院内勉強会: 2014年6月アーカイブ

6月14日(土曜日)は、一日休診をいただき全員で勉強会を持ちました。

勉強1.jpg
たびたびブログでも紹介しています、りんご丸かじりができる「カワラダデンチャーシステム」の勉強に、三重県津市のカワラダ歯科・口腔外科様に研修させていただいた報告では、診療やアシストに無駄のない動きに大いに刺激を受けていました。
その後の話し合いで、当院ではどのように取り入れていくことが出来るか、各人意見を出し合いました。

勉強2-horz.jpg
秋に当院が参加しているスタディーグループで、今年発表予定の演目の概要プレゼンテーションに院長からアドバイスがあったり、研修医の症例発表では、しっかり診断を下し2ヶ月で少々頼もしくなったなあと感じました。

勉強3-horz.jpg
午前・午後ともグループに別れ、新人研修も兼ね診療補助の再確認や患者さんとのやり取りを想定したロールプレイングをドクターがチェックし、資質の向上を目指しました。

私は7月7日(月曜日)から稼動予定の矯正専用ブース立ち上げ班に入り、器材設置の再確認やオペレーションを院長を交え、スタッフのみんなとしっかり打ち合わせができ、非常に有意義な勉強会となりました。

19時からは新人職員の歓迎会で街に繰り出し、院長の発声で乾杯し楽しい時間を共有しました。
参加人数も多く、幹事さんはお店の選定も大変だったでしょう。

勉強会4-horz.jpg
今回は串揚げのお店で、たこ焼きを各テーブルで焼くのはオジサン居酒屋常連の私は、初の体験でした。


院内研修のひとつに「宮田家矯正勉強会」と呼んでいる、矯正と咬合(かみ合わせ)を学ぶドクター勉強会があります。

初回は今年の2月で、月に1回土曜日の診療終了後に院長が講師となり、今では研修医も含めた希望者に広がっています。
もともとは、矯正を覚えたい宮田先生と小口先生向けだったので、この名前がついたのです。

矯正1-horz.jpg
6月は7日(土曜日)に宮田先生夫妻、長谷川先生、研修医3名と、北大大学院歯科矯正学講座から非常勤で診療いただいている田幡先生も加わり大人数の勉強会でした。
今回は症例分析と、院長が勉強している咬合についての勉強を2時間弱行いました。

DSC07049-horz.jpg
写真にはありませんが、宮田先生はお子さんを抱きながらのアットホームな勉強会です。

このアーカイブについて

このページには、2014年6月以降に書かれたブログ記事のうち院内勉強会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは院内勉強会: 2014年5月です。

次のアーカイブは院内勉強会: 2014年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2014年7月: 月別アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja