咬合療法: 2009年2月アーカイブ

林歯科医院は、一般歯科を主に行う歯科医院で矯正専門医院ではありませんが、院長が大学卒業後北海道大学矯正歯科で研鑽を積んで来た事もあり、矯正患者さんの多い歯科医院です。

「今、どのくらい矯正治療で通院している患者さんがいるか、ちょっと調べてみて」
と、今朝、院長に言われました。
現在、林歯科医院の予約システムはweb上で管理していますので、少し時間をかければ受付のスタッフの手をわずらわせずに調べる事ができます。
そこで、とりあえず、これから1週間の予約数を確認してみました。

090212.png日曜日は院長がお休みするので、6日間の診療日で考えると、ちょうど一日12人の矯正患者さんと2人の咬合治療の患者さんが通院されています。
咬合治療の患者さんは矯正ではなく、顎関節症等のトラブルに咬み合わせの調整で対応している方を集計しています。

ここ数年、院長が咬み合わせの治療について集中的に勉強し、筋電計、顎運動分析装置、咬合圧測定器、重心動揺計といった必要な専門の検査機器も充実させ、これまで以上に専門性の高い診療体制が整って来ました。



安心して、歯並びのトラブルについてご相談できる歯科医院と言えると自負しています。
歯並びが悪い、顎が痛い、口が開けづらいといったお悩みがありましたら、どうぞ院長にご相談下さい。



このアーカイブについて

このページには、2009年2月以降に書かれたブログ記事のうち咬合療法カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは咬合療法: 2009年1月です。

次のアーカイブは咬合療法: 2009年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja