院内勉強会: 2008年8月アーカイブ

今朝、あいファミリー歯科の水野先生からメールが来て、夜、矯正の相談にくるとの事でした。

夜9時半頃、いつものようにうちのスタッフにもお土産を用意して、水野先生がやってきました。矯正の症例相談が二件。模型やレントゲンを見ながら、院長が水野先生の相談に乗ります。

先週の札幌での北海道歯学会に参加しなかった私たちのために、新しい機械や道具のパンフレットを見せながら説明をしてくれました。

それから、いろいろ新しいお話。話題の新刊も持参して貸してくれました。「ちょうど買おうと思っていた!」と院長は大喜び。
今日は、7時半からの予定でしたが、実際は8時ごろから研修医とミーティング。

先月書いてもらった目標の見直しです。
順位付けを見直しし、8月末までの到達目標にどのくらい届いたか現状を書いてもらい、9月末までの目標を再設定します。

今日一日では終わらないので、順位付けしたところで後半は宿題。今週末までに出してもらいます。

DSC04680.jpg
その後は、デビューの入力。これは厚生労働省が運営しているサイトで、研修医の研修内容をチェックするためのものです。本人が研修内容を入力し、指導医がチェックし、その内容が累積していきます。最終的に研修終了の認定の資料になるようです。





DSC04681.jpgそれから、今日の勉強会の予習。今日は、各人に今週診断予定の矯正患者さんの資料を分析してもらい、それを院長に評価してもらいました。レントゲン、顔や歯並びの写真、模型。一生懸命資料を見て、それぞれ自分の所見を書き出し、診断と治療方針を考えます。

診療終了後、Dr.ルームに院長が来てから、各人が所見と治療方針を話し、院長の診断をあおぎました。



研修医の先生の所見を聞いてから、院長は、
・まずどこを見るべきなのか、
・この症例の特徴はどこか
を説明します。

私も研修医の先生方と一緒に考えたのですが、残念ながら一つ目の症例は全く的外れなところを見ていました。

それから診断。
「診断は、その症例の状態が目に浮かぶようであり、治療方針につながるものでなければならない」

診断、治療方針、具体的に使用する装置、治療中に注意すべき点をあげてもらい、診断日当日お渡しする診断の書類も作成して今日の勉強会を終えました。

研修医の先生には、いずれ臨床に出たときに、歯並びの悪い患者さんが来院されたら、その事に気が付き、自分で治療するか否かに関わらず矯正の必要性を説明できるようになってほしいと思い、このような勉強会を続けています。

今週も、水曜日の夜は、矯正の勉強会です。

8時から、研修医とミーティングをし、9時半過ぎから矯正の勉強会。


DSC04322.jpg

二人のタイポドントを見ながら、これまでの経過のチェックと、思ったのと違った歯の動きをしたところは「なぜそうなったのか?」を院長から説明を受けました。






DSC04323.jpg


次に、これからどのようなフォースシステムで動かすかの指導を受け、来週はW先生はスライディングヨークと言う装置を使うように言われました。





スライディングヨークって?
それは、来週にでも写真と図をアップしましょう。

来週からは、金城先生もタイポドントを始めようかと話し合っています。診療もあって忙しいのですが、自分で方針を考えて行うタイポドントをやってみたいと答えてくれました。

来週は、お盆休みの前に、勉強会。木曜日は研修医の先生方は夕方上がりです。自宅に帰省したり、札幌に戻ったりとそれぞれ予定がある様子です。

ただいま、筋肉について皆で勉強するのを目標にしている林歯科医院です。

こんどは、待っていた「これ」がやってきました。

DSC04244.jpg
骨の模型じゃないの?

そうです。
でも、この表面に、どこに筋肉がついているか番号で書いてあって、その表と照らし合わせて、筋肉の走行を知る事ができる学習用の模型なのです。




DSC04227.jpg
しかも!
さらに

私たちにとってうれしい事に、歯がリアル!

さらにさらに!




DSC04228.jpg
開いて、

歯と骨、神経や血管の入っている下顎管との関係
水平埋伏智歯の状態まで一目でわかる優れもの。

これで、患者さんへの説明から
研修医のお勉強までカバーできます。



え?   怖い?   そうですか... それは残念!

このアーカイブについて

このページには、2008年8月以降に書かれたブログ記事のうち院内勉強会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは院内勉強会: 2008年7月です。

次のアーカイブは院内勉強会: 2008年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja