院内勉強会: 2010年5月アーカイブ

今週の夜の勉強会は、研修医のプレゼンテーションがメインです。

6月の院内勉強会で、自分自身を症例として分析し、発表するための準備に入っています。
DSC09697.jpg

DSC09698.jpgDSC09696.jpg


左がH先生、右がE先生。
残念ながら二人とも今回は分析が浅いと院長のだめだしにあって、
来週までに再準備となりました。

続けてがんばりましょう。
木曜夜。

今週の金曜日は、院長も水野先生も歯科医師会の集まりがあるので、勉強会は木曜日です。
木曜日の午前中までに、今日の勉強の資料を、水野先生・札幌のI先生に見てもらえるように整えます。

それから、夜は10時ころから勉強会。なんと、私が勉強会のスカイプに使うコンピュータを家に持ち帰っていた上に札幌に出かけてしまったので、医院は大騒ぎに。院長が家に帰って見つけてくれたそうです。ごめんなさい。

今回は、林歯科から3症例の新患分析、札幌の友人の経過症例が1つ。
院長の感想ですが、北大から来てくれているW先生がいつも症例のコンピュータ分析を担当してくれているのですが、その分析が急速に深まっているそうです。毎回、ケースを入力しながら考察を重ねて事が、彼の実力を養っている事がわかりました。

昨日は、恒例の夜の勉強会でした。

あいファミリーの水野先生から、ここしばらく受講された様々なセミナーの資料を見せていただき、自分たちだけでは得ることが難しい様々な情報を知ることができました。一緒に勉強を続けていることで、得ることは大きいと思います。

今回の参加者は、あいファミリー歯科の水野先生、院長・米田先生・金城先生・浦田先生・水柿先生、北大からアルバイトに来てもらっているW先生。それから研修医の二人。スカイプで参加する札幌の友人。
私は、OBS、小樽商科大学の社会人大学院に出かけて出席できませんでしたが、Dr.ルームには総勢9名。
すっかりDr.ルームが狭くなりましたが、なんとか移転までここでがんばりたいと思います。

新しい分析ソフトのCOAⅢは、まだ使いこなせてはいませんが、試行錯誤しながらより精度の高い診断になるようにしたいと思っています。北大のW先生が、現在開発者の方に連絡を取りながら、改良をしてもらっているところです。

早く、患者さんに軟組織分析を含めた治療結果予測まで示せるようになりたいと思います。


このアーカイブについて

このページには、2010年5月以降に書かれたブログ記事のうち院内勉強会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは院内勉強会: 2010年4月です。

次のアーカイブは院内勉強会: 2010年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja