院内勉強会: 2013年2月アーカイブ

毎週火曜日の夜の勉強会。

昨日、2/26は、まず院内スタッフのトレーニングについての意見交換からスタート。水野先生から示唆に富むご意見をいただきました。

いつも行う症例分析では、林歯科4症例 旭山小児歯科2症例を検討し、そのなかで、6歳臼歯の位置が移動してしまっている症例について、院長から装置の説明を受けました。
130227-2.jpg

ホワイトボードに、装置の概略と作用機序をメモしたところです。

130227-4.jpg
その後、ここしばらく院長が読んでいる
エビデンシャルインプラントロジーという書籍から、インプラントの定着に着いて図表を抜粋したスライドを用いたレビューを聞きました。

内容が難しく、現在2回目の読み直しをしているそうです。

エビデンシャルインプラントロジー ゼニス社




これまで矯正中心に行って来た勉強会ですが、今後は様々な分野について勉強を深めて行きたいと思っています。
今年の火曜夜の勉強会は症例の閲覧をしようということで、第一回の昨日は院長からの発表でした。

1年半の治療期間をかけて、骨の欠損部位に歯牙を移動し、移動後にできた新しい歯槽骨にインプラント埋入を行っています。骨の欠損が大きい場合、どのように回復するかは悩むところですが、造骨剤を使わずに行う治療も行っています。


140206インプラント+MTM1.jpg

このアーカイブについて

このページには、2013年2月以降に書かれたブログ記事のうち院内勉強会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは院内勉強会: 2013年1月です。

次のアーカイブは院内勉強会: 2013年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja