新機材導入: 2010年6月アーカイブ

院長の今年の臨床レベル向上の目標は「神奈川歯科大学のポストグラデュエイトコースに通い、学んだ事を林歯科医院の臨床に導入する」ことです。

今日は、技工士のSさんに、まず頭部規格レントゲン写真セファログラムのトレースをしてもらい、それに合わせて咬合器に模型をつけてもらいました。

100625.jpg
骨格の状態を咬合器に再現し、それを使って「仮歯」を作ってもらいます。

これは、高度なテクニックで時間もかかりますが、現在は保険診療の一部として行っています。ただし、保険にはこの治療のための算定項目がありません。

レントゲンの料金や咬合器を使用する分析の費用を別途実費でいただくと、残念ながら「混合診療」と見なされます。それでも必要な方のために、この治療は、現状では林歯科医院の持ち出しで無料で行っています。

旭川市・林歯科医院では、院長から始まり現在は勤務医全員が「拡大鏡」を使用しています。


DSC09903.jpg
「私は老眼じゃないし、近眼だから(いらない)」と言っていた私も、上の写真の通り、現在は2.5倍拡大鏡は手放せません。院長の愛用品は4.0倍と6.0倍の二つです。歯科用顕微鏡は25倍まで拡大可能です。

下の写真は、現在利用中の拡大鏡と歯科用顕微鏡です。

100622.jpg
拡大すると、その分焦点深度が浅くなる、術野が狭く感じる、周りが見えない、画像酔いする、といった欠点がありますが、それを乗り越えても拡大してみる事でこれまで見ないで済ませていた事に気がつきます。

林歯科医院では、全ての歯科医師がこの視野で診療するスタイルを目指しています。そのぶん診療時間が多少延長する場合もあることをご理解ください。
昨日に引き続き、今日もキャディアックスの導入準備です。

午前中は、手があいたものが2階に上がって、使用方法のレクチャーを受けました。

DSC09863.jpg
昨日の説明会に参加できなかった院長・金城先生、北大のW先生のために昼休みをつぶして説明会を開いてもらいました。

100619.jpg
昨日は北大からの研修医のH先生、今日は医療大の研修医のE先生に被検者になってもらって、資料をとり、今日の夜の勉強会は、この資料の分析も行います。

早く、資料採得や分析手法に習熟し、患者さんに還元できるようにがんばりたいと思います。

林歯科医院は、「矯正歯科治療」や噛み合わせの調整を行う「咬合療法」に力を入れている歯科医院です。歯並びを整える矯正歯科においても、単なる審美性ではなく、機能する噛み合わせを実現する事を目標と考えています。

そのために、これまでにも、ナソヘキサ・オクルーザー・グラビコーダーなどの測定用の機材の導入を積極的におこなってきました。

さらに、今回、1月から院長が受講している神奈川歯科大学矯正歯科のポストグラデュエートコースで用いられている「キャディアックス」という装置の導入を行う事になりました。

今日は、夕方からの診療を浦田先生に休んでもらい、研修医2名、技工士も参加して、白水貿易社の方に機材の設置と使用方法の説明を受けました。

100618.jpg
ドイツのガンマ社の製品で、説明が全てドイツ語というのが、ちょっとしたハードルになっていることがわかりました。

DSC09843.jpg
左の写真が、計測中の様子です。

本当は、水柿先生と北大からの来てもらっているW先生にも参加してもらう予定でしたが、水柿先生は風邪、W先生は北大での所要のため参加できなくなり残念なことでした。

明日も午前中引き続き導入のための準備を行います。


現在、林歯科医院では、これまでの本格的なホワイトニングシステムに加えて、
ホワイトニング体験コース、「プチホワイトニング」を導入予定です。

院内で短時間の処置でホワイトニングを行い、その場ですぐ白くなりますが、
残念ながら、本格的なホワイトニングに比べて後戻りが早いと言う短所があります。

ホワイトニングチームのチーフのTさんを始め、スタッフがトレーニングと
モニタリングを行い、間もなく臨床への応用を開始します。
当初は、

無料モニターを募集します

このシステムの導入に際して、ホワイトニングの効果を客観的に評価するための
測定機器、松風シェードアップナビを購入して準備を整えています。


1.jpg

SHOFO SHADE UP Navi


ご自身の歯の色が少し黄色いかもしれないとお悩みの方、
測定は無料ですから、どうぞ御気軽に担当スタッフ、受付にご相談下さい。




待合室の片隅に、置いてあるこのポスターをご覧になった事はおありでしょうか?

DSC09761.jpg
ISO15883に準拠したMieleの洗浄・消毒システムを導入したというご案内です。

DSC09762.jpg

林歯科医院は、よりよい歯科医療の提供のために、新しい機材・システムを導入し、毎日あたらしい歯科医院を目指しています。
5月の中頃、突然「歯科医院見学ツアー」に出かけた院長。
見学だけでは帰ってきませんでした。

東京にいる娘と一緒に夕飯をとるついでに、東京駅周辺をぶらぶらして見つけてきたもののパンフレットを二枚もって帰ってきました。



旭川ではどこで売っているのかわからないので、インターネットを使って取り寄せました。

エレファン。思ったようにはなかなかスポンジボールがふわふわ浮きません。

DSC09765.jpg
こちらが、ダイソン エアマルチプライアー
DSC09760.jpg
どちらも羽が無いけど風を流してくれる扇風機??です。
とくに、マルチエアプライアーは不思議な感じです。
待合室でご覧になってください。

待合室に設置しましたので、ご覧になってみてください。

このアーカイブについて

このページには、2010年6月以降に書かれたブログ記事のうち新機材導入カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは新機材導入: 2010年5月です。

次のアーカイブは新機材導入: 2010年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja