院内勉強会: 2011年12月アーカイブ

午後からは、旭川赤十字病院・感染管理室の平岡康子先生にいらしていただき「歯科領域における標準予防策」についてのセミナーを受講しました。

一般的な感染対策、歯科領域で気になる点、さらに1時間以上かけて院内をチェックしていただき林歯科における改善点のご指摘をいただきました。

林歯科資料12月17日表紙.jpg

皆、集中して1時間半におよぶ講演を聴いていました。
その後、チェックポイントをもとに5箇所の部署に分かれて部署を実際に再確認し、問題点をあげ、ディスカッション、発表、実行に移る予定です。

ただ聞いただけに終わらず、明日からでもできることはすぐ始めるようにしたいと思います。

毎年、研修医には自分を症例として、顔写真、口の写真、模型をフェイスボートランスファーして咬合器装着、セファログラム、顎運動解析を資料にして、症例発表をすると言う課題を行ってもらっています。

今年の後半のS先生は明日の勉強会で発表です。先ほど、使用するスライドを持ってきたので見てみました。

スクリーンショット 0023-12-16 15.11.33.png

スライドチェックの時、
院長が
「新規採用の助手さんにもわかるようにセファロや、キャディアックス(顎運動解析装置)の説明してね」
と言ったところ

まず標準偏差って何
という説明から入って
歯のサイズの説明をしているので

やるなあと思いました。

分かりやすい丁寧なスライドで
44枚。

がんばったなあ。
明日の発表が楽しみです。
今日は、研修医の林歯科での研修期間中に一度は行う歯周外科の実習の日。
いつもの矯正の症例分析はお休みです。

お歳暮にとあちこちからいただいたごちそうなどで少しリッチな夜食をとった後、夜10時スタート。
今日は、林歯科から5名+研修医1名と、あいファミリー歯科の水野先生、松本歯科クリニックの松本先生の8名での実習です。

IMG_1168.jpg
IMG_1169.jpg

スタッフに「汚さないでくださいね」と念を押されながらテーブルの用意をし、各人白衣を来てスタート、マスク、ゴーグル、手袋も。
それぞれが、初心者は初心者のテーマ、臨床での課題をトレーニングするもの、講習会で習った事を人に教えつつ復習するものと課題を持ってトレーニングしています。研修医のS先生の指導は副院長の米田先生が担当しています。




このアーカイブについて

このページには、2011年12月以降に書かれたブログ記事のうち院内勉強会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは院内勉強会: 2011年11月です。

次のアーカイブは院内勉強会: 2012年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja