咬合療法: 2010年4月アーカイブ

今年も、旭川市林歯科医院は、旭川歯科学院の衛生士科の生徒さんの臨床実習を受け入れています。

今日実習で気づいたこと、わからなかったことは、翌日までにレポートにまとめて提出することになっているのですが、今日のレポートに興味深いところがあったので残しておこうと思います。
DSC09588.jpg
この実習生は、顎関節症に悩んで何箇所の歯科医院を受診したようですが、どうも思わしくなかった様子です。林歯科の顎関節症治療のシステムの綿密さ、特に噛み合わせを調べるためにシリコン樹脂を利用していることに感動してもらったようです。
また、症状に応じて二種類のマウスピースを使い分けていることにも関心を持ったようです。

顎関節症に悩んでいくつかの診療機関で相談された方でないとわからないことかもしれませんが、林歯科医院では独自の診療システムで顎関節の不調和を詳細に調べた上で治療を開始しています。非常にデリケートで治療が難しい症状だからです。
私たちのシステムであれば、誰でも必ず治すとは申しませんが、今わかる限り、今できる限りの最善を尽くして治療にあたっています。

どうぞ、ご気軽にご相談ください。

このアーカイブについて

このページには、2010年4月以降に書かれたブログ記事のうち咬合療法カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは咬合療法: 2010年3月です。

次のアーカイブは咬合療法: 2010年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja