院内勉強会: 2011年5月アーカイブ

5/20金曜日の昼休み、二つの歯科機材会社の方が林歯科に来院され、新しい機材のデモンストレーションを行ってくれました。

一つは、林歯科でメンテナンス中の患者さんを中心にお勧めしているソニッケア(電動超音波歯ブラシ)の使用方法のセミナーで、株式会社ヨシダから講師の方を派遣していただき、正しい使用方法と、説明の仕方などのレクチャーを受けました。

CIMG0002.jpg

受講者はメンテナンススタッフの歯科衛生士を中心として、今日午後出勤の人も参加しています。こうして、昼休みにも皆が集まって勉強してくれるのは本当にありがたい事だと思います。


もう一つは、株式会社モリタの方が、新しいインプラントモーター:ビエンエアー社シロプロLの説明に来院されました。

CIMG0004.jpg


院長が昼休みの時間を使って機材の説明を受けモニターさせてもらいました。
このモーターの最大の特徴は、LEDライトと過剰な機能を排除した使いやすさだということです。
院長の感想としては、残念ながら「ハンドピースのバランスが気になるので、他社のデモも準備するようしてほしい」ということでした。


昨夜も、札幌からの友人一名(スカイプ)も加えて、林歯科の症例分析3症例、札幌の友人の症例1症例、さらに研修医のI先生の資料の分析ともりだくさんなゴールデンウィーク開けでした。

さて。

DSC01295.jpg

上の写真は、キャディアックスという「顎運動解析装置」の検査結果を検討しているところです。

顎を動かす様子を三次元的に記録し、このような顎のアニメーションでモニターで観察する事が出来ます。さらに、このデータを用いて咬合器というものに歯並びの模型をセットする事で、その人個人の顎の動きをあらゆる方向から細部まで見る事が出来るようになります。

DSC01296.jpg
今回、林歯科の症例の中に、「顎が痛い」ということで来院され、
この検査を受けた方がいらしたため、通常の資料に加えこの検査結果の分析も行いました。

しかし、Skypeでこれを伝える事が難しいので、左の写真のように、ノートパソコンを二つ向かい合わせに置いて説明してみました。
なんだか、変なところがアナログです。





Skypeにはずっとお世話になっているのですが、マイクロソフトに買収されるそうで、今後どうなるのかしらとちょっと心配です。

このアーカイブについて

このページには、2011年5月以降に書かれたブログ記事のうち院内勉強会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは院内勉強会: 2011年4月です。

次のアーカイブは院内勉強会: 2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja