新機材導入: 2009年12月アーカイブ

去年、歯科関連雑誌で見てから、ほしい!と思っていた術者視線で治療経過を見る事ができるモニター。院長が治療するとき、どのように見ているか、どのように手を動かしているか、研修医にもしっかり見てもらいたい。そのためです。

その後、これらのモニターで撮影した画像の研修用DVDが発表され、益々欲しい気持ちが募っていました。

そして、今日!
院長のブレーンのNさんに頼んで、なんと!自作してしまいました。

DSC08768.jpgDSC08766.jpg


左がオリジナル、右が改造後です。
下の写真では、改造した拡大鏡で模型を見ているところです。

DSC08761.jpgコンピュータのモニター上では、こんな風に映ります。
DSC08762.jpgもし、あなたが、このモニターが欲しいと思ったら、ご相談下さい。
Nさんに取り次ぎます。


DSC08685.jpg院長が、11/15に講習会に出かけ、次の週には早速医院までデモンストレーションに来ていただいた印譜ラテックス社から、ピエゾサージェリー®が届きました。

ピエゾサージェリー講習会受講
デモンストレーション風景


早速、オペ室に設置しました。





DSC08686.jpgアップで見るとこんな感じです。

DSC08687.jpg今回、同時に導入したのが、上顎のインプラント手術のソケットリフトに用いるシンクレスト(左の写真)です。

ピエゾサージェリーの講習会で教えていただいた新しい機材ですが、今後のインプラント治療の向上に役立てたいと思います。




このアーカイブについて

このページには、2009年12月以降に書かれたブログ記事のうち新機材導入カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは新機材導入: 2009年11月です。

次のアーカイブは新機材導入: 2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja