院内勉強会: 2014年3月アーカイブ

3月18日(火曜日)はいそがしい1日でした。
診療終了後にまず委員の出席を仰ぎ、歯科医師臨床研修管理委員会を開催し研修歯科医の終了判定を行い、その後の定例勉強会で若手歯科医師が京セラメディカル2名の講師の方からインプラント埋入の基本術式をレクチャーいただきました。

座学-horz.jpg

座学のあとは、インプラントモーターと顎模型を使い埋入体験を行いました。
最初はこんなきっかけから、各々長期セミナーに通い高い技術を習得していきます。

JMM実習-horz.jpg
実習では院長も講師に早代わり、熱の入った勉強会は深夜12時近くまで行われました。

京セラメディカル社のお2人の講師の先生には、わざわざ、そして遅くまで熱心な講義をいただきありがとうございました。
本日は午後から休診にさせていただき院内勉強会を開催しました。

林歯科では院内全員が治療法や伝達事項の徹底のため、少なくとも2ケ月に1回は勉強会を行っています。
                          
CIMG6986.JPG
本日は以前ブログでご紹介した薬で治す歯周病『歯周内科』の治療を開始するに当たり、手技と器械操作の最終確認、院内業務打ち合わせを行います。

米田副院長が手技、器械を購入した北海道歯科産業の加藤様に使用説明をお願いし、全員が実習を行います。

CIMG6995-horz.jpg
2題目の打ち合わせは、受付チームとメインテナンスチームに別れオペレーションを話し合い、スムーズな診療につなげるため終了時間ぎりぎりまで打ち合わせでした。

CIMG7000-horz.jpg

全員の積極的な実習と活発な意見交換で、本日の勉強会も有意義に終了しました。
明日からの林歯科医院にご注目ください。
次の院内勉強会予定は4月19日です。


毎週火曜日の診療終了後は、定例のドクター院内勉強会が開かれます。
継続して行うのは、なかなかエネルギーを必要とします。

DSC00216.JPG
今週火曜日の4日は、2月末に宮田先生が東京で受講したJIADS歯周疾患セミナーを、院内向けにレクチャーしました。
宮田先生が受講しているセミナーは、今後半年間6回のコースです。
受講した感動が冷めないうちに自身が講義することで、知識も一層深まります。
翌5日の水曜日は、偶然にも今回習って来た治療法の適応患者さんの治療が入っていたのです。

(何ともテーブルの上の夜食のお弁当が診療終了後を匂わせ、リアルだと思いませんか?。)

IMG_2097.jpg
また1日の土曜日は、小口先生と宮田先生向けに、院長が矯正のレクチャーをこれまた診療終了後に行いました。
小口先生は小さなお子さんがいらっしゃるので、あやしながらの勉強です。

院長も今月末は、2週に亘り札幌と東京で土日の二日間セミナーを受講します。

日々進化する歯科医療に対応するため、医院全員が勉強漬けの毎日です。

このアーカイブについて

このページには、2014年3月以降に書かれたブログ記事のうち院内勉強会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは院内勉強会: 2013年12月です。

次のアーカイブは院内勉強会: 2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2014年4月: 月別アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja