新機材導入: 2011年6月アーカイブ

日曜日
北海道医療大学の札幌サテライト(アスティ45ビル)研修委員会に参加してから医院にもどると、診療を終えた院長と院長のインプラントチーム3名で新しく導入したインプラント用の機材の箱を開けて勉強中でした。

110613.jpg

これは、インプラントを植立するための機械で、以前あったものが古くなったのを買い替えたものです。基本的には同じ用途の機械なのですが、実際に使う前に違いを調べておくために、皆で取扱説明書を見ながら機械を動かし、話し合っていました。

日曜診療の後にこうして時間を取って話し合ってくれるスタッフに林歯科は支えられているのだとしみじみありがたく思いました。
先週、院長の診療終了後、株式会社白鵬の担当の方にいらしていただき、ハイドロオキシアパタイトコーティングのインプラントの説明を受けました。

このインプラントは、患部の状態があまりよくないときも、インプラントの定着が良いと言う特徴があるとの事で、今回、旭川市・林歯科でも導入する事を決めました。

新しい機材を導入すると、術式や細かい機材の違いをアシスタントする人にも覚えてもらわなければなりません。
今日は、院長のインプラントチームの3人が勤務時間外に集まって、担当営業の方のご説明を受けました。

DSC03114.jpg
次々、新しい技術や材料を導入するためには、歯科医師の研鑽も必要ですが、こうして見えないところでも努力を続けてくれるスタッフの皆に支えられてこそだと思いました。

このアーカイブについて

このページには、2011年6月以降に書かれたブログ記事のうち新機材導入カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは新機材導入: 2011年5月です。

次のアーカイブは新機材導入: 2011年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja