院内勉強会: 2012年2月アーカイブ

バレンタインデーの夜も、いつものように勉強会です。

今回は、米田先生が勉強してきたインプラントのオーバーデンチャーについての報告からスタート。人数分の資料を用意していてくれました。

120214-2.JPG

インプラントを打つ位置、デンチャーを維持するための構造などについて説明を行い、参加の水野先生、松本先生から鋭い質問、補足などを受けました。

続けて矯正の症例分析を林歯科から3症例、旭山小児歯科から2症例を検討し、終わると11時になっていました。写真は、使用する装置:ペンデュラムの説明をする院長です。

120214-1.jpg

皆さんお疲れさまでした。
今年の臨床研修もあと1ヶ月になりました。

2月に入って、あと1ヶ月で行いたいことを研修医のS先生とミーティングし、早速週末に希望のインプラント実習を行う事にしました。

内容は
  • 模型の歯槽骨を用いたインプラント埋入
  • 歯肉付き顎模型を用いたフラップ+インプラント埋入
  • 顕微鏡下での歯周外科実習
の三つです。

S先生と院長のマンツーマンで行う予定でしたが、金・土に非常勤で勤務している北大の大学院生のW先生も参加したいとの事で3人での実習になりました。

DSC06031.jpg



DSC06035.jpg
まず、歯肉のついていない下顎の骨の模型で、インプラントの術式について学び











DSC06072.jpg

続けて顎模型を用いて歯肉にメスを入れてフラップ手術のトレーニング










DSC06094.jpg

最後にマイクロスコープを用いて歯周外科の縫合の実習です。










4時から7時過ぎまで3時間以上の実習の後、札幌に戻って大学院の研究の予定のあるW先生を駅に送り、食事をして戻って来ました。皆さんお疲れさまでした。
また、このような実習を行うときには、院内スタッフに必要機材の準備をお願いしていますが、インプラントチームの皆さんもありがとうございました。

このアーカイブについて

このページには、2012年2月以降に書かれたブログ記事のうち院内勉強会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは院内勉強会: 2012年1月です。

次のアーカイブは院内勉強会: 2012年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja