院内勉強会: 2009年10月アーカイブ

毎週、矯正歯科の勉強会を続けてきましたが、院長がもう少し他分野の勉強をしようと提案し、今月から月に一回そのような機会を持つ事にしました。咬合治療、インプラントなどの症例分析、DVDによる学習、新機材の習熟などの場に当てたいと考えています。

今週は、インプラント機材のメーカー・デンツプライ三金の方にいらしていただき、今回新たに導入したアンキロスというインプラントについてのプレゼンテーションを受け、実習を行いました。
また、新しく購入したDVDを皆で見て考察を深めました。

今回勉強したDVDは、
筒井昌秀臨床DVD3 インプラント周囲軟組織のマネジメント(DVDジャーナル)

091030_tutui_DVD.png
画像はクリックで拡大して下さい↑

今日は、株式会社ヨシダのファインキューブの担当者の方が来道され、林歯科まで説明をしにいらしてくださいました。

これまでにも
・CT説明会(1):近畿レントゲン
武蔵歯科クリニック訪問

とCTの説明を受けたり、医院を見学させていただいたりしてきましたが、今回はCTでできること、難しい事を大変分かりやすく説明していただけました。

診療終了後の遅い時間の指定になりましたが、北海道歯科産業の担当者の方、ヨシダの旭川支店の方にも同席していただき、ありがたいことでした。
そして、林歯科の勤務医、研修医も疲れていたと思いますが、しっかり話を聞いてくれていました。

DSC08517.jpg

写真は、院長が説明を受けているところです。
プロジェクターの画面にCTの画像がきれいにうつっていますね。






プロジェクターの画面を拡大してみると、こんな感じです。うーん、素晴らしい。

DSC08517_2.jpg

今日はOBS小樽商科大学ビジネススクールで、「イノベーションと経営戦略」について学び、帰りの電車で事前課題のケースを読み、先ほど家に帰ってきましたが...
院長はまだ帰宅していませんでした。

今日は、金曜日夜からの院長の東京行き、木曜日のCTについての勉強会のため、二日繰り上げて院内の矯正症例の検討会を行っています。

今週の新患症例は、林歯科が一例、札幌の友人が一例。
経過症例は、林歯科から一例、友人から一例。
林歯科の経過症例は、モノヘリックスという装置で、上顎の歯列を片側拡大したものです。

monohelix_forcemechanism.jpg左が林歯科の経過症例の写真です。
この装置のフォースメカニズムは左の写真のようになります。

片方は外側へ、片方は後方へ、力がかかるように考えて装置を設計しました。





 trace.jpg
左の図は、装置をセットする前と、セットから半年後の模型のトレースを重ね合わせたものです。

青いラインが術前、赤いラインが術後です。
当初の予定通り、
歯並びの左右非対称な状態が改善されました。

この人は、この非対称のために下顎をずらして咬んでいたのですが、上顎の歯並びを対称にして、下顎を真ん中に持ってこられる環境を整えました。

これから、それぞれの歯の位置を上下バランスのいい位置でしっかり咬めるように治して行く予定です。

分析の後は、研修医のK先生から課題発表をしてもらいました。
院長の出した課題で、マッスルウィンの近藤悦子先生の機能的分析をとりいれたものです。
今後、形態だけではなく、機能も考えに入れて矯正症例の分析を行って行きたいと考えています。



今週の勉強会は、金曜日が院長の所用のため、15日木曜日に行いました。

参加者は、院長・米田先生・金城先生、研修医のK先生、そしてあいファミリー歯科の水野先生です。
今回も、札幌の友人がスカイプで参加しました。
私は残念ながら、社会人大学院のため、お休みです。

今日の内容は、林歯科の新患の分析が2症例。
札幌の友人が、経過症例が1つ、新患が1つの2症例。
水野先生が2症例。
盛りだくさんでした。

症例分析の他には、先週の宿題「tooth size ratio」について
K先生から報告してもらいました。
今回の症例に、歯の大きさが小さい「矮小歯」がある人がいたので、
早速その分析と治療計画立案に応用しました。
 

今後の課題としては
1.終了症例分析
マッスルウィン(近藤悦子著)に掲載の分析項目を取り入れ
機能についてもレントゲンから分析する事です。
これは、終了症例について行います。

2.下顎のドリフト・ドンティックスについての検討
上顎をクゥワドヘリックスで拡大したときの下顎の歯の動きを
模型を用いて計測する事を考えています。
自動的に拡大されるとは言われていますが、これがどの程度
期待できるかを定量的に分析したいと思います。

いつも新しいテーマを持って、検証を行いながら、勉強会を続けて行こうと思います。
今日の終了時は23:30。皆、本当に向上心を持って取組んでいて、活気のある勉強会です。

昨日、夜遅くにウェイブレングスという会社の方がある機械のデモンストレーションにいらっしゃいました。Explorerと言う機械です。



これは、歯の治療中の様子を口の外からのカメラで撮影し、その様子を大型モニターで見ながら治療するというシステムです。今回のデモで研修医を含めて歯科医師全員でデモを拝見し、体験する事ができました。

これまで拡大して見ながら行う治療は、顕微鏡を覗き込むような形で行われてきましたが、これは覗き込まずに見られる事、直視と拡大画面を切り替えて治療できる事が画期的です。

いずれは林歯科でもこのような機材を駆使した治療に進みたいものです。

昨日は2年ぶりに台風が日本に上陸し、強い雨風の中でしたが、旭川までわざわざデモにいらしていただきありがたかったです。今朝は、早朝から口腔外科学会の総会のために札幌で設営があるとの事で、夜12時前に再び札幌に戻られました。

本当にありがとございました。


今年も、予防歯科懇話会でのスタッフ発表の時期がやってきました。

今年は4月、5月に歯科衛生士全員が受講したセミナーを課題として、林歯科の問題点と解決のプロセスを発表してもらいます。もちろんまだまだ課題は残っているのですが。

日曜日の診療終了後、診療に出勤していたスタッフと関係者が集まって予演会を行いました。たまたまですが、訪ねて来た友人の意見も聞かせてもらいました。

予演会はこんなかんじで、待合室のモニターを使って、三々五々待合室に座って発表を聞きます。

091005.jpg
最初に見せてもらったプレゼンテーションに比べると、かなり充実したものになったと言うのが院長の感想でした。

来週の土曜日はいよいよ発表です。
参加者は米田先生、研修医のK先生、発表スタッフの二人と他にも衛生士が二人です。
充実した懇話会になるといいですね。期待しています。

懇話会での発表、学習内容は、冬の院内全体勉強会で発表してもらいます。

H先生が北大に帰って最初の勉強会。

写真を撮ってみましたが...むさ苦しい...と言うと言い過ぎですが華が無い...寂しい写真です。
DSC08436.jpgさて、H先生がいつの間にか担当者の様になって準備してくれていた
矯正の症例分析勉強会ですが、今回からは医療大からの研修医
K先生に分析、診断を各先生方に振り分けるようお願いしました。

予定では2症例と札幌の友人の症例1例合わせて3例でしたが、
来週の予防歯科懇話会の出発もあるので、来週土曜診断予定の方も
行い、来週の勉強会を休む事にしました。

今週は、成人の開咬症例があり、治療方針について活発なディスカッションが
できて良かったと思います。金城先生から「ミニインプラントによる臼歯圧下」と
いう方針が出て、これを採用しました。

DSC08439.jpg抄読会は、これまでのまとめの章で、米田先生が担当でした。









DSC08440.jpg
院長から、実際の症例での考え方について詳しい説明を受けて終了しました。








来週は勉強会をお休みし、再来週の15日木曜は、症例検討、抄読会(K先生担当)、
tooth size ratio に関する宿題報告の予定です。

仕事の後の勉強会は大変ですが、これからも頑張ります!

このアーカイブについて

このページには、2009年10月以降に書かれたブログ記事のうち院内勉強会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは院内勉強会: 2009年9月です。

次のアーカイブは院内勉強会: 2009年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja