2007の最近のブログ記事

今年度の臨床研修もこれでおしまい。
木曜日にさよなら会をしたのに、金曜日の午前中の診療も出てきて、昼休みの皆に声をかけてT先生は帰っていきました。昨日の夜、たまっていた厚生労働省のホームページへの症例入力も終了しました。

そして、このDVDも完成。今年の後半の研修の写真をムービーにしたものです。
ぎりぎりセーフで、金曜日に札幌へ帰る先生に渡す事ができました。

080324.jpg

土曜、日曜の診療後、そして今朝の朝礼でみんなと一緒に見ました。
「先生、がんばってたよねー」「きっと一人で見て泣いてるよ〜」
そんな事を言っているうちに、涙目になっているスタッフもいました。

4ヶ月間の長くて短い研修生活、T先生はもちろん、フォローしてくれたスタッフの皆、いろいろ教えてくれた米田先生、よく頑張ってくれました。

来年度もいい研修になるよう、現在、カリキュラムを見直し中です。
こんどは、6ヶ月と8ヶ月なので、今までよりもたくさんの事が盛り込めるかと思います。
私も院長も、がんばります。

今年度後期の臨床研修は、一昨日で終了しました。
昨日、祭日の夜で閑散とした旭川市の3・6街で、私たちと米田先生で、T先生を送る小さな送別会を行いました。

まずは、乾杯。
DSC02715.jpg

一度札幌に戻って大学の研修終了式に出席した後、就職先に移動する予定のT先生。
今日は、引っ越しの準備をすませて、午後はテレビで日本ハムの開幕戦を見ながら、極楽昼ビールを堪能したとの事。緊張の続いた研修生活を終えてほっとした表情です。

研修期間の様々な思い出を語り、これからの研修医にしてあげてほしいと思った事を教えてもらい、楽しい時間はあっという間にすぎました。

DSC02720.jpg

二軒目は、院長のごひいきフォークジャンボリーに移動して、マスターのライブです。
若い人を送る歌をという難しいリクエストに頭をひねりながら、いろんな歌を歌ってくれました。


今日は、T先生のお引っ越しの日。
明日からきっと寂しくなりますね。

2008年後半の研修も残り1週間。
今日の課題は、ブタ下顎を用いたインプラント植立。

今日の日曜診療は、院長,米田先生、研修医のT先生の3名で行いました。
すっかり臨床経験を詰んで、今や林歯科の大切な戦力と言っていいでしょう。こうなった頃、皆、帰っていくのですが。

診療後、まずは腹ごしらえ。
近くで美味しいと評判の回るお寿司屋さん、「ちょいす」へ出かけました。
DSC02628.jpg


それから、医院に戻って、マンツーマンでトレーニング開始です。
DSC02630.jpgDSC02631.jpgDSC02632.jpgDSC02634.jpg

フラップをしてから終了まで、2時間。
二人ともお疲れさまでした。

今月の研修の課題は、引き続きタイポドントと歯周外科。
歯周外科は一回目が終わり、もう一回はインプラントの体験をしてもらいたいと思っています。
タイポドントは現在この状態。

DSC02621.jpgDSC02622.jpg

道はまだまだ。で、研修終了まで、あと10日。間に合うか!?
頑張れ、T先生!!

2007年度の前半、林歯科で研修された北大の研修医S先生が、北大の大学院に進まれる事がわかりました。

日曜日、研修施設の説明会で来年度の研修医の先生方とお会いし、ふと思い立って、前半の研修医の二人にメールを出してみました。
すると、S先生からのお返事で、自分のなりたい歯科医師としての道が見つかった、大学院へ行きますというお返事が返ってきました。

研修に来ていた頃、先生はこのまま臨床の場に出るのか、大学院に進むのか悩んでいたようでした。
私たちは、自分がどんな歯科医師になりたいか、よく考えてご覧と言っていたものです。

歯科医師としての最初の半年を過ごした林歯科医院で「治療の手段は補綴のみではなく多様な可能性があることを学んだ」と言ってくれたのが、とてもうれしい事でした。今朝の朝礼でみんなに伝えたいと思います。

200803030703000.jpg
写真は朝の北大構内です。(08.3.3京王プラザより撮影)

旭川市・林歯科医院の3月の歯科医師臨床研修のテーマは矯正と歯周外科です。
2月に開始したタイポドントを終了までに仕上げる事と歯周外科は豚の下顎を使って縫合のトレーニングを行います。

昨日の日曜日、診療が終わってから、米田先生と研修医のT先生の二人で実習を行いました。
写真は、二人の研修風景です。

DSC02598.jpgDSC02599.jpgDSC02600.jpg
うーん、肩に力が入っていますね!

課題は、フラップオペ、GTR、歯肉弁移動術。写真はフラップです。
DSC02605.jpg

院長は?
撮影中です。

今日は、北海道医療大学の研修委員会。朝の10時からの会合のために、朝は6時に起きて8時のJRに乗りました。
今年度の研修の報告、来年度に向けての話し合いが活発にお子縄あれました。

午後からは、4月からの研修予定者を集めて、プログラム毎に研修協力施設の説明会が行われました。旭川市・林歯科医院は、今回は8ヶ月のプログラムに参加します。希望者21名のうち17名が参加し、25施設の説明が行われました。一番遠方は、大分から。福岡からも2カ所の施設が参加していました。

各歯科医院6分間。
医院の診療理念、設備、スタッフ、症例、研修の内容、それぞれ工夫をこらしたプレゼンテーションが行われ、研修医のみなさんより私たちの方が学ぶものが多かったように思います。

今年の歯科医師国家試験は二月に行われ、今月27日に発表が行われます。そして、4/1には研修開始と言う忙しいスケジュールです。研修プログラムに参加された皆さんが、合格されている事を祈って帰ってきました。

旭川市・林歯科の朝礼は、
連絡事項の確認、当日の予約状況と診療内容の確認、最後に毎日3人ちょっといい話をしてもらいます。
だいたい1〜2週間に一度は当たります。

今日のいい話は、研修医のT先生にも話してもらいました。
旭川でできた友達?の話です。

先生が、林歯科で研修を開始して、もうすぐ3ヶ月になります。
毎日、宿舎の技工所の2階から歩いて通勤しているのですが、林歯科の近くの家に犬がいて、最初は通るたびに吠えられていたそうです。

この犬をうちのスタッフは勝手に「ハナクロ」と呼んでいるそうですが、番犬として頑張っている犬な訳です。

ところが、二ヶ月をすぎたころから、ハナクロは、先生に向かって吠えなくなったそうです。
『お?なんか、覚えてもらったみたい?』
先生とハナクロの間にかすかな友情が芽生えました。

2,3日前の朝、先生が出勤してくると、玄関の前にハナクロが見えませんでした。
おや?と思って見ていると、勢い良くチェーンを引きずる音がしてハナクロが飛び出してきました。こちらを見ながら元気よく「Wa…」と吠えかけると、何か急に気まずそうな顔をして途中でやめ、先生が通り過ぎると家の方に戻っていくじゃらんじゃらんという小さな音がしていたそうです。

こうして、近所の犬にも覚えてもらい、スタッフとも気心が知れ、林歯科の診療にもなじんできた頃、そろそろ研修が終わってしまいます。
ちょっと寂しいですね。

旭川市林歯科医院の臨床研修。そろそろ、少し遅れ気味のタイポドント実習に力を入れます。

一人でタイポドントと向き合う孤独な時間。

DSC02580.jpg

がんばれ!この時間がきっと、これまでの知識と技術を結びつけて臨床力を向上させるはずです。

ワイヤーベンディングの課題もこのように提出されました。
DSC02582.jpgDSC02583.jpg

今日は、少し診療が早く終わったので、研修医のT先生と食事をしに出かけました。

場所は拓羅磨館の台所

tel0166-53-1199
住所 旭川市末広一条3-3-3
営業時間 月~金 18:00~03:00(L.O.02:00) 土 17:00~03:00(L.O.02:00) 日・祝 17:00~24:00(L.O.23:00)

無国籍料理の居酒屋で、ものすごい種類の創作料理があり、それぞれとてもおいしいので、私たちのお気に入りのお店です。私はコロナビール、T先生は生ジョッキ、そしてアルコールをあまり飲まなくなった院長は、ドライバー役としてウーロン茶で、乾杯。これまでの研修の話、これからの進路、地域医療のあるべき姿について熱く?語り合ったりしてみました。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち2007カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは2006です。

次のカテゴリは2008です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja