咬合療法: 2008年8月アーカイブ

虫歯の治療をした事がある人の多くは、歯の型をとったことがあるのではないでしょうか?

銀歯などを作るときには、歯を削った後、歯型を取り、噛み合わせをチェックするためにワックスなどを咬んでもらいます。林歯科でも小さな虫歯の銀歯には、このワックスで噛み合わせをチェックしています。

でも、噛み合わせの治療が必要な人の場合に使っているのは、これです。
DSC04237.jpgこの、ガンのようなもの。リアルバイトといいます。
この先に左下に写っているディスポーザルのミキシングチップをつけて

歯の噛み合わせをとります。

DSC04233.jpgはずすと、こんな感じです。
DSC04234.jpg保険診療で使うのには、実は高価な材料なのですが、院長の納得のいく治療のためにかかせないものです。



このアーカイブについて

このページには、2008年8月以降に書かれたブログ記事のうち咬合療法カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは咬合療法: 2008年7月です。

次のアーカイブは咬合療法: 2008年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja