新機材導入: 2008年8月アーカイブ

あっと言う間に8月です。

北大から来たW先生の研修は、あと2ヶ月。おおーっと、すぐですね。大変大変。
北海道医療大からきたO先生は、あと5ヶ月。まだ半分以上残っています。ちょっと安心。

さて、今日は、林歯科の様々な機材を使って診療をしているところを見ていただきましょう。


DSC04119.jpg
まず、こちらはW先生。

エアー・アブレージョンというシステムを使っています。
高圧空気で、酸化アルミナの粉末を噴射して、歯の表面を削る道具です。虫歯を削ったり、接着の効果を高めるための処理をしたりします。




DSC04243.jpg
次は、O先生。
CO2レーザーを使った治療です。

このレーザーは外科処置にメスとして使うと、大変効果的ですが、それ以外にも歯茎の炎症や口内炎の処置、初期虫歯の進行を抑える処置などの用途があります。

パナソニック デンタルのコードレスタイプのレーザーです。


研修にくる先生方は、これからの時代の歯科医師です。
どんどん、新しい機材、新しい治療方法の体験をし、新しい知識を求める柔軟な姿勢を身につけてほしいと思います。


ただいま、筋肉について皆で勉強するのを目標にしている林歯科医院です。

こんどは、待っていた「これ」がやってきました。

DSC04244.jpg
骨の模型じゃないの?

そうです。
でも、この表面に、どこに筋肉がついているか番号で書いてあって、その表と照らし合わせて、筋肉の走行を知る事ができる学習用の模型なのです。




DSC04227.jpg
しかも!
さらに

私たちにとってうれしい事に、歯がリアル!

さらにさらに!




DSC04228.jpg
開いて、

歯と骨、神経や血管の入っている下顎管との関係
水平埋伏智歯の状態まで一目でわかる優れもの。

これで、患者さんへの説明から
研修医のお勉強までカバーできます。



え?   怖い?   そうですか... それは残念!

このアーカイブについて

このページには、2008年8月以降に書かれたブログ記事のうち新機材導入カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは新機材導入: 2007年7月です。

次のアーカイブは新機材導入: 2008年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja