歯科医師臨床研修: 2007年1月アーカイブ

今日は、今期の歯科医師研修・歯周外科実習第二回。そしてたぶん最終回です。

前回は、基本的な手技の練習でしたが、今回はもう少し応用編になる予定です。
今まで研修にいらした先生方も、この実習の後、自信を持って外科処置にあたれるようになってくれました。
大切な経験なので、有意義な時間にしてほしいと思います。

さあ、今日もがんばりましょう!
50をすぎたおじさんになった院長も頑張ってるんですから。

昨日は、歯周外科実習第一回目。
基本の歯周外科手技の確認と言う事で、基本的な縫合の方法、FLAP-OPEのトレーニングを2時間ほど行ないました。勤務医の橋本先生、研修医の水野先生、それぞれ真剣に取り組んでいます。

CIMG1686.jpgCIMG1687.jpg

橋本先生は
CIMG1690.jpg
水野先生は

CIMG1691.jpg

さて、差はあるでしょうか?クリックしてアップでどうぞ。

今日は、研修医の先生の4か月目に行なっている歯周外科の実習日です。
今日と来週の水曜日、二回にわたって、ブタの下顎を使った実習を行ないます。

過去の2名の研修医の先生方は、この実習の後、外科の技術が格段に進歩したように思われました。
今日も診療後の夜9時から、研修医の先生、勤務医の先生、そして院長の3名で12時くらいまでの居残り勉強会となりますが、明日の進歩を目指して頑張ってもらいたいと思います。

教える院長もがんばっているわけですよ!

このアーカイブについて

このページには、2007年1月以降に書かれたブログ記事のうち歯科医師臨床研修カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは歯科医師臨床研修: 2006年12月です。

次のアーカイブは歯科医師臨床研修: 2007年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja