院内勉強会: 2008年7月アーカイブ

この1週間の林歯科の研修生活は、土曜日と今日水曜日に来年度研修予定者の見学を受け入れ、先輩としての成長をしっかり見てもらえたのではないかと思います。

7月末の現在で、私が4月に考えていたカリキュラムの課題は少なくとも1回ずつ体験してきています。
ここからは、本人がそれぞれの到達目標を持って研修に取り組んでもらいたいと思い、どんな事ができる歯科医師になりたいのか、自分で具体的に考えてもらいました。その目標に向って、来年研修が終わるまでに何ができるようになりたいか、今はどのくらいできているのか、その間を埋めるために毎月どんな目標をクリアすればいいのか。
この1週間で書いてきてもらいました。

これは、コピーを提出してもらい、毎週状態をチェックしていくつもりです。

DSC03967.jpgもう一つ、今週の課題として、この本を二人に読んでもらいました。

この「さあ、才能に目覚めよう」という本は、人にはそれぞれ特質=才能があり、それはよくも悪くも変わらない。その才能のよいところをのばして、自分の強みにして仕事をしていこうと言うものです。1冊に1個ずつ、パスワードがついてきて、インターネットで自己分析ができるシステムです。



今日は、この本を3章まで読んでもらい、自己分析をプリントするところまで行い、見せてもらいました。


DSC04166.jpg

今日は、診療後の勉強会の日です。
矯正の勉強の前に、院長と金城先生に、それぞれの目標の表と、自己分析について聞いてもらいました。

二人とも、医療人として素晴らしい性格を持っているのがわかりましたので、そこを伸ばしていってほしいと思いました。



DSC04165.jpg
矯正の勉強会では、院長が二人のタイポドントを見ながら、これまでの経過、これから必要な治療内容について説明し、それに付随して矯正に必要な様々な知識や技術の説明を行いました。






二人のタイポドントは今、こんな感じです。

O先生
o1.jpg 080723kyousei9.jpg DSC04130.jpg
O先生スタート→7/23噛み合わせが深くなり→7/30だいぶ復活しました。


W先生
w1.jpgのサムネール画像 080723kyousei10.jpg DSC04122.jpg
W先生スタート→7/23噛み合わせが開いてしまいました→7/30しっかり前歯が咬んでいます。

二人とも、随分進んできました。
「早くこの症例を終わらせて、もう一症例やってみたい!」と頼もしい事を言ってくれています!

院長が「二人が矯正の勉強を『面白い!』と言ってくれるのがうれしいね」と言っています。
これからも充実した研修になるよう、工夫していきたいと思います。

北海道予防歯科臨床懇話会が終わってあっという間に1週間。

080728.jpg

北海道予防歯科臨床懇話会2008総会1日目


今日は、参加した皆からレポートを提出してもらいました。


それぞれが、他の歯医者さんのスタッフの発表を一人に一つ担当してレポートしてもらい、それをこれから皆で閲覧して、コメントを入れてもらいます。
完成したものを、スタッフ全員が見られるように資料として保存しておく予定です。

今日、開催を担当したアップルのスタッフさんから、はがきが届きました。
今、講習会のDVDを作成中との事です。
楽しみに待っています。

このDVDと資料を、冬の勉強会で参加できなかった皆にも見てもらいます。

今回の懇話会では、イベントに取り組んだ歯科医院の報告が3つ、トリートメントコーディネーターのシステム導入の話が1つ。どちらもきっとこれからの林歯科にとっての目標になっていく事だと思います。皆でしっかり学びましょう。

今日は、というかもう「昨日は」ですが、水曜夜の矯正勉強会、今年度の4回目です。

今日のテーマは、研修医2名のタイポドントの講評と、金城先生の日曜日の近藤悦子先生の講習会の報告です。


080723kyousei3.jpg 080723kyousei2.jpg
22:00診療終了後、院長と金城先生は食事を、それを待ちながら、研修医二人は、なにやら作業中です。この詳細はまた後日ご報告いたします。

さて、二人のタイポドントの様子ですが...
o1.jpg080723kyousei9.jpg
O先生  噛み合わせが深くなり、出っ歯になってしまっています。


w1.jpg080723kyousei10.jpg
W先生 なんとオープンバイト開咬に!

二人のタイポドント実習の経過をプリントアウトし、院長が見られるように準備し、22:30頃から勉強会を開始。
経過に沿って寸評と注意点、なぜ思ったように動かなかったかの考察を聞かせてもらいました。
最後にそれぞれの次のステップについての指示をもらい、明日からまた続きを行います。
来週の水曜日、また、同じようにタイポドントの勉強をする予定です。

金城先生からは、日曜日に札幌で受講してきた講習会について、近藤悦子先生の本を見ながら説明を受けました。院長からも、いろいろ説明してもらいました。

話は尽きないのですが、0:00になったので勉強会を切り上げました。
続きはまた来週。

CD2枚の口腔周囲の解剖のソフトが届きました。

咀嚼筋の動き、神経支配などを見ることができるすぐれもの。

わかば出版の製品で、シエン社で販売されていました。

ピクチャ 26.png
画像は、マックで見ているところ。(クリックするとポップアップ拡大します)

マックの対応はOS9なので、ちょっと動きが重い感じがしましたが、一応このコンピューターでも見ることができました。WINDOWSにも対応しているハイブリッド。だけど、、2000年の製品だけど、XP対応なのでしょうか?後で確かめないと。

これを使ってこれから筋肉の勉強をします。


筋肉について学ぼう!」と決意した、旭川市林歯科医院です。

昨日から、注文した教材が次々と届いています。

まず、模型です。

DSC03877.jpg  DSC03878.jpg


次に、解剖のアトラス

DSC03883.jpg  DSC03882.jpg

間もなく、運動について学ぶための教材も届きます。
皆でしっかり学んでいこうと思っています。

今、筋肉がブーム! ?の旭川市林歯科医院です。

金・土と、タケウチ歯科クリニックの姫野さんにお会いした私たちは、『もっと筋肉について学ばなければ!』と決意しました。とりあえず、院長の提案で、解剖学のアトラス、顔の筋肉が分かる模型、顎の運動が分かるCDなどの教材を急ぎ取り寄せ中です。

アトラスは、院長が2,3月福岡で受けた講習会で勧められた本をアマゾンで検索し、最新版より一個古い版をゲット。



解剖模型は、3年くらい前に頼んだメーカーがもう分からないかと思ったところ、受付のOさんがカタログをしまっていてくれたので、すぐ注文できました。GJ!

土曜日、姫野さんにお会いしたKさんが、「学校時代に顎の周りの筋肉や、顎の運動がわかるソフトを見せてもらって、わかりやすかった」というので、早速、旭川歯科学院の先生に問い合わせてもらい、「わかば出版の人体解剖学」というソフトであることを確認できました。
これは、歯科専門の書店であるシエン社のネット通販でGet!

インターネットのおかげで、田舎にいてもこんなに簡単に資料が集められる時代に感謝です。
これからの一年は、「筋肉について学ぼう!」をスローガンにがんばるつもりです。

来週の日曜日の発表に向けて、準備が続いています。
担当のUさん、Sさんは、診療後も残って、パワーポイントの作成に余念がありません。先日は、診療終了後に戻ってきて、朝方までやっていたそうです。頭が下がります。

今日は、日曜診療終了後、メンテナンス班以外のメンバーにも残ってもらい、予演会を行いました。全く初めて発表内容に接する人に、感想を聞かせてもらうためです。発表者2名、院長と私、聞いてもらう人が7名、計11名の参加です。
動画再生にはQTのプラグインが必要です。

こちらからどうぞ。→QuickTime7





途中でも、内容確認を行ったため、発表時間はおよそ17分。おそらくもう少し短い時間での発表になるはずです。初めて聞いたスタッフからもいくつか質問があり、手直しをしました。

発表原稿を院長が預かり、もう一度手直しをしてもうすぐ完成です。
来週は、登別温泉です!がんばろう!!

今日は、診療終了後、DVDの勉強会です。先月購入した歯周外科のオペのDVDを研修医に見てもらい、来週からの歯周外科実習の前に心の準備をしてもらうためです。


今日見たのはこのDVD、「筒井昌秀臨床DVD2歯周再生療法とその応用」です。

もちろん、初めての実習で、DVDのようにうまく行くわけはないのですが、このような治療を実際にしている人がいると言う事を知ってもらいたいと思います。
二人とも、とても面白かったと言っていました。

DSC03671.jpgDSC03670.jpg

金城先生も残って参加してくれました。
勉強会の後は、院長が、人に会う約束がありましたので、そのまま解散しました。

DVDはDr.ルームにおいて、何度でも見てもらえるようにしました。


今日は、矯正の勉強会、3回目です。

今日のテキストは、
DSC03641.jpg知っててほしい--歯科矯正治療の基本
東京歯科大学歯科矯正学教室 編/山口秀晴 監修

2007年06月15日
  A4 392頁
15,750円(税込)
わかば出版


DSC03642.jpg臨床矯正マニュアル--バイオプログレッシブテラピ- カラ-アトラス (Quintessence books) (-)

中島 榮一郎 (著)
出版社: クインテッセンス出版 (1984/01)





DSC03643.jpg歯科矯正学 バイオプログレッシブの臨床
根津 浩 永田賢司 著
1988年A4285頁
19,950円(税込)
ロッキーマウンテンモリタ



テキストを読んでよくわからなかったところを院長から説明を受けます。

DSC03636.jpg

こんな図を描いて説明します。

DSC03638.jpgDSC03640.jpgDSC03639.jpg







このアーカイブについて

このページには、2008年7月以降に書かれたブログ記事のうち院内勉強会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは院内勉強会: 2008年6月です。

次のアーカイブは院内勉強会: 2008年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja