院内勉強会: 2014年4月アーカイブ

4月26日(土曜日)の診療終了後、院長が講師となり勤務医と研修医の先生に「顎関節を中心とした咬合診査」と題し院内勉強会を開催しました。

DSC07007.JPG
スライド枚数50枚強、1時間30分の勉強会は、身内のみでしたので堅苦しさのない和気藹々の雰囲気で行われ、疑問点も質問しやすく研修医の先生も咬合に興味を持つきっかけになったのではと思います。

当院では咬合診断から最終補綴物作製までを、キャディアックスというウィーン大学で行われている咬合理論に基づいて開発された「顎機能咬合診断プログラム」によりコンピュータ解析し診療しています。
このシステムについても勉強会の中で院長から、噛み砕いたレクチャーがありました。


CIMG7230.JPG

1枚目の写真にドリンクと並び、哺乳瓶があったのはお気づきになりましたか。
勤務医の宮田先生と小口先生は、お子様連れでの参加です。
研修医の佐々木先生と両先生のご子息の微笑ましい1枚をご覧ください。

DSC07006.JPG
研修医の先生達も、ようやく林歯科に慣れてきたようです。
連休はしっかり休んで、ゴールデンウイーク明けからの臨床に英気を養ってくださいね。

4月23日(水曜日)の午前は補綴物(詰め物や被せ物)の種類や装着準備アシストと、導入以来多くの方々に装着いただいているオールセラミック冠「セレック」についての座学を行いました。
保険外補綴物については、患者さんにしっかり種類や保険との違い、メリット、デメリットも合わせて情報提供ができるよう講義を受けていました。

4.23-1-horz.jpg
研修に使用する模型やPCソフトはしっかり用意できていますので、紙だけに頼らない「見てわかる」座学になっていると思っています。
講師役も、研修内容をビデオ撮影していますので、教え方の良し悪しを振り返って次回に生かす試みが取られているのです。
こうして教える方も教えられる方もスキルアップが図られて行く仕組みなのです。

4.23-2-horz.jpg
午後からは診療室に出て実際の収納場所等の確認と、患者さんの口腔内に補綴物を装着している様子を見学しました。

一連の新人研修ブログの中で、事務服を着用している2名にお気付きになりましたか。受付を担当している職員ですが、カルテ上だけではなくどのように医院が流れているかを把握するため、全コース参加しています。

こうして各部署がしっかり連携し、医院の総合力を向上させて患者さんをお迎えするというのが院長の方針です。
4月18日(金曜日)午前は、印象(歯型取り)・バイト(かみ合わせの高さ)の取り方、昨日行った歯周病座学の実技版です。
材料の特性に不慣れで、苦戦している様子も見られましたが大丈夫。これからの自主トレで、みんなクリアしてきています。

4月18日1-horz.jpg
午後は患者さんに装着した詰め物歯型模型で、実習をしていました。

4月18日2-horz.jpg
週明けは23日(水曜日)からトレーニングの再開です。
それまで今週の反復練習に励む姿が見られます。

まずは第1弾、お疲れさまでした。

4月17日(木曜日)午前は、初診時の対応と歯周病治療の流れについて、ベテラン歯科衛生士が座学を担当しました。
開始前の机には、長年新人教育の際に改訂を加えたマニュアルが用意されています。

4月17日1-horz.jpg
これに沿って集中連続して教育を受けることで、新人も知識は先輩に短時間で追いつくのです。

午後、研修歯科医は診療室に出て、先輩の手技をごく近い位置で見学をしていました。
4月1日に比べ、横で写真を撮っていても質問の内容が違ってきているのがわかります。

4.17-2-horz.jpg
明日18日(金曜日)は午前に根管治療関係の座学、午後は午前に座学したことを模型で実習です。

4月16日(水曜日)は、例年接遇セミナーの講師をお願いしている札幌の高瀬裕美先生をお迎えし、当院の新人7名と旭川歯科学院3年生の臨床実習生3名の合わせて10名が社会人としての基本接遇マナーをトレーニングしました。
学院実習生のみなさんも、単なる診療見学だけでなく、一足早く社会を感じていただけたのではないでしょうか。

接遇2-horz.jpg

新人のみなさんは、学生気分から1日も早く脱し社会人の対応が出来なければ、患者さんから信頼される医療人にはなれません。
午前は初めての経験で、恥ずかしがったり大きな声を出すことができなかったりしていた受講者も見受けられましたが、午後は積極的に発言しロールプレイングに取り組んでいました。

CIMG7186.JPG

5時間のコース終了し、きっと以前とは違う心持で診療室に出ていることでしょう。
4月から勤務を開始した臨床研修医の先生を含む各部署の新人10名は、医院に慣れてきたところで本日より月末にかけて、新人教育を集中して行います。

1日目の4月15日午前は春美先生が、林歯科の小児歯科治療についての座学と中堅歯科衛生士による治療の流れや器械器具の取り扱い説明です。

4月15日AM-horz.jpg
午後はCR(歯牙の削ったところに詰める歯科用の硬質プラスティック)充填関係の実技系を行いました。
まだ歯牙模型での作業ですが、毎日模型による繰り返しの自己トレーニングで「プロの仕事」に高めて行くのです。

4月15日PM-horz.jpg

例年この時期に新人歯科衛生士は、昼食後空きユニットでもくもくと練習する姿が定番となっています。

明日4月16日は、元日本航空客室乗務員の先生を当院セミナールームにお招きし、接遇セミナーを行います。
このセミナーには、旭川歯科学院専門学校より臨床実習に来ている3名の未来の歯科衛生士さんにも受講いただきます。

このアーカイブについて

このページには、2014年4月以降に書かれたブログ記事のうち院内勉強会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは院内勉強会: 2014年3月です。

次のアーカイブは院内勉強会: 2014年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2014年5月: 月別アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja