院内勉強会: 2009年7月アーカイブ

今日は、林歯科の矯正治療の新患症例の分析を3症例、顎関節症の症例分析を1例。
あいファミリー歯科の治療方針検討の症例を2症例。
盛りだくさんで、抄読会を行う時間がとれませんでした。

昨日も遅くまで実習をしたので、皆少し疲れていたかもしれません。

矯正の分析は、所見を研修医の二人に書き出して発表してもらい、院長から説明をしていく形式に移って行く予定です。今日は、その最初で、少しだけ練習をしてもらいました。

顎関節症の症例分析は、噛み合わせのアンバランスをチェックするために咬合器に装着して、ディスカッションを行います。


上下の噛み合わせのバランスを整えて行くための仮の歯の表面をレジンという合成樹脂で作り、これを調整します。今回は、この製作を二人の研修医に分担してやってもらうことにしました。
今年の臨床研修での3回目のブタの下顎を使う実習です。
今回は、側方弁移動術を行い、その後、ブタの歯を抜くトレーニングを行いました。

DSC07471.jpg
まず、秘密兵器の「愛犬シーツ」とブタの下顎の準備。
テーブルに新聞紙を敷いて、その上にシーツを置いて
それから実習に入ります。








DSC07475.jpg準備完了。さあ、スタートです。

DSC07483.jpgDSC07483_2.jpg


細い白い糸で縫合をしています。ほとんど見えませんね?
右の拡大図をクリックすると、さらにアップでご覧頂けます。

DSC07480.jpg
左は、抜歯のトレーニング中。

これまで、歯を抜くトレーニングの方法を考えつきませんでしたが、今回歯周外科のトレーニングの後、挺子を用いた抜歯のトレーニングを行う事に思い至りました。

思った以上に、よいトレーニングになります。




DSC07485.jpgDSC07486.jpg


皆、夜遅くまで頑張って研鑽をつんでいます。
今日も一日お疲れさまでした。
昨日に引き続き、診療終了後の夜遅く、皆で昨日のブタの下顎を使ってインプラントのトレーニングを行いました。
参加者は、昨日同様5名。院長と米田先生、金城先生、研修医の二人です。

DSC07388.jpg
まず、院長のデモンストレーション。

DSC07395.jpg


DSC07390.jpg今、インプラントの100時間
講習に通っている金城先生。

DSC07393.jpg











研修医の二人にも体験してもらいました。

DSC07398.jpgDSC07401.jpg














インプラントは、ブタの下顎で一回練習したらできるようなものではありませんが、これからの歯科医師にとって必須の技術になって行くものです。今回は、研 修医にはまず体験してもらい、研修期間終了後に、自分で必要を感じたら、金城先生のように研鑽を積む事を進めたいと思います。





あっという間に、また週末です。今週は、暑くなったり寒くなったり忙しい気候でした。
涼しくならず、寒くなるのが旭川の特徴です。

さて、昨日の夜は、土曜日札幌で講習会受講や同門会出席のある金城先生と研修医二名が先に帰り、扁桃腺が腫れてしまった米田先生も終業と同時に帰宅し、私たち二人と水野先生と、3人で小さな勉強会。同期会の様になってしまいました。

大学に入って31年、卒業25年、思えば長い付き合いですが、こうして一緒に勉強できる友達が近くにいるのはありがたい事です。
水野先生が東京で出席した講習会の話なども聞かせていただきました。
DSC07302.jpg今回の勉強会は、顎関節症の患者さんのレントゲンの分析方法について、研修医のH先生から発表してもらいました。









DSC07308.jpg
しっかり勉強したようで、ホワイトボードに図を書きながらわかりやすい説明をしてくれました。








DSC07309.jpg
今後、他の研修医、勤務医の先生方にもこの分析方法のトレーニングをしてもらう予定です。



症例分析は1例。




DSC07310.jpg
最後に、抄読会を行って11時ごろ終わりました。

今回は、臼歯部のブラケットやバンドの装着に関する基準です。






DSC07306.jpg
今月の後半は症例分析の他にブタの下顎を使った歯周外科とインプラントの実習を行います。


週に2回勉強会を行う週があるので皆大変ですが、頑張りましょう!





このアーカイブについて

このページには、2009年7月以降に書かれたブログ記事のうち院内勉強会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは院内勉強会: 2009年6月です。

次のアーカイブは院内勉強会: 2009年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja