歯科医師臨床研修: 2005年11月アーカイブ

現在林歯科医院の勤務医の先生は医院駐車場の車庫の上にあります。皆は、小屋と呼んでいます。失礼ですよね。

Dr.ルームは二つの部分にわかれ、片方は共有部分でDVDや共有のパソコン、冷蔵庫、テーブルを配置し食事や勉強会をするスペース、もう一方は各人のデスク、本棚などを置いた勉強部屋のような物です。現在は、このスペースを常勤歯科医師2名、研修医1名で使用しています。

今日、勤務医の先生に聞いた話では、ここで食事をしながら症例についてディスカッションをする事もあるようです。今度から私たちも時々はここで仲間に入れてもらって一緒に食事をするようにしようかと話し合っています。

051201-1.jpg 051201-2.jpg 051201-3.jpg

旭川市末広で林歯科医院が開業して16年が過ぎました。

開業以来、新しい事には敏感に反応し、できるかぎり時代に取り残される事の無いよう、最新の診療体制を整えてきたつもりです。

さて、先月の初めから林歯科医院の診療チームに北海道医療大学から研修医の先生が加わりました。先生には、毎日林歯科医院で診療研修した内容を報告していただいています。この報告を通して若い先生の目で見た林歯科医院を知る事は、大変面白く、思った以上に刺激になる事でした。

昨日は、先生に前歯の白い冠の、白い部分の破損を直してもらいました。この冠は、金属が内側にあり外側に白い樹脂がついているタイプのものでした。このような場合、林歯科医院では、サンメディカルという会社の製品で金属の処理をして白い樹脂を上に乗せて行きます。

これまで、この材料をずっと使ってきましたので、とりたてて使いにくいと思った事はなかったのですが、初めて使った研修医の先生は、大学で使用している材料に比べて不自由があると思ったようです。その事が気になったのか、新しい材料についての提案が昨日の報告書に記載されていました。

早速、今朝一番にいつもいらっしゃる歯科材料店の営業の方にお願いして、今一番使いやすいと思われる材料を取り寄せてもらう事にしました。

こうして、外からの目で林歯科医院を見直すと慣れていて取り立てて不自由のない事であっても、もしかしたらもっといい方法があるのかもしれないと気づかされます。いつも一番新しい林歯科医院でありたいと思います。

研修医の先生には、これからの時代では絶対必要になると私たちが考えている顕微鏡下での診療を研修していただいています。

今まで体験したことのない治療器具なので、まず模型実習を行っていただきました。
051109_4.jpg051109_5.jpg

昨日からは、実際の診療でも利用していますが見える世界が違ってくるのではないかと思います。
051109_7.jpg051109_8.jpg

これまで研修医の先生を受け入れた事が無かったので、研修医にとっても私たちにとっても全てが初めての体験です。

さて、一昨日ようやくこのマネキンがセットできました。

051109.jpg

これは歯科の治療用ユニットに設置して診療の実習をするための器具です。このマネキンの歯を使って歯を削る練習をするのですが、この時隣の歯にあたらないようにするために、削る歯の隣の歯の側面を黒マジックで塗ってあります。
051109_2.jpg

ちょっとでも隣の歯にあたると、黒マジックの面に傷がつくと言う緊張の実習ですが、昨日一段落しました。昨日からはまた、別の実習を行なっていただいています。

このアーカイブについて

このページには、2005年11月以降に書かれたブログ記事のうち歯科医師臨床研修カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは歯科医師臨床研修: 2005年10月です。

次のアーカイブは歯科医師臨床研修: 2005年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja