院内勉強会: 2011年2月アーカイブ

去年から通っていた小樽商科大学の社会人大学院も一段落して、一応全ての課題提出が終わって、成績が出るのを待つばかりです。入学当初はがんばって皆と一緒に残っていた夜の勉強会でしたが、半年過ぎ、1年すぎる頃にはだんだん負担になって、遂にお休みするようになってしまいました。

DSC02641.jpg

今日は、一年ぶりくらいの参加です。
私が欠席している間に分析に使うコンピュータを新しくし、分析手法が新たになっていて、そして一年間研鑽している成長した勤務医の皆の発表のレベルが高くなっていて、話について行くのがやっとでした。

皆、意識していないかもしれませんが、ずいぶん勉強していた事がわかりました。

さて、また本業の勉強の再スタートです。
皆について行けるようにがんばります。
今週末、旭川市林歯科医院は土曜日の午後半日お休みをいただいて院内ミーティングを行います。移転して二回目のミーティングです。

私は、前回は大学院の最終報告会、今回は歯科医師会主催のセミナー受講のため、続けて欠席となり、皆に申し訳ないことになってしまいました。

事前にミーティングの議題の整理やタイムスケジュールを決め、先月ー今月の数値比較、移転前後の変化等を資料にまとめているところです。

写真はその資料の中から、来院される方の変化を見ているところです。
比較したのは昨年の8-10月の新規来院者アンケートと先月のアンケートです。

110221.png
これまでと比べて、建物を見て、近いから、来院される方が増え
移転後の近くの方の来院率が高い事が分かります。
また、これまでに比べ、痛い歯だけ、保険の範囲でなおされたい方が増えました。

これまでの林歯科医院は、いろいろ探した末に誰かの紹介で来院される方が多かったため、比較的遠くからの来院者が多い歯科医院でしたが、移転後は少し来院される方の動機が変わっているのかもしれません。

何を望まれているのか、思い込みを無くして、よくお話を伺えるようにしたいと思います。

昨日は、今月2回目の勉強会でした。

いつから始めたんだったかな、と思ってブログを調べてみると、最初にこのスタイルで始めt奈緒が2007年の6月末、その年の春から勤務し始めた米田先生の発案でした。

スクリーンショット(0023-02-09 6.42.23).png
こうして写真を見るとみんな若いですね!

このときは、症例分析ではなく、まず、一冊の本を皆で読んで行く抄読会のスタイルでしたが、症例分析と抄読会を並列させながら、もう3年半続けています。
スタート時に研修医だった金城先生、近くで研修していた水柿先生も、今は林歯科の勤務医として勉強会のメンバーです。

大学の同期生であるあいファミリー歯科の水野先生、札幌で小児歯科を開業している石井先生も、途中から加わって、充実した勉強会になりました。
移転後、勉強会を火曜日に変えてしまったので北大からバイトに来るW先生が参加できなくなったのが残念です。

この一年、大学院の勉強に追われて休んでいた私も、再来週、22日には復帰予定です。

このアーカイブについて

このページには、2011年2月以降に書かれたブログ記事のうち院内勉強会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは院内勉強会: 2011年1月です。

次のアーカイブは院内勉強会: 2011年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja