院内勉強会: 2009年2月アーカイブ

今日は木曜日の勉強会。
いつもの夜食のセブンイレブンのサンドイッチは飽きたと院長が言うので、今日は「ほっともっと」へ。
「焼肉弁当みたいなものが食べたい!」との事でしたが、生姜焼きくらいしか無くて、冬だし「鍋」ってことですき焼きとチゲを二つずつ。

そして、水野先生の差し入れのケーキ。なんと旭川グランドホテル!おお、すばらしい!ゴージャス!!

今日は、林歯科の症例を2例。
二人とも成人症例で、一人は歯並びのでこぼこについて、もう一人は一見バランスがいいように見える過蓋咬合。どちらも難しい症例で、ちょっと悩みます
とくに過蓋咬合は治すのが難しいけれど、本人は余り気にしていない場合もあります。でも、顎関節に負担がかかっている事が多いので、こちらとしては治療をお薦めしたいケースです。

歯並びは、本人の気にしている度合いと治療の必要性、難易度が必ずしも平行しないので、私たちは「治した方がいいのになあ」と思っても、治療を開始されない方もいらっしゃいます。
悩み深いところです。
木曜日は旭川市林歯科の矯正の症例分析勉強会の日。
夜食のサンドイッチと水野先生の差し入れの甘いものをいただいてからスタート。

0902192.jpg0902191.jpg


今日は、これからの1週間での林歯科の診断予定の患者さんの症例が1例。
金城先生が診断と治療計画を立てていて、それでほぼオーケーがでました。
米田先生からは、今生えている歯を移動させると、奥に次に生える歯のスペースが難しくならないかとの指摘がありました。
このごろ、皆のチェックポイントが鋭くなって来ています。

頼もしいですね。

それから札幌の友人からの相談が3例。
一つがとても難しいケースで、皆で頭をひねりました。ちょっと特殊な移動システムの提案をすることにしました。
もう一つは、院長はまだ観察、あいファミリーの水野先生は早めに拡大床を使うと意見が分かれましたので、両方の意見をつけて返そうと思います。
最後の一つは、比較的よくあるケースです。

あいファミリーの症例検討も行って、終了がだいたい11時。
皆、がんばっています。


いろいろ忙しい中ですが、今週も矯正の症例分析勉強会を行います。

先月は、大雪とか風邪とか所用とか重なって、全員がなかなかそろいませんでしたが、今日は元気に林歯科の4人+あいファミリー歯科の水野先生の5人で行えそうです。

今週の症例は、林歯科からは3例。来週分析予定の症例も既に2例院長室に資料が届いています。プレッシャーですが、がんばりましょう!

勉強会は診療が終わって九時過ぎからなので、少しおなかがすきます。サンドイッチやコーヒーをコンビニで買って来て用意するのですが、その他に水野先生がよくお菓子を買って来てくれます。なんだか申し訳ないなあ太っちゃうなあ、と言いつつ、しっかりごちそうになっています。いつもありがとう!

このアーカイブについて

このページには、2009年2月以降に書かれたブログ記事のうち院内勉強会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは院内勉強会: 2009年1月です。

次のアーカイブは院内勉強会: 2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja