラデントジャパン株式会社の杉江護さんが講師の講習会です。ウルトラデントは、林歯科がホームホワイトニングで使用している「オパールエッセンス」を販売している会社です。

DSC03209.jpg

講習では、ホワイトニングの基礎知識、どのようにしてホワイトニングを行うか、その位置づけ、患者さんへの説明方法などについて2時間を超えるセミナーを受講しました。最後に、事前に募集していた質問に対する回答をいただいて終了です。

DSC03234.jpg二人に感想を聞いてみたところ、とても面白かったと言う事です。二人には、昨日事前にホワイトニングに関する本を二冊ほど渡して目を通してもらっていました。

ホワイトニングについての勉強は、大学では余りしていないようなので、このような機会が得られてよかったと思います。

また、何か講習会があったら参加しようと思います。

終了後、二人はそれぞれの目的地に向かいました。
道に迷わずに、無事たどりついていますように。

まだ、6月ではありませんが。

来月の研修の日程表が完成しました。

6月からは、早出の人と遅出の人に別れて研修します。個別の進度に合わせてより充実した研修にするためです。
plan1.jpg共通の課題は、
顕微鏡で行う根の治療の体験
矯正治療の模型実習
 治療後のリテーナー作成
  自分の歯並びで
 技術トレーニング
  ワイヤー曲げ実習
 矯正模型実習の準備
  タイポドント
他の歯科医院の見学
です。

細かいプログラムを作るのは大変なのですが、二人の研修がスムーズに進むように配慮していきたいと思います。
もうすぐ5月も終わりです。2008年5月の旭川市林歯科医院の臨床研修は、今週も順調に進んでいます。

4月半ばにスタートした北大のW先生は、今週は入れ歯の治療をメインに研修をしています。

入れ歯の治療は難しい!
たくさんの経験と勉強を積み重ねなければなりません。

まだ、一人の方の入れ歯を初診から担当する事は無理です。
まず、小さなステップを少しずつ研修し、院長のチェックを受け、自分でも勉強し、一定のレベルになったところで、患者さんを一人で担当します。

DSC03163.jpgDSC03161.jpg

この日は、院長のチェックを受けながら、患者さんの入れ歯の噛み合わせの高さを決めています。毎日、朝の予約簿で入れ歯の患者さんをチェック、臨床研修、夜は勉強。
そんな日々が続いています。


 5月の連休明けに研修をスタートした医療大のO先生は、まず模型の実習を終えました。
現在は、臨床研修と平行して、根の治療のトレーニング中。
臨床研修でも根の治療中の患者さんの治療を数多く見学、研修してもらいます。DSC03148.jpgDSC03134.jpg

写真左は、提出された模型、右は根の治療のトレーニングの様子です。


今日から、入れ歯の型取りの研修もスタートしました。

DSC03167.jpgDSC03168.jpg

まず、院長について、入れ歯の型取りに使う「個人トレー」という装置の調整から。
これは、一人一人口の形が違うので、最初に簡単な型取りをして、技工所さんで作ってもらったものです。今回の型取りにしか使えないオーダーメイド。

これをさらに、診療室で微調整しています。

DSC03171.jpg
次に、熱可塑性の材料で、歯茎と頬の筋肉の当たり方の型取り。
筋形成といいます。

DSC03170.jpg
最後にようやく精密な型取り。
固まるまでに時間がかかりますので、歪まないように支えています。

入れ歯の治療って、結構時間がかかって、テクニックも必要で、難しいんですよ。
5月も後半に入りました。

今日の研修医の一番目の課題は、「パワーポイント」。
自分の口の写真、その他のデータをパワーポイントにまとめて発表用に作っていきます。
まず、簡単なガイダンスと資料の取り込み、それから例として米田先生の発表のパワーポイント書類を配布しました。

それから、相互コーチングとKJ法のトレーニング。

まず、KJ法で、ここ暫くの間の、
「できなかった事、難しかった事、しかられた事」
を、ポストイットに一枚一項目で書き出し、同じ種類のものをまとめていきます。
それぞれ、同じような課題も上がってきました。

次に、コーチングの説明をして、相互コーチング。
相手の困っている事を聞き、解決方法を自分で見いだすように手助けをする。
聞く事はできても、アドバイスをせずに自分で見いだしてもらうようにするのは難しい事です。なかなかうまく行きません。

そこで、一つずつの課題についての解決法を自分で書き出してもらいました。
「できるだけ具体的に」と指示をします。
模型に戻って練習をする、姿勢をよくするためにミラーテクニックの練習、診療手順を整理し直す、などの解決法がでてきました。

最後に、その解決法について、相手に協力してほしい事はないか、話し合ってもらいました。

・ポジショニング、診療姿勢のトレーニングをしたいので、お互いに術者と患者役をする。
・ミラーテクニックの練習のために、100円ショップに卓上の小さな鏡を買いにいって鏡文字の練習をする。

この二つが今週の課題として決定しました。

きっと、来週には、今日の、

DSC03121.jpgDSC03120.jpg

この診療姿勢がぐーっとよくなっていることでしょう。


期待しています。

今日は、旭川市・林歯科医院の2008年の新人歓迎会でした。参加者は41名。

今まででも最大規模です。お店はほぼ貸し切り状態。もう一組、一テーブル、他のグループがいらして、申し訳ないような状態です。




まず、院長の乾杯の音頭で新人4人を紹介してスタート。

DSC03068.jpg

今年の新人は、
金城先生
新人衛生士のHさん
研修医のW先生 O先生

を紹介しました。


ところが、スタートしてしばらくして、
なんと!もう一人の新人を紹介していない事が発覚。

帯広から帰ってきてくれた衛生士のSさんです。
彼女は新卒で林歯科に就職、その後他の歯科医院に一度勤めて、また林歯科に戻ってきてくれた人です。旦那さんの転勤で帯広に転居していたのですが、今年の春旭川に戻ってきて、再度林歯科に、今度はパートタイム勤務で勤務してくれる事になりました。

大失敗です!

DSC03090.jpgDSC03081.jpgDSC03075.jpgDSC03112.jpg

すぐに宴もたけなわに。

終了後、お店を出たところで、Sさんの復帰報告をして解散しました。

研修医二人と金城先生、私たちの5人で、二次会はフォークジャンボリーへ。
DSC03116.jpg

楽しい一夜でした。






5月も半ばを過ぎようとしています。
先にやってきたW先生はもう一ヶ月、O先生はちょうど1週間がすぎました。

W先生は先週末で、模型のトレーニングを終了しました。
O先生は、模型実習の真っ最中です。
二人とも一日の半分は診療室で過ごすプログラムでしたが、今週からW先生はほとんど診療室で過ごしてもらいます。

二 人が取り組んでいる模型でのトレーニングのシステムをマニュアル化するために、W先生に使用する機材などの写真を撮ってもらいました。これに各人注意事項 を書き込んだ者を、来年の人のためにとっておきます。次の人には、これにさらに書き加えてもらい、充実したマニュアルにしてもらおうと思っています。

今日の課題は「ナソヘキサオクルーザーグラビコーダ」。
これらは、それぞれ額運動の解析、咬合力、重心動揺の状態を検査分析するためのME機器です。林歯科医院では、包括的な歯科臨床をめざし、咬合療法が必要な方を対象に行う検査です。


米田先生、金城先生にこの三つのME計測機器の使い方を学び、お互いの顎運動、咬合力、重心動揺度を調べました。

写真は、ナソヘキサで測定行う金城先生と被験者の米田先生
DSC02997.jpg DSC03002.jpg

続けてナソヘキサにチャレンジする二人。
DSC03015.jpg


おまけに、オクルーザーを頑張りすぎているW先生...。それ、自然な計測値じゃないからね。


さて、今夜は、二人には、厚生労働省管轄のデヴューの記載を頑張ってもらう予定です。
私はこれからコンピュータの準備に入ります。

5月2日から、二人の研修医が参加する林歯科医院の研修プログラムです。

今朝は、まず、今日から研修開始の0先生から、朝礼で皆の前でご挨拶。
「顔と名前を覚えるのが得意です!」
これは期待したいところです。

午前中は、レントゲン撮影でスタート。二人で自分たちの歯並びと骨格のレントゲン写真の撮影を行い、自分で現像し、トレースを開始しました。
DSC02901.jpg

次は、お互いの歯の型取りのトレーニング。
DSC02903.jpg

午後からは、口腔内写真の撮影。これは、結構時間がかかりました。
DSC02909.jpgDSC02910.jpg

これが終わって、O先生は模型の形成実習。W先生は診療室での研修。

明日は、相互実習は歯周検査と歯石とり。
O先生は、模型の実習。W先生は、根の治療のトレーニング。
それから診療室での研修もあります。


いろいろやることがあって、ハードスケジュールです。

5月2日、もう一人の研修医のO先生が札幌からやってきました。
ゴールデンウィーク直前とあって、本当の臨床研修は、6日月曜日から。

とりあえず、顔合わせをかねて、院長、私、米田先生、金城先生、二人の研修医の6人で近くに夜食?を食べに出かけました。

見学と研修開始の挨拶にいらしたので、O先生にお会いするのは3回目。金城先生とW先生とは、初対面でしたが、すぐ打ち解けて、楽しい食事会になりました。
O先生にとって、金城先生は大学の先輩、W先生は同じ帯広出身の高校の同窓生にあたり、それぞれ共通の知人も多い様子でした。
DSC02864.jpg<DSC02863.jpgDSC02866.jpg

このアーカイブについて

このページには、2008年5月以降に書かれたブログ記事のうち歯科医師臨床研修カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは歯科医師臨床研修: 2008年4月です。

次のアーカイブは歯科医師臨床研修: 2008年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja