根の治療: 2009年8月アーカイブ

神経の治療の後、時々聞かれる事があります。
「冠を被せないといけませんか?」

打撲が原因で神経が壊死したけれど虫歯が無かった方や、
本当に小さな入り口の虫歯が神経に達していた時には、
根の治療を行った後を合成樹脂で埋める事もあります。

けれども、少なくとも保険診療の範囲で行うには、
土台をたてて冠を被せた方が安心
です。

林歯科医院ではそのようにご説明しています。

このシートは、神経の処置後、土台を入れたまま冠を被せずにいた方の
歯が破折してしまった状態を記録したものです。
このような事を防ぐためにも、冠を被せた方がいいでしょう。
画像はクリックして拡大でご覧いただけます。

090805.jpg
↑クリック

このアーカイブについて

このページには、2009年8月以降に書かれたブログ記事のうち根の治療カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは根の治療: 2008年10月です。

次のアーカイブは根の治療: 2009年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja