咬合療法: 2010年9月アーカイブ

旭川市林歯科医院で、2010年6月に顎運動解析装置キャディアックス(ドイツ・ガンマ社製)を導入してから、3ヶ月が過ぎました。

現在は、週に3,4名の患者さんの顎運動の計測を行っています。

DSC00171.jpg

林歯科では、このような新たな機材・新たな治療手法を導入する場合には、一人の担当者を決めて集中的に習熟度を上げてもらう方針をとっています。このような方式で行う事で、飛躍的に個人の技術が向上し、その人が周りの人の教育を行う事で医院全体の技術向上を進める事が可能になりました。

経験量が質を決定するとでもいうのか、担当者の術式の洗練やトラブルシューティングの蓄積が起こり、以前の全員が同じように均一に取り組んでいた時分より導入スピードが上がったように思っています。

このアーカイブについて

このページには、2010年9月以降に書かれたブログ記事のうち咬合療法カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは咬合療法: 2010年8月です。

次のアーカイブは咬合療法: 2010年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja