矯正治療の最近のブログ記事

毎回大好評をいただいている1月17日(日曜日)開催の無料歯科矯正セミナー、今回も限定15名で募集しましたが、告知後1週間で満員となりました。
このセミナーは年に3回、春休み・夏休み・冬休みの期間中をメドに開催しています。
対象は6歳以上の歯並びが気になる方ならどなたでも参加いただけます。

2016.1.5林歯科様矯正セミナー.jpg
このすっかり恒例のセミナー、いつもライナー告知と同時に朝の受付開始すぐに予約電話をいただくほどの好評さ。
開催する側も、やりがいを感じています。

個別にお受けする症例相談も、時間をオーバーするほど熱心なご質問をいただきます。

次回の矯正セミナーは、4月3日(日曜日)午前10時からを予定しています。

ご自身やお身内、お知り合いで歯並びで悩んでいる方がいらっしゃれば、どうぞ次回参加なさってください。

1月18日(日曜日)午前10時から開催の「冬休み矯正セミナー」、残席わずかとなりました。

いつもは15才の方までを対象としていましたが、毎回大人の方からの問い合わせも多数いただき、今回は年齢問わずのセミナーと相談会です。

林歯科様12-26号.jpg
すっかり催しも定着し、告知と同時に定員近いお申し込みをいただき、お役に立てて光栄です。
ライナーとニュースレター・ブログで開催告知をしていますが、より広く認知いただけるようのぼり旗も作製してみました。

CIMG7898.JPG
春休みにも同様のセミナー・相談会を予定しています。
ご自身やお知り合いでご希望の方がいらっしゃいましたら、チェックをお忘れなく。
11月20日(木曜日)クリアアライナー技工トレーニングのため、東京からロッキーマウンテンモリタ社の山口さんにお越しいただき、技工術式のトレーニングを行いました。

img025[1]-horz.jpg
クリアアライナーとは、歯に固定式の装置を装着する従来法とは違い、着脱可能なマウスピース(アライナー)を用いる矯正システムです。

セットアップモデルを用いて1歯ずつ移動量を計測し、段階的に作製されたスプリントを装着することによって歯牙を徐々にふさわしい位置へ移動していきます。

CIMG7782-horz.jpg
担当技工士が、先日東京で行われた2日間のセミナーに参加しましたが、1回のセミナーだけではなかなか習得は難しく、出張依頼をお願いしたところ快くお引き受けいただき、より確実な技工術式確立のためトレーニングを積みました。

CIMG7786-horz.jpg
マンツーマンでトレーニングいただいたので、疑問点も全て解決し技術的にも不安はなくなったとの事、おいでいただいた甲斐がありました。

翌日は大阪セミナーのため移動とのこと、ご多忙の中本当にお世話になり、ありがとうございました。
矯正相談をしていて、「歯並びの治療は、いつからスタートしたらいいでしょうか?」と質問されることが多々あります。

院長・田幡・正満-horz.jpg
  院長 林 俊輔 (歯学博士)           田幡 千尋(歯学博士)           正満 健斗

小さいときにスタートすると、一番早く治療を始めるタイミングは、3歳半くらいの少しお話がわかるようになって、取り外し式の装置が使えるようになる頃です。
小学校入学前の小さいお子さんの場合、今後の萌出によって本格的な矯正に進まなくても良い場合もあります。

小学生のときにスタートすると、学校検診では歯の噛み合わせと歯並びの検診も行われています。
その人によってベストの時期は違いますが、小学校低学年で一度小児歯科や矯正歯科に詳しい歯科医師に診てもらうことが一番いいと考えます。
この時期になると、本人が理解して治療に協力してもらうことが可能です。
また、成長期の適応力を借りて歯並びを作っていくことができる一番いいところでしょう。

 
矯正1-horz.jpg
 当院にて、院長治療の患者さんです。    ここまで治ります。   

大人になってスタートすると、本人の意思でスタートするので治療そのものがスムーズに進みますし、治療期間内に虫歯になることも少なくなります。
装置が目立つのが気になるときは、裏側から治す方法もあります。

lbk04.jpg
今後シリーズで歯並びの疑問についてお知らせします。
ご質問をお寄せください。
先日より勤務を開始した小口先生が、矯正治療に取り組んでいます。

DSC06936.JPG

院長の林俊輔は、今年で歯科矯正治療歴30年を迎えます。月間500名弱の患者さんを治療していますので、矯正修行には打ってつけ、さまざまな症例を経験できるのです。

また矯正装置の作成は、技工士学校卒業後15年に亘り院長がしっかり教え込んだ矯正技工専門のスペシャリストが作成しています。治療にとどまらずこうした流れを間近で見られることもレベルアップの近道です。

今までは1階の診療室で矯正治療を行っていましたが、矯正患者さんの増加で一般診療患者さんの枠を取ることが困難になってきたので、初夏に向けて2階に矯正ブースを開設すべく準備を開始しています。
先日さしあたってユニット(診療用の椅子)を5台購入契約し、院長の医院移転の際の目標がまたひとつ実現に向かっています。

恒例となっている「冬休みこども矯正セミナー」を1月12日に開催しました。
昨年の12月中旬にご案内を開始したところ、すぐに15名の定員が満席となりました。
林歯科では春休み・夏休み・冬休みと、こどもさんの長期休暇に合わせて矯正セミナーを行っていますので、「開催告知を待っていました」と言って申し込んでいただける方もいらしゃるほど広く定着して来たのを感じています。
セミナーではいろいろなタイプのかみ合わせのことを、自院で治療したたくさんの症例を元に、画像を駆使してわかりやすく説明しています。

CIMG6847.JPG
いろいろなかみ合わせの初診と治療後をお見せしているうちに、親御さんたちはご自身のお子さんの症例を理解し、毎回食い入るようにセミナーを受講いただいています。
セミナー終了後は個別相談の時間を設け、相談なさるお子さんの口腔内写真を撮影し、今年で矯正治療歴30年の院長林俊輔が、治療の開始時期から疑問や不安に思われていることにズバリお答えしています。

CIMG6848.JPG
帰りにいただくアンケートには、「わかりやすかった」・「治療方法がわかって安心して治療を開始できる」等々、お役に立てていることを実感しています。
次回は春休みに開催いたしますので、ご自身のお子さんはもちろん、お知り合いで心配されている方がいらしたら、林歯科受付0166-57-6655まで電話にてお問い合わせください。先行予約をさせていただき、開催決定日をご連絡いたします。
水の杜は院長が担当しているブースです。
午前はタービン(歯牙を切削するみなさんが嫌いなキーンと痛々しい音がするあれです)の音や治療を説明する声で、慌しく過ぎて行きます。
午後も待合室はいっぱいなのに、水の杜だけはなぜか午前と打って変わって静かに治療が行われています。
そのわけは・・・、学校が終わった患者さんの矯正治療がメインになるからなのです。

矯正ブログ.jpg

院長は今年で矯正歯科治療歴30年、月間500名弱のこどもから成人の方を矯正治療しています。

矯正セミナー26.1.12.JPG
以前ブログでご案内した矯正セミナーも、現在満員御礼となっています。この恒例になっているセミナーは、いつも人気ですぐに定員に達します。
このあとご相談の予約電話をいただいた方は、平日に診療スケジュールを調整しお受けいたしますので、受付までお電話にてお問い合わせください。




1/20冬休みこども矯正セミナーの開催に際し、定員15名のところ、多数の方にご参加希望のご連絡をいただきました。キャンセル待ちの方がたくさんいらしたため、急遽、院長の休日である1/27日曜日に追加開催を決定しました。

現在、15名定員のところ、既に10名のご予約が埋まり、残り5名となっています。
ご希望の方は、林歯科受付にお電話にてご連絡ください。矯正セミナーはネットでのご予約はお受けいたしておりませんのでご了承ください。
林歯科受付
0166-57-6655


矯正セミナーでは、一般的な矯正治療の「相談・検査・診断・治療計画の提示・治療」のプロセスを説明すると同時に、出来るだけたくさんの症例の治療経過をご覧いただく事で、お子さんと「同じような症例」がどのようにして治るかを見つけていただけるように配慮しています。


また、個別相談では、「矯正治療が必要かどうか」「始めるとしたら何時がベストか」「具体的にどのような治療方法になる事が予測されるか」を、お子さんのお口の中の写真を保護者の方と見ながら説明しています。


1/20 日曜日。お子さんの歯並びの治療に関するセミナーを開催し、その後、ご希望の方にお一人10分程度の個別相談を行いました。全員が個別相談を希望されたため、最後の方はかなりお待ち時間がかかりましたことをお詫びいたします。

本日、セミナーのアンケートが上がってきましたので、次回開催の参考にするために拝見いたしました。

130122.jpg
セミナーでは、たくさんの症例をご覧いただく事で、お子さんと「同じような症例」がどのように治療されるかが具体的にわかるため、「よくわかった」というご感想をいただく事が多いように思います。

また、「矯正治療が必要かどうかわからない」と言う方には、個別相談を受けていただく事で、「出来るだけ早く治療された方がいい」「もう少し年齢が高くなってからスタートした方がいい」「生理的な状態である可能性があるので経過観察をした方がいい」といったアドバイスを差し上げています。

矯正治療を受けた事があるご両親は少ないため、いろいろ心配に思われている事が多いと思います。少しでも不安の解消になるように、アンケートの結果を見ながら次回、次の日曜までにスライドのブラッシュアップを計りたいと思います。

旭川市林歯科医院では、学校の長期休暇に合わせて小中学生対象の矯正セミナーを行っています。このセミナーでは、矯正治療について1時間ほどかけて、そのプロセス、必要な期間と費用、ベストのスタート時期をお伝えし、ご希望の方には個別相談を行います。

・子ども矯正セミナーの内容→クリック

これとは別に、通常の診療時間にも矯正相談をお受けしています。

どちらを受けたらいいのでしょうか?と質問を受ける事がありますので、違いを簡単にご説明します。

*治療が必要かどうかよくわからないとき
周りに矯正治療を受けた人がいない、学校検診で歯並びについて指摘を受けたが治した方がいいかどうか分からない。そういうときはセミナー受講をお勧めします。できればご両親が一緒に参加され、お子さんの歯並びの状態を良く知った上で、治療をした方がいいのかどうか、そしていつスタートするのがベストかを確認して、治療を受けるかどうかを決めてください。
検査の予約はセミナー当日にもおとりできます。

*早く治療を受けたいとき
家族で矯正治療を受けた人がいる、進学時期までに治療を終えておきたい、などの理由でできるだけ早くスタートしたい人は、直接診療室での矯正相談予約をお取りください。20分程度の説明の後、希望される方にはその場で検査を行います。
急ぐ場合には最短1週間後に診断・装置の用意に入れます。

矯正の必要性に合わせて、セミナーを受講されるか、矯正相談を受けられるか、選択なさってください。
いずれのご予約も、0166-57-6655 林歯科受付までお電話ください。




このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち矯正治療カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは根の治療です。

次のカテゴリは訪問診療です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja