2005の最近のブログ記事

今日を持ちまして、北海道医療大からの研修医の先生の4ヶ月の研修を終了いたしました。
スタッフの皆とも仲良くなり、名残惜しいお別れでした。

来週から2ヶ月、医療大での研修を行ない、終了後は医療大に籍を置いて研鑽を積まれる予定との事です。旭川にご実家があるので、また、何かの機会に遊びにきて頂ければ、皆も喜ぶと思います。お待ちしています。

早いもので、今週で研修医の先生が林歯科医院での研修を終了されます。
スタッフにもすぐなじみ、忘年会などの会合にも参加されていましたので、終了後は皆さびしくなることでしょう。

私たちが、研修医の先生を受け入れたのは初めての経験でしたが、今回の研修を通じて若い先生を育てるためのある程度の枠組みを作る事ができたのではないかと思います。
来年度からも、この研修制度を通じて、新たな歯科医師の育成に貢献できればと思います。

また、このような研修を行なう事で、自分たちの診療システムを見直す事ができました。これを元に、さらによい診療システムを築く事ができるように努力していきたいと思います。

早いもので、旭川・林歯科医院に、医療大から研修医の先生が見えてまもなく4ヶ月が過ぎます。あと、5日間の研修で、林歯科医院での研修は終了です。

林歯科医院の診療内容の見学から始まり、模型実習、院長の補助、歯周外科実習などを経て、現在は院長の簡単なチェックの元で主体的に診療に携わるレベルになりました。本人の早く一人前になりたいという気持ちが強く、手技の成長には目覚ましいものがありました。

これからは、本人もレポートに書いていたように、

手技的な部分以外にも大事なところがたくさんあるということを学びました。
手技的各論も大事ですが、総論的なことを、研修医という期間中にもっと学びたいと思います。

総合的に歯科医師としてのあるべき姿を考え、成長して行ってほしいと期待しています。

研修期間も残り1週間。来週の木曜日で医療大からの研修医の先生の4週間の研修は終了します。昨日、1月24日は、院長の友人の「かむい歯科診療所」にお願いし、研修医の診療の見学をさせて頂きました。

先週のあいファミリー歯科に続き、このような研修をお願いするのは、研修医の先生に様々な形態の開業歯科診療所と開業歯科医の見学をする事で、これからの歯科医師としての人生の指針を得るきっかけをつかんでほしいと思うからです。

林歯科の診療室での研修を終えた後、家に帰ってレポートを書くのは、大変な事ではありますが、そのようにして経験した事を自分で文章にしておく事は大きな財産になります。この経験を大切にして、来月からの医療大での研修に戻って頂きたいと思います。

先週のあいファミリー歯科見学のレポートが、研修医の先生から提出されました。

林歯科医院の治療への取り組み方、患者さんとの話し合い方との違いをたくさん感じてきてくれた様子です。レポートの内容を少し抜粋して掲載させて頂きます。

診療する際に、切削を行ったり、麻酔を行うなど、患者さんに負担を強いるような診療行為の際に水野先生は必ず「我慢する必要はありません。」と必ずおしゃってました。 本来あるべき医療行為はそれを受ける患者さんの精神的、経済的負担は限りなく少なくあるべきで、今までの自分はそうでなかったのではと気づかされました。 この、我慢する必要はありませんという、何気ない一言には医療の原点があるのではないかと思い、自分の診療にもできるだけ積極的に取り入れて行きたい言葉でした。
今自分は研修医として、様々なことを学んでいますが、割と手技的なことに重点をおいてしまいがちで、今回水野先生の病院、治療を見学させていただいて、手技的な部分以外にも大事なところがたくさんあるということを学びました。 手技的各論も大事ですが、総論的なことを、研修医という期間中にもっと学びたいと思います。 この度は、見学させていただき誠にありがとうございました。

水野先生、今回は豊かな経験をさせてくださってありがとうございました。

昨日は、友人のあいファミリー歯科・院長水野先生にお願いして、研修医の医院見学を実現しました。

今年度の北海道医療大学の歯科医師研修のシステムでは、大学病院で8ヶ月、協力歯科医院で4ヶ月の研修を行なうのですが、一つの医院だけでは開業歯科医院の姿をつかむ事はできないであろうと考え、今回のあいファミリー歯科見学、来週もう一軒友人の歯科医院見学をお願いする事にしました。

今朝、報告を聞いたところでは、林歯科医院とは様々な違いがある事を感じたようです。

近日中に、レポートを提出してもらい、あいファミリー歯科にも転送する予定で考えています。

2005年の診療もあと二日となりました。
こんな年の瀬にと思われるかもしれませんが、今日は旭川・林歯科の院内勉強会、今年二回目の歯周外科実習です。

今日は有茎被弁側方移動術、フラップオペ、歯肉移植術の実習をを6-0という細い糸を使い歯周形成外科のような手法で行ないました。通常使用している4-0に比べ2段階細い糸です。実習に使うブタ下顎は冷凍保存しているのですが、室温が低かったためか今回は解凍が十分ではなく、少し難儀しました。
051227.jpgご覧のように、準備は結構大変です。

研修医の先生は今日が二回目の実習でしたが、前回に比べ明らかな上達が見られ頼もしい事でした。

年末も近いこの時期、診療後の夜9時過ぎから勉強会をやっている先生方の熱意はすばらしいと思います。







12/20は夜間診療終了後、9:00過ぎから、研修医の先生と今年第一回の歯周外科勉強会を行いました。3回程度のステップで豚の下顎を使った実習を行ないます。石井先生、木村先生は二人で時間を合わせて別の日に行なうとの事です。

現在林歯科医院の勤務医の先生は医院駐車場の車庫の上にあります。皆は、小屋と呼んでいます。失礼ですよね。

Dr.ルームは二つの部分にわかれ、片方は共有部分でDVDや共有のパソコン、冷蔵庫、テーブルを配置し食事や勉強会をするスペース、もう一方は各人のデスク、本棚などを置いた勉強部屋のような物です。現在は、このスペースを常勤歯科医師2名、研修医1名で使用しています。

今日、勤務医の先生に聞いた話では、ここで食事をしながら症例についてディスカッションをする事もあるようです。今度から私たちも時々はここで仲間に入れてもらって一緒に食事をするようにしようかと話し合っています。

051201-1.jpg 051201-2.jpg 051201-3.jpg

旭川市末広で林歯科医院が開業して16年が過ぎました。

開業以来、新しい事には敏感に反応し、できるかぎり時代に取り残される事の無いよう、最新の診療体制を整えてきたつもりです。

さて、先月の初めから林歯科医院の診療チームに北海道医療大学から研修医の先生が加わりました。先生には、毎日林歯科医院で診療研修した内容を報告していただいています。この報告を通して若い先生の目で見た林歯科医院を知る事は、大変面白く、思った以上に刺激になる事でした。

昨日は、先生に前歯の白い冠の、白い部分の破損を直してもらいました。この冠は、金属が内側にあり外側に白い樹脂がついているタイプのものでした。このような場合、林歯科医院では、サンメディカルという会社の製品で金属の処理をして白い樹脂を上に乗せて行きます。

これまで、この材料をずっと使ってきましたので、とりたてて使いにくいと思った事はなかったのですが、初めて使った研修医の先生は、大学で使用している材料に比べて不自由があると思ったようです。その事が気になったのか、新しい材料についての提案が昨日の報告書に記載されていました。

早速、今朝一番にいつもいらっしゃる歯科材料店の営業の方にお願いして、今一番使いやすいと思われる材料を取り寄せてもらう事にしました。

こうして、外からの目で林歯科医院を見直すと慣れていて取り立てて不自由のない事であっても、もしかしたらもっといい方法があるのかもしれないと気づかされます。いつも一番新しい林歯科医院でありたいと思います。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち2005カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは2006です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja