歯科医師臨床研修: 2008年4月アーカイブ

今年も春が来て、歯科検診のシーズンがスタートしました。
旭川市・林歯科医院は、市内の二つの小学校と一つの中学校の校医になっていますので、そちらの検診に出かけます。その他に、ここ数年は、ある施設にも頼まれて出かけていますが、今年は未定です。

昔の歯科検診は虫歯のチェックだけでしたが、今は、歯垢、歯茎の状態、歯並び、噛み合わせ、顎関節の状態も確認し、要観察、要受診のお知らせが届きます。

今日は、歯科検診第一弾として、小学校へ出かけました。
研修医のW先生、衛生士のKさんと3人です。
まず、Kさんに検査結果のメモをとってもらい、途中でW先生と筆記を交代しながら行いました。
最後の一クラスは、検診をしているところを後ろから見学してもらいました。

行き帰りの車中で、検診の意義や、今の小学生のお口の中の特徴などを話してきました。
虫歯は昔に比べて、ぐーっと少なくなっていますが、それでも何人かは「急いで歯医者さんに行ってね」という子がいます。
歯並びは、顎が小さくて並ばない子が増えたような気がしますが、矯正をしている子も増えました。

あと二回の検診にも研修医の先生に同行・見学をしてもらう予定です。

4/14 月曜日。
北大からの研修医の先生がやってきました。
W先生、男性。帯広出身です。

DSC02783.jpg

まずは、朝礼で自己紹介をしてもらいました。
早速、研修プログラムに沿って、模型実習と見学をスタートしました。
DSC02786.jpg
今年は、去年のプログラムを再検討し、早い時期から研修してもらういくつかのポイントを加えています。

16日水曜日には、新しい勤務医の金城先生が勤務開始です。
二人で一緒に相互実習してほしいプログラムをスタートしました。

DSC02802.jpgDSC02812.jpg

レントゲン撮影、読影、口腔内写真の撮影など。

DSC02806.jpgDSC02807.jpgDSC02808.jpg
写真の撮影では、スタッフから厳しいチェックが入っています。
来週は、二人で、歯周検査と歯石除去のトレーニングをします。

もちろん、少しずつ、実際の臨床研修も行っています。
DSC02813.jpgDSC02790_2.jpg

5月のはじめには、医療大から女性の研修医の先生、O先生がやってきて、二人体制の研修になります。
W先生とO先生は、偶然ですが、同じ帯広出身、高校の同窓生にあたるそうです。
今年の夏はにぎやかになりそうです。

このアーカイブについて

このページには、2008年4月以降に書かれたブログ記事のうち歯科医師臨床研修カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは歯科医師臨床研修: 2008年3月です。

次のアーカイブは歯科医師臨床研修: 2008年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja