院内勉強会: 2010年10月アーカイブ

先週、パシフィコ横浜の大規模な歯科材料の展示会で一目で気に入って買って来たものがあります。その場でカードで購入し、今朝届いた、これです。

院長と米田先生がうれしそうに見ていますね。

DSC01767.jpg

では、アップでどうぞ。

DSC01769.jpg

ドイツの3B社製の模型[頭蓋骨22分解キット・マルチカラー仕様]で、頭蓋のホネが一つ一つ色分けされて分解パズルのように見る事ができるものです。分解、組み立てを行う事で、ホネの形と組み合わせが自然に覚えられるようにという工夫のようです。


DSC01770.jpg

2010年後半の研修では、
この模型と、
左のセファロ分析の解釈の本を
合わせて勉強してもらう事にしました。






早速、実習スタートです。

DSC01772.jpg

今見ているレントゲン写真で、自分が見ているものは何か、
しっかり解釈できるようになってもらう事を期待しています。

今週の夜の勉強会は、なぜかスカイプがつながらず、症例分析をスキップしてスタート。

今日のテーマはこの本です。
DSC00537.jpg
MEAWというのは、マルチループエッジワイズワイヤーMultiloop Edgewise Archwire
の略称です。上の写真にあるように複雑なLループと言われるワイヤーの曲げ方が特徴で、このワイヤーによる細かな力のコントロールで歯を動かして行きます。

この治療方法は、現在院長がポストグラデュエートコースに通っている神奈川歯科で取り入れられており、この機会に林歯科の先生方にも学んでいただくことにしました。

勉強は、抄読会形式で行おうということで、今日の講師は水柿先生です。

DSC00540.jpg
参加者は、院長、米田先生、金城先生、浦田先生、研修医の二人とあいファミリー歯科の水野先生です。


DSC00539.jpgDSC00538.jpg













DSC00542.jpg



少し時間に余裕があったので、見たいと思っていたDVDを見て終了にしました。
日曜日に講習会で自然な歯の治療方法について学んで来た金城先生が、火曜日に出勤して来て、学んだ事をいろいろ話してくれました。


DSC00508.jpg
写真は、セミナーでいただいた実習用の材料と、パンフレットです。

院長と金城先生の考えでは、この治療方法を医院に取り入れたいという意向です。

早速、研修用のDVDを探して、チームを作って研修を開始する事にしました。



移転前の慌ただしい中ですが、学んで来た事を速やかに多くの方に提供できる体制を継続できるよう、皆で力を合わせて行きたいと思います。

このアーカイブについて

このページには、2010年10月以降に書かれたブログ記事のうち院内勉強会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは院内勉強会: 2010年9月です。

次のアーカイブは院内勉強会: 2010年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja