院内勉強会: 2010年12月アーカイブ

29日の診療終了後、新社屋杜のビルで、2010年最後の勉強会を行いました。

講師は北海道歯科産業・帯広支店長の中村さん。
以前、旭川支店で林歯科を担当してくださった方です。

DSC00980.jpg
DSC00979.jpg













今回、新規開業医院向けセミナーを受講された内容を社内向けに報告し、さらに顧客に伝えたい事を整理して教えに来てくれました。

なるほどと思う事がたくさんあり、来年からの診療に生かして行きたいと思いました。
また、教えていただいた来年のセミナーにも医院から誰かを派遣しようと思います。
午後の部は、前半、院長の発表が30分。

今年一年、神奈川歯科大学で学び、少しずつ導入して来たシーケンシャル咬合の考え方と治療方法の全体像を俯瞰してもらいました。

写真は発表中の院長です。

DSC02207.jpg
難しい事はともかく、「今、やっていることが何につながるか」を理解するのが目的です。

後半は、長めの時間をとって、今回の移転のためのお引っ越しに関する話し合いです。

DSC02209.jpg
皆、部署ごと、部署横断のグループごとの2クールのミーティングを行い、最後に部署ごとに提案書を作って事務長に提出しました。

最後に、今年後半の個人目標達成の表彰を行って、今日の勉強会兼ミーティングを終了しました。
今日は、新医院の会議室で朝から勉強会です。

まず、今日一日ペアで勉強する二人組で、「共通点探し」からスタートです。

続けて、勤務医の先生方の発表を行いました。
今年1年学んで来た事、取り組んで来た事を一人持ち時間15分で発表してもらいました。

米田先生からは1年間の口腔ケアグループの取り組みについて。
水柿先生からは自分自身の訪問診療の取り組み。
金城先生は、レジン充填のレイヤリングテクニックとPRGF(plasma rich in growth factor)に関する報告と林歯科への導入。
最後に勤務医のT先生から、症例としての自分自身の分析と診断です。


IMG_0350.jpg
現在は、お互いの達成度について語り合っているところです。

この後午前中は、各人の今年の目標達成度についてペアのパートナーから発表してもらい
スタッフの受講した講習会の報告を4題行いました。

DSC00843.jpg
DSC00842.jpg













写真の様に、レジュメを用意した充実した発表が行われ、活発な質疑をかわして午前の部を終了しました。
12/4土曜日、旭川市・林歯科医院は休診して職員の全体勉強会を行います。
皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご容赦ください。

勉強会では、前回の6月の勉強会以降に、スタッフや勤務医が参加した講習会の内容や林歯科での導入状況の報告の他、研修医が毎年行っている自分自身の症例分析、さらにこの1年間の院長の取り組みの説明を行います。

今年はスタッフから4演題、勤務医から3演題を予定しています。
スタッフは、一緒に参加した講習会の内容を、整理して、発表用のスライドを準備します。


ローテーションで仕事をしているので、時々は林歯科医院の方向性を全員に分かってもらうための時間を取る必要があります。それぞれが学んだ事を全体に伝えることで、組織としての力も高めて行きたいと思います。

出産で1,2年ほど職場を離れたスタッフが戻ってくると、使用機材もシステムも「前と変わっている!」と言って必死に勉強しないとついてこられないほど林歯科は毎年変化していきます。今年も新しくスタートした事がたくさんありますので、再確認をしてもらい、移転に備えたいと思います。



このアーカイブについて

このページには、2010年12月以降に書かれたブログ記事のうち院内勉強会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは院内勉強会: 2010年11月です。

次のアーカイブは院内勉強会: 2011年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja