新機材導入: 2012年3月アーカイブ

インプラント治療の後の骨の治癒を促進し、早くインプラントがつくようにするためにと、オステオトロンという機械を導入しました。

120328.jpg

これは、日本の伊藤超短波という会社が作っている機械です。

整形外科などで骨の治療を促進する目的で使われており、日韓ワールドカップ直前に骨折したベッカムがこの種の機械で2週間で治癒したと言われています。(オリジナルのソースが見つかりませんが、「ベッカム 骨折 超短波」で検索するとたくさんヒットしました)

林歯科では、併設の木の実デンタルクリニックでインプラント手術を受けた方の治癒促進のために貸出する事を考えています。全員に貸し出すほどの機材は用意できませんでしたので、よりシビアなケースの方にご提案する事になると思います。

これからも、よりよい歯科医療の提供のために新しい機材、新しい治療方法を積極的に導入して行きたいと思います。

このアーカイブについて

このページには、2012年3月以降に書かれたブログ記事のうち新機材導入カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは新機材導入: 2012年2月です。

次のアーカイブは新機材導入: 2012年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja